IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOSからパイポまで。加熱式タバコの選び方。

更新日:

スポンサードリンク

おっさんです。お疲れ様です。いよいよ本格GWですね。6日は仕事ですが。

さて当ブログを通じて結構な加熱式タバコを買いました。今回はそれをまとめてみたいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事の目次

ずらりと並んだ加熱式タバコ。どれを選びますか?

kanetsushiki.jyugeru

 

左からプルームテック(Ploom TECH)、IQOS(アイコス)、Ploom(プルーム)電子禁煙パイポです。

 

ここに並ぶ加熱式タバコはIQOS(アイコス)を買った昨年9月以降から少しづつ増え始めました。

電子禁煙パイポは厳密にはタバコではありませんが仕組みはヴェポライザーそのものなんですよ。

買った順にIQOS(アイコス)、Ploom(プルーム),プルームテック(Ploom TECH)、電子禁煙パイポです。

使用頻度としてはIQOS(アイコス)>>プルームテック(Ploom TECH)>>電子禁煙パイポ≒Ploomですかね。

この順番はタバコやリキッドの入手が容易い順とも言えます。

コンビニで手に入るIQOS(アイコス)ヒートスティックから始まりオンラインでしか購入出来ないプルームテック(Ploom TECH)のたばこカプセル。同じ入手経路にも関わらず毎回買い忘れるPloomのたばこpod。Amazonや楽天で買う電子禁煙パイポのアトマイザーやリキッドと言う事になります。

 

 

 

 

加熱式タバコIQOS(アイコス)を選びますか?

 

もう加熱式タバコを世に知らしめた代名詞なのがIQOS(アイコス)です。

iqosnavi.jyugeru

 

革新のタバコヒートテクノロジーを謳い文句に、名古屋のテスト販売を経て一部地域発売の頃からジワジワタバコの話題の中心になっていきました。

 

IQOS(アイコス)の仕組み

今更なんですがIQOS(アイコス)が先駆けた(PMはそれ以前から結構加熱式タバコには多少注力していましたが)加熱式タバコはどうなっているかと言うと。

IQOS(アイコス)のタバコにあたるヒートスティックを差し込み、スイッチを押すと刺さったブレードに熱が流れその熱でタバコ葉を蒸すという物で、従来の紙巻きタバコの様に焼いていないので蒸気を吸う事になります。

蒸気なので匂いも少なめ(使用期間が長いと徐々に匂いますが)火は使わない、副流煙も気にならないと言う事になります。

 

紙巻きが臭いのはこれはもう葉を巻く紙が燃えるからでなんで単なる紙が燃えて臭いのかと言うとそこに香料や燃焼剤が入ってるからです。

そこら辺をクリアしてタールをとにかく控えた憎い奴

振り返れば奴はいるんですよ。

 

 

IMG_1084

 

 

加熱式タバコで抜きん出たIQOS(アイコス)

IQOS(アイコス)が加熱式タバコの先駆け、先駆者になったのはやはりヒートスティックが紙で使い捨てなのが大きいです。その他の加熱式タバコはマウスピースに口を直付けするために試せない、試させたくなくて広がらなかったんです。

 

ところがIQOS(アイコス)は一服が使い捨てのヒートスティックでその口当たりが従来の紙巻きを取り込む大きな要因になったのは間違いありません。

 

気になってる人にも一本どうぞと勧めやすいです。これで町中のコンビニやタバコ屋の前にIQOS(アイコス)販促部隊の派遣さんが大展開することになりました。

 

ただIQOS(アイコス)自体海外では三番手ぐらいなんですけどね。

しかし我が日本ではIQOS(アイコス)が先駆者と認定しても問題ないでしょう。

 

 

 

 

アメトーーク!で更に注目されて再び品薄へ。

IQOS(アイコス)の全国発売が始まったのが4/18でその二週間ほど経った4/28にアメトークでIQOS(アイコス)が扱われました。せっかく始まった全国展開の矢先、再びIQOS(アイコス)は品切れになっているようです。

 

 

 

 

https://twitter.com/k1031774/status/727115488002600960

 

 

https://twitter.com/44vrs_adc44/status/727114794709319680

 

 

 

 


 

 

こう言うツイートを見ても最近販売が始まった地域での品切れが顕著のようです。

テレビ離れってほんまかあ?おっさん一人離れてんちゃんか?って思うぐらい今もテレビの影響は絶大です。

 

アメトークの様な人気番組でしかもぎりプライムタイムでタバコ特集って言うのも大きいですね。正直コバ以外のIQOS(アイコス)ユーザを名乗る芸人のコメントは薄かった気もしますが。

 

ツイートにもあるようにIQOS(アイコス)ストアに行けば結構買えるみたいですが要確認です。

そしてAmazonでも販売が再開されてるのは流石に露骨すぎ。

 

 

待てばすぐ供給が追いつくといいんですが。

 

 

 

 

プルームテック(Ploom TECH)を選ぶ人

相変わらず販売再開になんの告知もなくもうすぐ2ヶ月になりますが今回のアメトークでIQOS(アイコス)ばっかり取り上げられてステマ感を感じた人たちから更に注目を浴びた感じがあります。

 

IMG_1037

 

最近はおっさんもプルームテック(Ploom TECH)を愛用する時間が増えてきました。

理由はブログを買いたりゲームしたりなにかに集中してる際に時間制限のあるIQOS(アイコス)を何度も無駄にしましたがこれなら無駄にならないからです。

吸い方を変えたら結構ガツンときますが新しいカートリッジ&たばこカプセルきつくてむせることさえあります。

 

⇒ 【大人気】プルームテック(Ploom TECH)の再販はいつになるのか

 

詳しくは上記記事を読んで頂きたところですが案外いいです。問題は際限なく吸っちゃうところ。

 

 

プルームテック(Ploom TECH) の再販は険しい道かも

プルームテック(Ploom TECH)のパーツは中国産ですが、中国産ヴェポライザーのバッテリ部分の売り切れが最近特に大きがします。

他社類似製品とパーツを共有、流用しているのでしょうがそういうのが売り切れているためにいくらJTとて時間がかかっているのかもしれません。

 

でもさあ。IQOS(アイコス)はそういうのちゃんと推定時期は随時公表してたんだしさあ。人見知りな仕事できない新入社員やないねんからもっとガンガンいこ?

オクラホマスタンピードでいこ?

 

まあそれはともかく最近はTwitterあたりでもプルームテックの再販はよみたいなのが増えてきたしますが早くしないと機会損失ですよこれ。

 

 

プルームテックは時間を掛けて評価される

案外最初から気に入る人も多いのですがおっさんを始め紙巻きライクなIQOS(アイコス)が好きな人はパイポより過ぎてしばらくオブジェと化して我が家のしろたんのケツの下に転がっている事もありましたが、極めてみようと頑張ってみたらこれが案外いいんです。

 

それと今回のアメトークでプルームテックも期待していた人がPM、IQOS(アイコス)のステマだと嫌悪し始めプルームテックを気にする人が増えましたね。

 

 

今後のプルームテックのシェア拡大は早期再販

そんなのド素人のおっさんに言われなくてもJTの人たちが一番知ってるんですが、そうは行かない事情のほうが大きいようです。

 

そうこう言ってる内に満を持したIQOS(アイコス)に流れたユーザが実はプルームテックを待っていたのにIQOS(アイコス)でいいやとなりかねません。

 

IQOS(アイコス)と競るポテンシャルを持ってるから今後に注目です。

 

 

 

 

Ploom(無印Ploom)を選ぶ人

旧型Ploomとも言われるヴェポライザーの基本となるモデルです。選ぶ人もなにもプルームテックと入れ替わりで販売を終えました。おっさんは予てから気になっていてその報せを知り買ったのですが、たばこpodは濃厚で香りもいいです。

おそらく一番電子タバコ感を感じられる商品です。

 

 

plume1.jyugeru

 

相当高熱で加熱しているようでたばこpodも鉄製?です。

 

tabacopod.jyugeru

この中に余ったプルームテックのたばこカプセルを入れたらめっちゃきつくて吸えませんでした。

 

 

Ploomの魅力

Ploomが発売当初からコアな人気を得たのは自作podの作成が簡単でタバコ代を安く上げる事が出来たからです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

紙巻きをバラしてすり潰してもいいし、嗅ぎたばこのSNUFFを入れてもいい。案外なんでも吸えて、3000円で保証付きですからそのコスパたるや業務スーパーを凌駕します。

海外では相当メジャーなvapeなんですが、日本で発売されるや否や自作で話題になりJTが売り絞ったみたいで殆ど宣伝されずマイナー機種ですが。JTェ…。

 

⇒ プルームテック発売直前企画。旧Ploomを買ったのでレビュー。

詳しいレビューは上記記事を参考にしてください。

 

オークションや海外の通販サイトを隈なく探して興味ある方はゲットしてください。

 

 

 

 

電子禁煙パイポを選ぶ人

なぜここに禁煙グッズのパイポがいるのかって言うとそもそもIQOS(アイコス)やプルームテックでも禁煙に進もうとすれば紙巻きよりは近づいています。

禁煙は本当に難しい。その失敗回数を重ねれば重ねるほど難しさが分かります。特におっさんみたいに酒が呑めない、嗜好品と言えばタバコかカフェインって人は特にそうです。

 

アメトークのIQOS(アイコス)芸人でも後藤が言ってましたが休憩時間や、喫茶店の意義さえわからなくなるのがタバコを吸っていない状態なんです。

 

 

paipo14.jyugeru

 

この電子禁煙パイポの凄いところはニコチンフリーなのにタバコを吸った感はあるところ。

そしてスイッチを押しながら吸う所作はヴェポライザーそのもですし。

 

 

電子禁煙パイポの加熱構造の凄さ

その話は以前からちょいちょい大型掲示板で見かけたのですが、おっさんが電子禁煙パイポを買ったのも余ったプルームテックのたばこカプセルを消費するためでした。

 

 

⇒ 余ったプルームテック(Ploom TECH)のたばこカプセルを再利用しよう

 

電子禁煙パイポは加熱でアトマイザー内部のリキッドを気化して吸うのですが簡単な魔改造でプルームテックのたばこカプセルを装着出来ます。

後はなるべく熱気を逃がさない様にジョイントして吸う事です。もちろん本家プルームテックほどではありませんが、カートリッジにグリセリンを垂らすよりは効率も喫味もいいです。

 

おっさんはプルームテックのたばこカプセルは紫ばっかり買ってますが紫の香りと電子禁煙パイポのメンソールリキッドとは合いました。

まあコストも必要ですし健康面はどうか分からないので強くおすすめしませんけど。

 

 

 

 

普通に吸ってもイケる電子禁煙パイポ

 

別に魔改造しなくても禁煙グッズとは思えない感じです。

おっさんはちょいちょいそのまま吸ってますが飽きません。この比重が増えればIQOS(アイコス)のヒートスティックを買う回数も減るかなとは思えますが中々現状は厳しいです。

 

 

 

 

まとめ

 

今回はここ数ヶ月で買い揃えた加熱式タバコの類の特色をまとめてみました。

おっさんは今、メインIQOS(アイコス)でそこに並行する勢いでプルームテックの使用率が急増しています。プルームテックに完全移行できたら禁煙も近いかなとは感じますがまだプルームテックの後のIQOS(アイコス)がうまいと本末転倒なもんです。

 

人それぞれの好みもあるでしょうし、人それぞれの加熱式タバコの選び方があると思います。

 

IQOS(アイコス)以外の加熱式タバコは割りと安価なので気楽な加熱式タバコの選ぶ方をしてみてもいいでしょう。

 

次はvapeに手を出しそうですがそれはちょっと当ブログの趣旨と離れていて悩みどころですなあ。

 

なおタバコは20歳になってから。禁煙目指して頑張りましょう。

 

 

 


関連コンテンツ

人気記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.