アプリ ガジェット系ニュース スマートフォン ネット ネットの話題

あなたのAndroidは有効期限が切れています←暫定対策法

更新日:

さてさて過去2回書いてきましたあなたのAndroidは有効期限が切れていますと言うページに飛ばされてアプリをインストールさせようとする件。

1回目2回目参照。
その後数日、筆者は出なくなって安心していました。
しかし昨日仕事帰りにバイラルメディアについて調べたい事があって日経のURLを踏んだら例のページにリダイレクトされました。

Sponsored Link

 

この事案はどうやらchromeで起こるようです。
筆者はchromeのDeveloper版をAndroidのメインブラウザに使用しています。
なにが原因かは今のところ特定しにくいのですがリダイレクト型のadwareなのは間違いなさそう。
もう一つ邪推すると飛んだ元のサイトも広告料をもらってる気がします。

そこで筆者がした対策は

chromeの右上の・が縦に3つ並んでる三点リーダの縦版をタップ。

settei.jyugeru

この中から設定をタップします。

ここから機種によって違ってくると思います。筆者もLGV31とNexus5では違いました。Nexus5の方が設定項目が多いです。しかしやることは同じ。詳細設定の項目です。

settei3.jyugeru

その中のプライバシーを選択してタップ。

settei4.jyugeru

上から検索とURL候補をオフ

利用状況と障害レポートをオフ

トラッキング拒否をオン

さらに閲覧履歴を全削除します。

スポンサードリンク

 

筆者はその後落ち着いていますがまだこれはテスト中なのではっきりと対策できてるかは分かりません。

どんな広告であれユーザの不安を煽ってびっくりさせて誘導するような広告は論外ですしアメブロの追尾型広告や伸縮型広告なんかが闊歩するからiPhoneに広告ブロックアプリが出たりするんです。

広告は決して無駄でも邪魔でもなくユーザの興味を収集したなら有用な広告を出して然るべきだと思っています。

アダルト漫画の広告なども必要な人は多いと思いますがあれも時間を選択して出せばいいのに朝から表示されると満員電車でスマホ画面なんてみんなに丸見えなのに友人のブログを読んでるにも関わらず「あの人朝から何見てんの?」となってしまいます。ちょっとアダルト入ってる広告は22時以降から表示ってしたら各方面、いや全方位歓迎されたものを自分から首を絞めているとしか考えられません。

そんななかにあたってこういうリダイレクト型adwareやワンクリック広告や昔PCで猛威を奮ったデスクトップに張り付くアダルト広告なんて論外です。

 

今回のあなたのandroidは有効期限が切れていますってページ飛ばされてネット閲覧を中断させられてまでCMsecurityを誰かインストールしたんでしょうか?逆効果にしか見えませんが後を絶たないこの嫌がらせ系広告でインストールしたり購入する人が少なからずいるようです。

少なくともこのブログを読んだ方はそう言う企業の手助けにならないようになれたらいいなと思ってます。

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク


関連コンテンツ

人気記事

-アプリ, ガジェット系ニュース, スマートフォン, ネット, ネットの話題

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.