IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOSのコストがかなり浮く!ヴェポライザー【Herbstick Relax】

投稿日:

おっさんです。

サイゼリアでランチセットをやっていて500円でスープ飲み放題なんですが、こういうサイゼリアとか日高屋は値段の割には食えるという位置で非常に重宝します。

 

さてIQOSが日本で大きなヒットをかましてから日本でもあらゆるタイプの電子タバコが再評価を受けている傾向は紙巻きタバコに拘らない今後のタバコ・セカンド・チルドレンにはいい傾向にあります。

取り分け日本でも以前から人気があったvapeはプルームテックのカートリッジ再生から一般層が入り込んでいっております。しかしIQOSの原型であるヴェポライザーは何故かまだ大きく話題になっていません。

Herbstick CSというIQOS互換機はヒートスティックが吸えるという意味で違った脚光を浴びました。今回Bauwayといいますかciggoからレビューしてくださいという依頼があってj引き受けました。

 

色々複数届いたのですがそれはおいおいレビューしていくとして、今回はその1台Herbstick Relaxというヴェポライザーを紹介します。

 

 

 

IQOSの原型機で日本でスマッシュ・ヒットしたヴェポライザーHerbstick Ecoの後方互換機【Herbstick Relax】

 

以前のおっさんのレビューが気に入って頂けたのか再度のレビュー依頼がありました。今回の提供はBauwayまたはciggoです。きちんと紹介してくれたら好きに紹介してくれて良いといスタンスなのでレビューを受けやすいんですよね。

 

そんなことで久しぶりのヴェポライザーです。当ブログでヴェポライザーと言えばHerbstick Ecoを紹介しています。

 

IQOSをもっと節約する決定版ヴェポライザーHerbstick Eco

おっさんです。昨日の猛暑日に炎天下仕事をしたら今日は凄いダメージでした。     さて当ブログではIQOSにして気に入ってはいるけどもっとIQOSにかかる費用を抑えようというスタン ...

続きを見る

 

おっさんはvapeに手を出す以前にAlieExpressで買ったヴェポライザー、Herbstick Ecoを買ったのですがその後も日本ではヴェポライザーの入門機、専門機という位置付けで定番になっていました。

 


 

これは中国から個人輸入で30$前後、国内でも当時は5000円で買えるという安価さと設定や機能の扱いやすさで人気になったのですがその背景はiStick Picoが人気MODとなった理由と良く似ています。

 

その後BauwayはIQOS互換機というかヒートスティックが使えるHerbstick COSを販売。

 

ついにきた!IQOSの代替/互換のherbstickCOS

おっさんです。   IQOSが日本に出回って2年経ちます。その大半は品薄との戦いでした。安定してIQOSを吸いたい。そんな思いが強くなるほどIQOSオーナーはIQOSじゃなきゃダメと言う意識 ...

続きを見る

 

更には吸いにくいドローの重さを吸いやすく改良したHerbstick CSを販売しました。

 

IQOS互換機Herbstick CSが改良されて再登場!その変更点は?Twitterプレゼント当選者発表

おっさんです。 今年は珍しく雨の多い梅雨ですね。 毎年空梅雨で7月入ってから雨が増えるというのが関東の梅雨の印象です。   さて以前紹介致しましたIQOSヒートスティックが吸える互換機のHe ...

続きを見る

 

 

日本でもヴェポライザーでは有名なHerbstick Ecoの新モデルといいますか販売自体は結構以前からされていたHerbstick Relaxが今回の記事です。

 

 

 

Herbstick RelaxはHerbstick Ecoとどう変わったのか?IQOSとも比較

 

さて今回もナイス仕事をして最速で中国から運んでくれたFedExに感謝しながら紹介します。

 

 

こちらがHerbstick Relaxになります。化粧箱を開けます。

 

 

本体バーンなんですがなぜピンクなんでしょうか?ピンクは特に嫌いな色ではありませんがレビューであえてピンクを提唱するあたりかわいいキャラで売れってことですか?福士蒼汰みたいな。るろうに剣心の主人公の人ごっちゃになってるくらいは知ったかしてます。

 

 

パーツ一覧ですがクリーニングスティックとブラシや変えのマウスピース、クリーニングナイフが入っています。ヴェポライザーでは標準のセットです。後はUSBケーブルです。

 

本体を見て行きます。

 

 

正面から撮影です。次に裏面。レコードならB面というやつですね。

 

 

Warningシールが貼られています。続いて操作面です。

 

 

電源オンは上部の○ボタンを5連打します。温度設定は下部の並んだボタンで設定します。125度からMAXで225度まで設定できます。何度が美味しくなるかはそのシャグやタバコ葉や湿度によるので都度設定してください。

 

 

その裏面です。

 

 

思ったよりなにもありません。上部に移ります。

 

 

上部の黒いちょんまげみたいな部分の細い方を爪で立てるとマウスピースになります。

 

 

ヴェポライザーは結構濃くて温かい気化ニコチンを吸うことになるので細い方が安全に吸えるのでHerbstick Ecoからは嬉しい変更点です。続いて底面に入ります。

 

この底面のカバーを外して中にシャグを入れる設計で、通例に習って上部から入れると思い込んでたなのでカバーを外して納得です。しかしこれではマウスピースから距離があるような気が…。

 

 

開けたところにあるメッシュになっているところにシャグを詰めますがあんまりキツキツに入れても燃焼ムラがでるので適度に詰めましょう。またシャグによってはグラインダーをした方がいいシャグもあります。今回詰めるシャグはこれ。

 

 

アメスピブラックですが結構前に買ったので風味が飛んでそうな気がします。

 

 

こういう感じで詰めて最後はきちんと入るように耳かきやピンセットで押し込みます。夕方の山手線ほどではありませんから安心してください。

蓋をしてセット完了です。

 

 

 

Herbstick Relaxを吸った感想とIQOSとの違い

 

先程も言いましたが電源は電源ボタンを素早く5連打でオンになります。よほど変態機種でない限りヴェポライザーもvapeもこれで電源のオン・オフができます。

 

 

電源を入れるとロゴが表示されます。その後に温度表示に変わります。

 

 

上部のセットで温度を設定します。大体ここかなと思ったら電源ボタンを押して決定。するとバイブが震えて会いたくて会いたくてとは言いませんが下の温度が設定した温度の上昇して行きます。設定温度まで上がるとまたバイブが震えるのでここで喫煙可能。目視で温度設定出来るのはかなりありがたくてHerbstick Ecoでは光るランプの色が温度の違いでした。

 

 

この様に下の温度が上がっていきます。

 

 

実際吸ってみるとやはりHerbstick Ecoの後方互換だけあってHerbstick Ecoにあったどぎつさはかなり減ってマイルドに吸いやすくなっています。それでも高温設定すると結構クラクラくるので180度くらいが良さそう。

 

喫煙時間は味がなくなってきたら電源を落としました。蒸気は出ません。グリセリンを垂らす気は今回はありまんせんね…。Herbstick Ecoで散々メンテテナンスの手間が増えて最後にはご臨終しましたし。

 

 

吸い殻ですが多少ムラがあります。これは周りから加熱するヴェポライザーでは仕方ありません。大体この量のシャグで紙巻きタバコ一本やIQOSヒートスティック一本分は満足出来ます。

 

動画はこちらになります。

 

 

ざっと撮影したもので不鮮明ならすみません。

 

 

 

Herbstick Relaxはかなり使いやすい

 

ここで簡単にHerbstick Relaxのスッペクです。

 

バッテリー容量2200mAh
LEDディスプレーで温度管理
ヴァイブレーションお知らせ機能
モーションセンサー搭載
120℃~225℃まで5℃刻みでの温度調整
マグネット式オーブンカバー
折りたたみマウスピース
ステンレスオーブン
オーブン容量0.2~0.3g

■セット内容
・Herbstick Relax本体
・マウスピース(予備)
・マグネット式フタ(予備)
・充電用USBコード
・ACアダプター
・メッシュスクリーン(網)×3
・クリーニングブラシ
・クリーニングナイフ
・クリーニングスティック
・パイプブラシ×4

出典:ciggo.com

 

Herbstick Relaxは目視で温度が設定出来てかなり使いやすいです。また底面からタバコ葉を入れられるので簡単にセットできます。吸い殻も簡単に出せます。ここはヴェポライザーではウエートが高いですね。

Herbstick Ecoより扱いは楽ですがもちろんIQOSよりは複雑です。

 

しかしこれで好きな紙巻きタバコや巻きタバコのシャグ、IQOSヒートスティックをバラした葉が楽しめるとなるとコスパはいいです。

 

 

Herbstick Relaxのデメリット

 

もちろんデメリットもあります。Herbstick Relaxはヴェポライザーが故温度管理を確実に行わないとニコチン摂取過多気味になって冷や汗や頭痛や吐き気が出ます。IQOSがすごいのはこういう手間を全部デバイス側で管理出来ているところです。その分ランニングコストは高目。

また後半はそれなりに本体が熱を持ちます。吸った後のシャグを取り出す蓋が熱くなって火傷の可能性があるので十分に消熱させてから吸い殻を取り出ししてください。

 

Herbstick Relaxをamazonで見る

(電子タバコ/葉タバコ専用) Herbstick Relax (ハーブスティック・リラックス ヴェポライザー)

 

 

以上がヴェポライザー【Herbstick Relax】のレビューでした。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。


関連コンテンツ

人気記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 All Rights Reserved.