ガジェット系ニュース スマートフォン ネットの人 ネットの話題

iPhone6sはauおすすめ!らしい

更新日:

iPhone 6sはau回線がスーパー快適と田中プロ。ポイントはWiMAX 2+

まあそんなわけでiPhone6Sはauが快適と田中プロが申しておる訳です。
奇しくも最近auにフリーエージェントした身には嬉しい話なんですが、まあベストエフォートっていうとんでもない詐欺でもありますし。

Sponsored Link

しかしここ数年の田中プロは好調のようです。
筆者としては同じ料金ならdocomoの手厚い加護も捨てがたいそもそも糞高額なキャリア料金の8割はサポート代金と思ってるからもっとユーザはガシガシ言えばいいのになあなんて思っています

でも、そこは田中プロ、さすがにヲタの気持ちが分かる気持ち悪い社長です。

未だに旧プランが選べて、MNP乞食締め出しも発表していないのは好感が持てます。
ユーザとしてはいかに得できるか?っていうのは大きな問題ですしね。

auのiPhone6Sは何が快適なのかというとそれはもう2GHz帯域と800MHz帯域とWiMAX2+とのキャリアアグリゲーションでしょうね。

そのキャリアアグリゲーションってなんどい?っていう人に超簡単に説明すると高速通信帯域を合わせて狭い道路を高速道路並みにしようなんてことです。

更に混んでたら空いてるところを自動で走らせる技術です。

これにiPhone6S専用の帯域を用意しましたってことみたい

以前SoftBankがiPhoneにイーモバイルの回線を割り当てて混雑を避けて快適運用にしようとしてたけどあれの凄いグレードの高い版。

docomoはキャリアアグリゲーションはしてなかったけど、iPhone6S用にpremium4G を実装すると発表。

しかし凄いiPhone様々ですなあ。
ただどう考えてもiPhoneを買う層、更には割賦で買う人達にはそんな快適な回線が必要なんでしょうかね。

むしろヲタでも回線速度とともに料金も上げ止まりならいらねーとばかり鈍足でもMVNOに行ってしまったんではないでしょうかねえ。

スポンサードリンク

SIMフリースマホからも今まででは考えられないようなファーウェイのmate7やASUSのzenシリーズなんてヒットしたし、キャリア端末と遜色ないかそれ以上のスペックだし。

それに売れてるしね。

ただ、MVNOっていうのはほぼ全て自分でしなければならない。
SIMカードが届いてからAPNの設定まで少々の事ではサポートもなにもしてくれないし自分で解決しないといけない。

キャリア契約してると自分で解決出来る簡単なトラブルさえサポートにやらせてしまうしね。

その辺今のauはキャリアのサポートとMVNOの手軽さも兼ねてる感もある。

auの場合MNNOも自社だから競合が居ない無敵さがある。んで田中プロのキャラはなんとなく一般ユーザからマニアまで納得させる物を持っている。

docomoの加藤にはそれが全くない。

かつてのSoftBankの孫正義も端末愛みたいなのはあって後々ネタにされるようなプレゼンをしたりしてた。
昔は孫正義自身が客寄せパンダを演じて、SoftBank契約のタレントのような振る舞いをしていた。

今のSoftBankは社長が炎上芸人じゃちょっと。

そんな中auの人気や勢いは当分衰えないのではないかと思えてしまう。

田中プロは上手くやればかつての小野寺以上に慕われそうだ。

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク


関連コンテンツ

人気記事

-ガジェット系ニュース, スマートフォン, ネットの人, ネットの話題

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 All Rights Reserved.