噂のケントのBAT、IQOSと同じタイプの加熱式タバコ【glo】12/12仙台で販売スタート。オンラインでトライアルもゲット出来る

IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

おっさんです。今日は痛むヘルニアを押して書くニュースがありまして。もうニュースになっていますがKENTやKOOLでお馴染みのブリティッシュアメリカンタバコことBATから12/12に仙台で加熱式タバコが発売されるとの事です。

 

 

名前を【glo(グロー)】と呼びます。国内での加熱式タバコ参戦は予予噂されていましたがついに解明しました。

 

 

 

 

国内では相変わらず買えないほどの人気のIQOSと同じく買えないプルームテックに続く第三勢力となります。先行2商品は大人気ですがすでに何度も取り上げているように生産体制が全く間に合わずここへgloが安定した供給が出来る状態で参入するなら一気に大逆転もあり得る正に加熱式タバコ三国志な状態になってきました。

 

 

 

 

加熱式タバコユーザーとしては選択肢の増えるいい状態に2年足らずでなるという素晴らしい状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

【glo iFUSE】とは違う製品【glo】

Sponsored Link

 

ここ1ヶ月でKOOLやLARKやKENTのBATが日本で激化する加熱式タバコ市場に参戦する話はありました。その際は当ブログでも取り上げました。

 

 

 

 

関連記事

 

⇒ KENTからも加熱式タバコ【GLO iFUSE】2016/12以降国内で地域限定販売開始発売

 

 

 

 

 

その時はニコチンリキッドを使用する加熱式タバコとあります。しかし国内でのニコチンリキッドの売買は固く禁止されています。後1ヶ月でどうるのか?と思っていました。

 

 

BATの加熱式タバコ参戦に法整備が間に合う可能性はバイアグラが解禁されるより早い解禁にならないと不可能だからです。

 

しかしここで解禁となるとニコチンリキッドユーザーのおっさんとしては税金マシマシで濃度はウスウスのニコチンリキッドを買わされ輸入も制限される恐れから一旦は胸を撫で下ろす事にもなりました。

 

 

 

 

いずれはその日が来る可能性はありますが

 

 

 

 

しかしBATは本気で参入してきました

 

 

 

 加熱式たばこ、世界3位も参戦 主戦場は日本

 

上記記事は日経新聞がソースですがソース元にはこうあります。

 

 

 

実はBATは、健康に配慮した次世代たばこで実績がある。ペンのような形をした吸引器に香料入りの溶液などを入れて加熱し、蒸気を吸い込む「電子たばこ」では、欧州でシェア首位製品を抱えるほどだ。

 欧米で次世代たばこといえば、この電子たばこが主流だが、日本では販売規制が厳しい。BATは加熱式を手掛けなければ日本の「次世代市場」を切り開けないと判断したようだ。

 

の様にギリギリまでvape式の電子タバコにこだわった様ですが法規制の前に敢え無く加熱式タバコで参戦の様です。

 

 

 

 

 

bsc1611081657009-p1

 

 

 

 

これがgloです。大きさはジッポーライターより一回り大きそうな気配です。

 

 

gloのスペックは

スポンサードリンク

 

英BAT、日本で加熱式たばこ参入 12月にまず仙台で

 

 

 

 

BATが発売する加熱たばこ「グロー」は、たばこを充電機能を備えた機器に差し込み加熱する。充電1回で35本吸える。

 

 

 

一回の充電で35本なのでここはIQOSのチェーンスモークが出来ない不満に迫ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BATの【glo】の価格は?

 

 

 

 

 

IQOSの一番のネックは価格でクーポンがないと9.980円します。一方プルームテックはキャンペーン期間内なら2.000。期間外でも4000円です。

 

 

gloは8.000円でIQOSをターゲットに設定したようです。

 

 

 

 

 

【glo】のフレーバーは?

 

 

 

 

 

さて本体から察するに使い勝手のいいIQOSの様です。後発なので出来る事ですが。しかし本体の使い勝手も大事ですがフレーバーも大事です。

 

 

IQOSは発売から1年以上ですが当初のマルボロ銘柄4種類、プルームテックはメビウス銘柄3種類です。

 

 

gloは

 

 

 BATジャパン、12月に加熱式たばこを日本で発売へ 

 

専用のスティックは「ケント」3製品が420円(20本入り)。1回の充電で35本使うことができる。

 

レギュラーの「ブライトタバコ」

メンソールの「フレッシュミックス」

強メンソールの「インテンスリー・フレッシュ」

ケント銘柄三種類だそうで楽しみに待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

BATの【glo】はいつ買える?

 

 

 

 

 

 

販売方式はまだ不透明な部分が多いです。12/12に仙台でテスト販売がスタートして

 

 

 

 

 

全国展開の時期については「仙台でいろいろな情報を収集したうえで、できるだけ早急に全国展開したい」(同)としている。

 

 

 

これも先程のロイターから引用ですがなんか凄い頼もしいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

BATの【glo】の使い方は?

 

 

 

 

肝心の使い方は本体タバコを差し込むIQOS形式。ボタンを押して役1分加熱させて喫煙スタート。3分楽しめます。

 

IQOSが6分に大してちょっと短いような。ただおっさんは紙巻きは3分ぐらい。IQOSはいつも後半飽きているのでちょうど良さそうです。

また一日一回専用ブラシでのクリーニングが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BATの【glo】に期待すること

 

 

 

 

 

IQOS、プルームテック、COREも体験してヴェポライザー、vapeに発展した身としてgloに期待することはいつでも安心して買える様にして欲しい。品薄だけは勘弁という事です。

 

 

IQOSもプルームテックも生産体制の甘さなのか品薄商法なのか分かりませんがこれに泣かされました。

 

 

後はフレーバーがいつでもコンビニやタバコ屋で買える体制の整備ですね。

 

 

 

色んな喫煙具の中でIQOSが絶対王者なのはいつでもヒートスティックがコンビニで買えるからです。vapeに関してもノンニコチンリキッドがコンビニで売られさえすれば普及はします。

 

 

 

しかし普及と規制は背中合わせですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台以外でも【glo】トライアルがゲット出来る

 

 

 

 

 

 

 

仙台でテスト販売は分かったけどその他地域は欲しい人は仙台まで出向いて後は全国発売を粛々と待つしかないの?

 

 

おっさんも仙台まで行くか考えました。ただ12/12に仙台に行くのはあまり現実的ではありません。しかも12月は仕事も簡単に休めませんし。仙台の友人知人に手を回せるならそっちがいいですが公式サイトなるものがあってそこでトライアルがゲット出来るそうです。

 

 

しかも30日間無料でもいいし購入も出来ます。

 

 

glo公式サイト

 

 

 

こちらからメールアドレスを登録すれば仙台の発売に合わせていち早く体験出来ます。

 

 

 

12/11追記

 

 

 

昨夜辺りに確認したらトライアルキットは仙台だけに変わっていました。

 

 

 

glo

 

 

 

PMJもJTもBATもIQOSで芽生えた加熱式タバコタバコへの興味、IQOS、プルームテック難民の熱意を甘く見すぎたところがありますね。さてどうやって手に入れようか。

 

あれからも二転三転して結局トライアルは仙台限定になっています。

スポンサードリンク