ガジェット系ニュース スマートフォン ネット メディア

MVNOは贅沢を言えない風潮。

更新日:

まだあれからスマホの買い替えは進んでませんがNexus6一括0円キャッシュバックモリモリな案件が来ない昨今ですが、P8Maxの発売日も錯綜としていてイマイチUmobileのZenFone2にも踏み込めないのですが、

今現在白ロムなNexus5にはSo-netのSIMが刺さっています。

 

ハイスピードS

というプランですが

 

ハイスピードSプラン
(※6)
3,000 円 1,590 円
(※3)
225 Mbps (※2) / 50 Mbps × × サービス開始日から 24 か月後の月の末日まで なし

http://goo.gl/z0HGHY

あまりいいプランではないンゴ

Sponsored Link

 

 

割りと解約したいのですがNexus7の割賦もありでそれがなければ9800円ぐらい払っておさらばするのですが、そうもいかないのです。なんせ貧乏派遣ですしおすし。

ところでMVNOをキャリア契約の様に使うのは大きな間違いで、実質自宅の光やキャリア契約した端末のテザリングやWiMAXやワイモバイルのモバイルルーターがなければ実用には全く耐えません。

自分も本契約なiPhoneのテザリングかWiMAXを持ち歩いています。

なぜかって言うと1日の制限がめっちゃタイトで

 

1 日ごとの通信量の制限

プラン名称 1 日ごとの
通信量の制限
1 日ごとの
通信量の上限
1 日ごとの
通信量の上限を超過後
ハイスピードS2プラン ※1 あり 30 MB 接続スピードが遅くなります ※2

http://goo.gl/NEfvNx

実際30MBなんてあっという間なんですがちょろっと気になるスレを見たりブログを読む分には便利です。

この使い方に関しては咄嗟のメールやLINEの返信や速報のプッシュ通知なんかのチェックに使ってます。

スポンサードリンク

 

 

制限されてなくても速度は

もうわろてまいますわ。昨日1日出かけてたから今日は規制かなと思ったらアップロードが出てる事で制限じゃない事が分かる。基本的にアップロードが早いのは糞バイダの証明であの悪名高きToppaもアップロードは早かった。

MVNOの大元はdocomo回線なわけですが実はそこにはMVNEという物があり

ケータイ用語の基礎知識第337回:MVNE とは

>「MVNE」は、Mobile Virtual Network Enablerの略で、MVNOに対する支援サービスを提供する会社・団体などを指す用語です。仮想移動体サービス提供者などとも呼ばれます。

MVNEがサービスを提供する先である「MVNO」とは、自分自身ではネットワークインフラを持っていない通信事業者です。物理的な回線を持っている事業者(MNO)から、回線を使う権利を購入することで、通信事業を行ないます。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/keyword/36137.html

このMVNEの契約で速度が左右されます

 

MVNE別まとめ

NTTドコモの主要なMVNEとMVNOの関係をAPNから整理してみた

 

上記リンクにまとめがありますがここでも先ほどのToppaを抱えるFreeBit系のUmobileやFreetelはダメな模様。

でも一括で買えない貧乏派遣が故、中々zenfone2の4GBを入荷しないからUmobileに行こうか悩み中。

もしzenfone2の記事が上がったらUmobileに凸ったと思って欲しい、なおSIMはいらないもよう

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク


-ガジェット系ニュース, スマートフォン, ネット, メディア

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.