貧乏だけど買い物したい。

メディア

今日は公休でしたが毎週水曜は歯医者です。ブリッジが外れて10年。右奥歯がない状態で過ごしてましたがいよいよ奥歯チェックインです。もう慣れなくてほとんど噛めてませんがw

Sponsored Link

 

 

そんな歯科ですが今回は奥歯を入れた為に8000円近くかかりました。俺は今超貧乏な生活なのでかなり痛い出費です

歯医者の帰りに本屋に寄ったんですがPCコーナーの横は投資と生活術みたいなコーナー。なんかやたら!みたいな見出しが並んでましたimg

チラ見してみるとこれからも厳しい困窮が予想されるためこういうのを買って備えようみたいな事が多かったです

 

おいおい、ちょっと待てよ…。確かに生活は苦しくなった。消費増税が追い打ちをかけて物価も上がった

だからって貧困に備えて買えっておかしくない?

やっぱ見て買っちゃう人もいるから最近この手のキャプションなわけで

残業も減ったし毎日前日夕食を多めに作って弁当に入れて持参してる。缶コーヒーも高いから家で作って水筒に入れて持参してる

でも貧困だろうと裕福だろうと1本130円のコーヒーはどう考えても高いし弁当なんて残り物の寄せ集めが王道なのは昔からなんだと思うのですよ

しかしネットでもテレビでも貧困貧困と合唱している

日本人は古来から汗水垂らして頭を下げて得た金が正しくて投資や虚業はあぶく銭と言う教育をされる。と言うか日本にはそんな仕事が閉める割合が高いのもある。ただどんな方法でも得た金には違いがない

そもそも投資や虚業が楽で汚い金ってなんで知ってるんですかね?

投資は専門用語と勉強とシステムさえ覚えてしまえば誰でも初められる。覚えたから明日株を買えばもうトレーダーだ

そこからは経験が物を言うので少額少額で積んでいく

スポンサードリンク

 

 

あれれ?これって普通の仕事とされるジャンルとなんら変わらないんじゃないですかね?

株で得た金にはなんか株で得たみたいなしるしでも入ってるわけでもないでしょう?

バブルの頃でさえ儲けたのは不動産屋と金融と投資家ってだけでサラリーマンだったうちの親父の給料はなんら変わらなかったし同じ所ばかりの建て替えでまだまだ昭和の残骸だらけだった

あれからITバブルなんてあったけど自然発生するバブルはことごとく政府が潰した

そしてアベノミクスですがもう政府上げての買えや買えや。要は官製バブル以外認めないということなんですよ

このアベノミクスに乗れた人は相当限られててバブルの時みたいにたまたまいた会社がバブルに乗れたみたいな事はほぼないです

簡単に言えばバブルの時に乗れなかった人口が大幅に増えてアベノミクスは少ない分分前も大きくなった

バブルから貧困だった人は変わらず貧困でバブルの時に当てた人も殆ど乗れず貧困になってるっていう状態なんじゃないでしょうか

 

ただ第貧困時代と銘打っても月々のプロバイダ代は払えてスマホ料金も払って光熱費家賃その他諸々雑費を払えてるんですよ。昔と比べて支払いは増えてるしね

月々の支払いを終えて生活するとそりゃ10年前より苦しいわけでそこから目を逸らす煽りも多分に含まれてるメディアの貧困対策グッズ(笑)購買キャンペーンに見えなくもないひねくれ者の意見

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 
<

スポンサードリンク