「戦争法案反対」←なぜ響かないのか

ネットの話題

こんばんは。夕方からめっきり過ごしやすいのですが本番8月を迎える事は考えたくない暑がりです

最近ネット上では安保法制で持ちきりです。SNSの自分の周囲でも「安保法案反対!」「9条を守れ!」って感じ一色の中水を差すのも嫌なのでそういうのはブログでやっちゃう感じです。そもそも、そもそもですよ。自衛隊発足と同時に憲法9条は死法になったことから認めないと話が進まない気がするんすよね。

Sponsored Link

 

 

常駐陸軍なんてフランスでも違憲なんだし。まずそこから死法の憲法9条を守れって事を反米色の強い方々がいうことに対する違和感もありますし。米国は嫌いだけど米国発案の憲法を守れってなにええとこと取りしとんねんと

こういうと憲法には日本人も関わってると言うテンプレ回答が返ってくるのですがそれをそのことを知ってて煽ってるだけの人間に言っても無駄でアメリカの作った日本国憲法と言う一般概念を他の人を説得しての活動なのにそこをすっ飛ばすからおかしいンゴね…

更に「戦争法案反対」これについては納得も得心も全く出来ない。戦争法案と言うレッテル貼りで安倍が戦争を出来るようしたと言いたい気持ちは分かるけどそれに付随する多くのミスリードの山を度外視しすぎている。

こういうことを無関心なGeneral Publicに説明する事をを頭に入れなさすぎなんですよね。

安保法案知ってます?実はあれ徴兵制の可能性がある危険な法案で

こう説明するだけでも相当リスクが高い。その為には安保法案が徴兵制と関わる仕組みを学ぶことから初めassembled descriptionしなくてならないけど反対って言ってる人は議事録を見てるのか怪しいレベルで安倍が安全保障を改革しかたから徴兵に間違いないと言うストレート1bit解釈に戦争法案と言う言葉がマッチして非常にいびつに瞬時になってしまった。

こう考えるだけでも安保法制を一般向けに説明するのが非常にハードルが高いにも関わらず戦争法案なんていきなり電波な言葉でどう説明して関心をもたせようか?

スポンサードリンク

 

 

分かってる人同士で反対反対って言いたいだけならTwitterで鍵つけてやれってな話なんですよ。

多く広めたいから鍵を付けず情報を公開してるわけでしょう?

そこには議論もかけられるだろうし無菌室ではいられない。公開してるTwitterに議論持ち込まれてかんぶなき論破された挙句やまもといちろう氏をストーカー扱いしか出来なかった負け犬木下黄太がいるわけです。

自分の中で答えありきなことほど人には伝わらないし響かない。伝える際ここまで下から説明しないといけないか?と驚くレベルってのはまだ高い所にいます。間違いなく。自分が人様にPCやネットのトラブルについて説明する際プロバイダに電話させてこうすればこうなるアクションの仕組みを説明し下手すれば電源の入れ方、切り方まで説明するのはそうしないと相手に入らないからです。

伝える事は間違ってないのにもったいないなあと

そういうお前の話長くて意味分かんねえよ

お…おう…

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク