IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

【新春】今年のIQOS、プルームテック、gloを勝手に予想しよう

投稿日:

おっさんです。明けましておめでとうございます昨年は当ブログおっさんの挑戦状を愛読して頂きまして誠にありがとうございます。

今年もIQOS、プルームテック、gloに代表される各社加熱式タバコの情報はもちろん電子タバコに関しては新しいプロセスを発表したいと思っています。

 

今年もおっさんの挑戦状を宜しくお願い致します。

 

 

また当ブログの更新をiPhoneやAndroidのプッシュ通知で受け取る便利な機能はPush7と言うアプリをインストールすると通知の設定をして頂けます。

Twitterはこちら(@jyugeru_09 )。Facebookページでも情報を発信しています。

 

 

昨年はIQOSを筆頭に加熱式タバコが飛躍した1年でした。3月にはJTがプルームテックを発売して更にヒートアップ。12月にはBATがgloを発売。どれも競争が熱すぎて即売り切れで簡単に買えません。加熱式タバコだけに。

 

今後この三竦みのグーチョキパー。二郎。家系、天一。嫁、姑、旦那な図式がどうなるか未確認情報ながら予想したいと思います。

 

 

 

 

 

この記事の目次

 

加熱式タバコ界の巨星IQOSは2017年こうなる

Sponsored Link

2015年9月に本格販売に乗り出し2015年内まではどこでも簡単に買えてタバコ屋やコンビニ前にはフィリップ・モリスの営業マンがIQOSどうすかね。と試喫させ回ってたんですが全国発売に備えて品薄になり例のアメトークでついに常時品切れの事態を招くに至った、加熱式タバコのカップヌードル。加熱式タバコと言えばIQOSを指すぐらいに認識されました。

 

 

 

 

 

一時期は転売価格が3万とか狂った価格がついたりしていましたが最近は2万を切るケースが多いです。

 

アメトーク前夜やカフェなんかでドヤれたんですがねえ。今ややっぱ着々と広がって東京、千葉ではアイコサーが増えていますね。珍しくはないくらい。

 

気になるのは今なお続く品薄の解消です。フォリップモリスのCEOはタバコ界のiPhoneになると言ってましたが発売2週間でiPhone7買えたんですがそれは。これもまあスマホと言えばiPhone、電子タバコと言えばIQOSと言う図式になっています。

 

 

 

IQOSの噂話

 

 

IQOSが買えない、品切れの要因は2つあって一つは生産体制が弱いこと。IQOSがこんなに売れるとは思わなくて小さな工場が一つマレーシアにあります。もう一つは知っての通り転売屋の存在です。しかし転売屋と言うのは浮き草稼業なので供給さえ満たされれば駆逐できます。

 

そのマレーシアのIQOS製造工場が春頃にもう一つ完成して生産体制が倍になるという話があります。

 

 

 

今でも結構流通していると思うので初夏には品薄は解消されてくれると嬉しいですね。単に未確認な与太話かも知れませんが。

 

IQOSはニコチンリキッドが認められていない日本だけで98%売っているのですがそれだけでこの品薄ですから相当見くびっていたようですね。

 

http://jyugeru-09.com/iqos_japan/

 

 

上記記事でも検証していますが日本は急に町中の灰皿を撤去したせいで肩身が狭くなった喫煙者がIQOSに訴求したのは大きいと思います。

 

 

 

IQOSはたばこ税の範囲内?

 

 

IQOSはカテゴリー的にはタバコではありません。ですがコンビニでタバコとして販売されているのと価格的にもタバコと相違がありません。しかも売れているので早速ロックオンされてしまったようです。

 

【自民税調】たばこ増税、早ければ再来年からの案も

NHKのニュースがもう消えているのでwebarchivesはこちら

 

 

記事を一部引用します。

 

 

早ければ再来年(平成30年)から段階的に増税する案や、利用が広がっている、火を使わず煙が出ないたばこも、増税の対象とする案などが出ていて、今後具体的な引き上げ額などが議論される見通しです。

 

IQOSだけでなくプルームテックやgloと言った加熱式タバコを包括的に表現する嫌な言い回しですがタバコ増税に抗うのは難しそうです。

 

 

 

 

 

 

プルームテックは2017年こうなる

スポンサードリンク

さてIQOSやgloの狂想曲を尻目にweb限定予約販売と言う方式で毎月捌ける数しか捌かないJTのプルームテックはその方式が功を奏してあまり混乱が見られません。またたばこカプセルさえ買えれば非公式の互換バッテリーで使えるために今後プルームテックが全国発売の際に争点となるのがたばこカプセルの安定供給です。

 

 

 

 

最近見たプルームテックの情報は2017/1/18に全国のコンビニで販売開始とか首都圏を除く都市圏で販売開始とかあります。首都圏を除く都市圏って札幌、仙台、名古屋、広島、福岡とかでしょうか。そうなると仙台はgloとgloに対抗して数を優先的に投げているIQOSの中に割って入る形になります。これは熱い。加熱式タバコだけに。

 

 

なんのソースもありませんが。

 

 

ただプルームテックの全国展開の要は特殊製法のたばこカプセルの増産にありそうです。

 

 

 

gloは2017年こうなる

 

スポンサードリンク

 

gloに関してはテスト販売から間がないししばらく進展がなさそうです。正月休みが終わるとgloストアに並ぶ時間が朝早くなくなるかもしれませんが今一番購入制限がきついし最後発で最もグダグダなんですよね。

 

 

 

なのでおっさん的にも日に日にglo欲的なものは減ってますね。オークションの値段も下がってはきていますがネオスティックの入手も安定しなし当分どうもできなそうな気配です。

 

 

 

 

 

【2017】加熱式タバコはどうなる?

 

 

 

今のところIQOS、プルームテック、gloと言った加熱式タバコは残念ながら製品云々より売れているから欲しいと言う状況でこれが落ち着いてから評価が定まって行く年になりそうです。

 

IQOSから順に品不足は解消して行くとは予想していますが国内の販売網的にJTも侮れません。gloも供給に自信はあるとも言っていましたし急速に品薄が解消されてオーナーが選択的に使えるようになるのが理想です。

 

落ち着くとバグフィックスも進みサポートも充実してくると思います。だってIQOSだって2016年春までは凄くサポートが良かったんですよ。JTはサポートいいですね。

 

 

さてみなさんはどう予想されますか?

 

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

 

 


関連コンテンツ

人気記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.