IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOSの節約に電子タバコvapeを使う場合安くつく人と高くつく人に大別される

投稿日:

スポンサードリンク

おっさんです。

日曜夕刻からのFMを聴いていると関西関東関係なく壮絶なメランコリックに襲われます。

おっさんがIQOSを買った頃は世間にはなんの予備知識もなく、これを買ったらタバコの本数が減りそうと思って買ったのですがこれが中山美穂の言うところのフィフティーフィフティー甘い罠でした。

 

基本的にIQOSにするとタバコ代は増えます。最初は電子タバコという思い込みがあって吸ってみると意外や意外満足感があって一時期は本数が減ります。

ある時期を境にヒートスティックの本数が増えるということを良く聞きます。これは実はIQOSでは満足度が下がって来ていると言う事です。ここではIQOSを減らす為のvapeを考えてみましょう。

 

Sponsored Link

 

この記事の目次

IQOSとvape全く違う別のプロセスを持つ電子タバコを併用する意味

 

IQOSはタバコ葉を加熱して喫煙するいわゆるヴェポライザーという喫煙具です。本来ヴェポライザー本体があれば1000円の巻きタバコの葉が1ヶ月は吸えます。紙巻きタバコを1/3にカットしたものが5分以上吸えるとてつもなく経済的な喫煙具です。

 

IQOSをもっと節約する決定版ヴェポライザーHerbstick Eco

おっさんです。昨日の猛暑日に炎天下仕事をしたら今日は凄いダメージでした。     さて当ブログではIQOSにして気に入ってはいるけどもっとIQOSにかかる費用を抑えようというスタン ...

続きを見る

 

なぜヴェポライザーでありながらIQOSはこんなにランニングコストがかかるかというと専用タバコが必要で、その専用タバコヒートスティックが綺麗に6分加熱か14服で終わるように設計されているからです。

 

じゃあIQOSとヴェポライザーを使えばいいじゃんなんですがこのヴェポライザー、日本での認知度も人気も低い状態で海外でもリキッド式電子タバコのvapeに比べたら普及度は高くありません。

 

IQOS人気でAmazonや楽天でヴェポライザーの種類は増えてきましたが日本で買うなら入門機Herbstick Eco一択の状況でHerbstick Ecoからワンランクアップしようとすると、個人輸入となり価格も3万近くします。

 

安定した喫味を簡単に味わうにはそれなりのヴェポライザーを買う必要があります。そこで国内でも入手が容易なvapeを買うほうが何かと便利になります。

 

 

vapeとは画像の様に液体を気化させて吸うものですが国内でもかなりの選択肢があります。ここで一つ言って起きます。IQOS節約のためとは言え最初にペン型vapeを買うと結局後で、もっと高性能な物を買う羽目になるパターンが多いです。

最初からそれなりのiStick Picoとかi just2とかその辺を買っておいて必要ならペン型を後ほど買うほうが安くなります。

 

スポンサードリンク

 

vapeでIQOSの節約が可能なニコチン依存型の人

 

タバコ依存には大別してニコチン依存と行動型依存があります。ニコチン依存というのはニコチンが摂取出来ればいいやって人です。みんなそうなんじゃないのと思いますが、ニコチン依存単体は少ないと思います。

 

ニコチン依存単体の人は実は1番禁煙しやすいんですよ。ニコレットなりニコチンガムなりで脳が納得しますから。

 

なのでこういう人は基本的にIQOSでも本数が増えていないと思います。

 

 

 

なににつけてもニコチンが含有されていればいいわけですから。それでIQOSを節約したいならとても簡単で有名なペン型vapeを買ってニコチン入りリキッドを月上限の120mlまで買えば安上がりでニコチンが摂れます。

 

ニコチン依存型の人は煙や蒸気でなくてもいいはずなのでニコパッチ等から禁煙を初めてもいいかもしれません。

 

 

vapeでIQOSが安くつくかもしれない行動依存型の人

 

さてIQOSの本数はそんなに多くないのにタバコが辞められない人がいます。ニコチン行動依存型と言って寝起きの一服や食後の一服、行動の節目節目にタバコを吸う習慣がある方です。

今までIQOSを吸っていた局面に出会うと我慢できなくなります。この時点で所作が大きく変わるニコレット等はまず無理です。

 

 

しかしそれならその局面で安価なvapeを吸えば納得するんじゃないか?と思いますが半分せーいかーいとクロコーチも不納得ですね。これで満足出来る方もいます。しかし行動依存とは記憶依存でもあります。

あのグッと喉に引っかかる感覚や味わいなんて言い出すと途端にアトマイザーやリキッドに拘ることになります。こうなると安くつく可能性は減ります。

 

 

 

vapeでIQOSの節約のvapeの節約も不可能な人

 

さて上記2パターンについてはお分かりいただけでしょうか?しかし1番問題なのはニコチン依存であり行動依存も併発している方です。行動依存型に+その局面で必ずこのニコチンを煙や蒸気で口からグレートムタばりに吐かないと満足しない人ですね。

 

残念ながらおっさんはこの類でタバコから抜けられそうにありません。仕事終わりの一服が必ず紙巻きタバコなのも全身の血流にのって広がるニコチンを楽しみ、永らく吸えなかった時間分強く吸い込みプチヤニクラを楽しむためです。

 

だからこの時間はアックスボンバーを受けてリングサイドでカエルみたいに気絶してチアノーゼ状態の猪木みたいな顔色になっています。

 

だからこの一服一服に拘ってしまうので次から次へMODを買ったり、アトマイザーを買ったりします。ただこの手は愛飲のリキッドを見つけるとそれしか吸わなくなる傾向が強いのでリキッド探しに躍起になりにくいかもしれません。

 

ただvapeでお金がかかる部分はアトマイザーとリキッドですからアトマイザーもFirstTech辺りで買うようになります。ガツンときて味が出ればいいわけですから。

 

 

 

vapeでIQOSの節約どころか超赤字になる人

 

ニコチン依存型+ニコチン行動依存型の人の時点でvapeにお金がかかっていきます。残念なことにこの時点でIQOSが減っている事もありません。目的が変わってIQOSはIQOS、vapeはvapeになる人がいます。ハマり症のコレクターの方は絶対手を出してはいけないでしょう。

 

おっさんもここまできた時期がありましたがニコチケ閉店と共にリキッドを買う気をなくし2ヶ月ほど引退しました。最近また復活しましたがそこそこの味でニコチンが摂れりゃいいわってな感じです。

 

 

この間にかなりアトマイザーの整備も怠ってまとめて洗ったらどれがどのパーツかわからなくなって今は2つで使っています。vapeはMODからアトマイザーからリキッドまでほぼ無限にあります。

 

良くあるvapeはタバコより安いというのも全体の話ではなく局地的な話では安くなります。自作PCは安い!という人の殆どがパーツの話しかしませんがOSの価格を入れると全体的に変わらないか割高みたいな話ににています。

 

おっさんがvapeから離れている間に心がけてしなかったのはvape情報は集めないことに徹しました。ハマって集めるのは結構ですがそれも独身ならまだしも嫁の目を掻い潜って買うような事はやめましょう。必ず揉めるので買う時はちゃんと宣言して買いましょう。こそこそ買うからどんどんかいたくなります。

 

コレクター癖やハマりやすい人は気をつけてください。趣味として割り切ってかうのなら結局男の趣味は高くつきますからね。ガンプラでも酒でも、女遊びでも。ここに書いたこととはほぼ無縁でも対して貯金できませんが。

 

あなたがどのタイプかを知るには上から順に実践してみてください。そこであった方法でIQOS節約を模索した方がいいです。何かを集めると言うのはとてつもなく楽しいことですから。

 

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。


関連コンテンツ

人気記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 All Rights Reserved.