反原発、反放射能、反安保な人たちって結果的に安倍や賛成派を助けてるよね。

ガジェット系ニュース, ネットの人, ネットの話題, メディア

そんなわけで安保法案が可決して気付けば山本太郎の一人舞台だったわけですが、今現在も増え続ける反○○な方達です。
そもそも昔から反社会的な人はともかく、反体制と言う人たちは必ず居て、それなりの一定数の支持を得ていました。
この一定数と言うのが常にマイノリティで中々表立つ物でもなく社会的には絶妙なバランスを保って居ました。
それが爆発したのが、太平洋戦争前夜であり、安保闘争なんですが最近のSEALDsやネットサヨク的な人たちは意味合いが違うし、SEALDsもあの頃の悲壮感が欠片もない。 最も雰囲気だけで近いのはしばき隊なんですけどまだしっくりこない…。

Sponsored Link

なんでこんなに薄っぺらい反対運動なのか?多分答えはありきたり過ぎて余り言いたくはないけとネットでしょう。
ネットで簡単啓蒙。まではいいんです。
ネットを使う意味の一つの本質でもありますし。
最近はそれに加えてネットでの活動がすべてと言う風潮が見え隠れなんですよね。

このニュースなんて顕著です。
東日本大震災:福島第1原発事故 指定廃棄物処分場建設 「反対」署名1万5000人分、千葉市に提出 /千葉

 

一見結構署名が集まった様に見えます。
しかし千葉市は96万人なので大半が受け入れを容認したと言うことになります。
ネットでのみ反○○な活動してる人たちは何故か署名やデモを馬鹿にする傾向にあります。シールズなんかその最たるもので志は近くても普段ネトウヨを差別主義者だと糾弾する癖にシールズの背後には在日のしばき隊がいる!などと言い出します。
デモに参加するなんて言うと気色ばんで
共産のデモなのにとか
過激派絡みだとかテロリストだとか散々でしたよ、まあね、仕方ないけど日本で不満があればデモしかないんだよ。

概ねデモではなにも変わらないと言う意見なんだけどだからってネットで変わるとは思えない。
この千葉の件でもそう。

記事にはこうあります。

>これまで予定地に近いJR蘇我駅前などで計画に反対するチラシを配布、署名を呼びかけてきた。

 

それだけ放射能や原発が嫌ならつぶさにチェックしてるはずだし署名が少ないと総意で賛成扱いになるのも分かってるはず。ビラも署名運動もしてるのに。筆者はしましたよ。朝の忙しい時に署名を求める非常識な共産党とは違い帰宅時間でしたし。

hanntai.jyugeru
でも行かないんだよなあ。自分らの住んでるとこなのに。
反対ならそういう情報をチェックしまくってみんなに声をかけるはず。でもしない。

スポンサードリンク

なぜかと言うと彼らはネットの中では反原発、反放射能、反安保を声高に叫ぶけど現実ではセーブしてる訳。
デモに参加したり、署名に名を残したりはとにかく避けたい。自分の身分を出来るだけ隠してお手軽安全秘匿運動。
それにシンパシーを感じて動く人が現れたらラッキーみたいな。
なくせなくせやめろやめろの大合唱は勇ましいけどSEALDsやその他デモや署名になると結構批判的だから本気じゃないのが良く分かるんだよなあ。
それをいちいち「情報ありがとう」といいねしたり、シェアしたり、リツイートしたりと滑稽だよね。

筆者は元来ひねくれ者の天邪鬼だからそう言う記事を見付けたらまずググる。

で「真実を探すブログ」や「さゆふらっとまうんど」や「放射能とたたかうブログ」なんかヒットしたらダウト。
デマ扇動甚だしい限りのゴミブログ。

冷静に情報を集めれば内部被曝がどんなものか、原爆ぶらぶら病は実際合ったかとか分かるんだけどなあ。

結局のところネットで煽って煽って自分は顔も名前もどこにも出さず触発されてくれたらいいぐらいの気持ちなのが見え見えだからやればやるほど人が減る。

大体大仰な未来の子供の為にとか日本人の総意とかって言葉を好んで使うけど本当は自分が怖いだけでそれを見透かされるのがもっと怖い。

ただの卑怯な弱虫に過ぎない。
結果それをやり過ぎて人に疎まれて原発は稼働するし、安保法案は通る。半ば反対派が助けたようなもの。

まずは素直に自分の気持ちを伝えないと。

ちょっと突っ込まれたら突飛な陰謀論や藁人形論法で撹乱する癖が本当面倒くさい。

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク