1年間IQOSを吸った長期オーナーの報告

IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

おっさんです。仕事が終わって帰宅して風呂食事家事を済ませると日付が変わる直前なので早起き再開です。この記事も更新が間に合えばすぐに仕事に行きます。

 

 

何かと話題に事欠かないPMJの加熱式タバコIQOSですが今月で都市圏発売から1年を迎えました。

今ではすっかり紙巻きタバコを追いやりメインで愛用しています。

 

IQOSにしてちょうど1年が経ちますがIQOSにしてどのような身体変化があり、また今どう思っているか、今後どうするかを考えてみたいと思います。

 

 

 

 

この記事の目次

 

ネットでもほとんど報告がなかったIQOSを買った理由

 

Sponsored Link

 

おっさんは大のつく愛煙家です。基本的に酒、博打、風俗みたいなことは結構昔にやめてしまい、残った嗜好品がタバコになってしまいました。

 

タバコを吸うと落ち着くとかやる気が出るとかまあ一般的な諸処の事情はありますが、一番はルーチンワークが苦手な性格なので節目節目に喫煙することで、飽きやすいルーチンワークに小さな成功報酬を与えたり、また仕事やブログ更新の息抜きに喫煙すると気持ちから休んでいる気が強くなるのも大きなところ。

 

 

味、所作は勿論のことおっさんがタバコをやめられない大きな理由はこの行動依存がかなりウエートを締めているような気がしています。

 

 

 

present.jyugeru

 

 

ただ1年前は金銭的な余裕が皆無で1日700円の小遣いでタバコとコーヒーを賄っていました。440円でタバコを買って昼休みに100の缶コーヒーを買うと残金170円。この170円を貯めて何かを買ったりしないといけないわけです。

 

 

 

 

やむにやまれずに禁煙を決意

 

 

当時は当ブログの収益もほとんどなく、ただひたすら残業をしては帰宅して深夜までブログを更新していました。まあこれは実は今もあんま変わってなくて当ブログの更新回数は1日起きみたいな感覚になっていますが、それは全て安定期に入っているからです。

 

しかし当ブログきっかけで集まったvapeやリキッド、ヴェポライザーなどは眠らせるのも勿体無いし別ブログで書いていきたいのでそっちに準備をしていたりします。

 

そして今頑張って更新しているブログもあって作業量は変わっていません。

 

なので当時はそういった金銭事情から禁煙やむなしと判断したんですが結果は惨敗

 

 

 

諦めて紙巻きを、もあーと吸ってうめー!なんて言ってる時にコンビニにディスプレーされているIQOSを見ました。

 

スマホっぽいギミックに見た目でどう使うのか分からないミステリアス感が気になって気になって仕方なくてついは備え付けのパンフを持ち帰りました。価格は9.980円。クーポン割引で半額にっていやたけーよ。

 

買うかどうするか悩んでたんですが、これで禁煙に導かれないか?または紙巻きよりランニングコストが下がらないかって部分が気になっていましたね。

 

 

 

 

Xperiaを売ってIQOSを購入

 

スポンサードリンク

 

しかし先程も書きましたが700円の小遣いしかありません。当時給料は同居人に全額渡していて衣類、外食、レジャー、ナドナドは同居人同意で行えるシステム。ほしい物があるからと言うと決済は降りましたがおっさんは案外ほしい物を買ってしまうと極端の興味を失くすタイプ。

 

事が済むとすぐタバコ吸って…。みたいに言われるジャンルの人間なので決済が中々おりません。

 

たまたま使ってないスマホが勿体無いとXperiaを近所のブックオフに売りに行きました。

 

ボロボロで付属品もない状態で売りましたが15000円の値がつくのはさすがSONYってとこでしょうか?早速これをIQOSを買う費用に充てました。

 

 

 

 

 

IQOSとの生活が始まった

 

 

 

 

そんなわけで元々マルボロのWeb会員だったのでクーポン発行も他の人よりはサクサク進んでIQOSを買ったのですが最初はとにかく軽いって感想と味が淡白だと思いました。

 

タバコの旨さって口の中の苦味でその苦味を微糖コーヒーで中和させる醍醐味みたいなのはあると思うんですよ。口臭はさておき。その苦味がなく昨年一杯は自宅でも紙巻きと併用していました。

 

 

harajyukuiqos7.jyugeru

 

 

しかし段々IQOSの無味がタバコのうまさだと思うようになり自宅ではIQOSにシフト。しかしまだ外でIQOSユーザを見かける機会さえすくなく、またあの紙巻きとは違う日本指で挟むスタイルではなくホルダーを糞掴みして口に運ぶ格好は奇異の目で見られることが多かったから、会社なんかでは紙巻きってましたね。

 

 

 

 

 

広がるIQOS、買えないIQOS

 

 

今年はIQOSが大躍進しましたね。延期は合ったものの全国発売、アメトークきっかけの売り切れは今も続いています。街中の喫煙所でもIQOSは珍しくなくなっきました。

 

当初は口内炎や空腹に悩まされましたが今は特に不調はありません。しかし歯茎はすぐに痛むようにはなりました。

 

また故障が増えすぎて衝撃を避けたくて持ち歩かない様になり、外出中は紙巻きを復活ました。

 

 

 

 

IQOSとの現状、これからIQOSとの付き合い方

 

 

 

あれから1年です。おっさんがIQOSを導入した翌月には同居人もIQOSにしました。

今もメインはIQOSですが本数は1日1ヒートスティックが10本ぐらいまで下がっています。理由はvapeの使用回数が劇的に増えたからですがvapeもある程度IQOSに置き換わる存在を見つけるには自分で調べつつ、アドバイスを受けて投資しないとたどり着きにくい道です。

 

それと保証期間が終わってしまって乱用に慎重になっているのと予備機がすぐに買えない現状もあります。新フレーバーでも出ればまたIQOSの使用頻度は上がるのは分かっています。

 

しかし禁煙と言う大正解に進めない愛煙家のおっさんにはIQOSは本当に買って良かったものだと言えます。

 

 

なおタバコは20歳から。マナーと節度を守って節煙/禁煙を。

 

 

スポンサードリンク