メディア

ペヤング騒動と狂信者

更新日:


自分は大阪で生まれ育ったせいか蕎麦よりうどん、寿司より焼き肉、ペヤングよりUFOなのだがペヤングが関西進出してきて15年あるかないかだと思う

 

関西でもCMはしてた様な気はする

このCMは記憶にあるから。ただ自分がペヤングを良く記憶しているのはCMではなくて以前の仕事で連れてた昼飯にポテチを食うような子がペヤングが大好物だったからだ

その子の誘われて食べてみたがとにかく油っこくてしつこいなあとは思った

あれから7年、ペヤングがやりやがった

消費者が買ったペヤングにゴキブリが混入。消費者がこれをTwitterにアップして大騒動になった

簡単な騒動の時系列は

 

まるか食品「(ゴキブリ混入ツイートをした大学生に対して)お互いのためにツイートを消せ」

保健所による査察の結果、回収を命じられる

まるか食品「製造過程で混入した可能性は考えられないが、一応回収。過去に虫が混入したというクレームもなかった」

虫の混入についてクレームを入れたことがあるという声が殺到

まるか食品「混入がないというのは丸々一匹のこと、一部混入とは違う」

混入した黒ゴキブリは加熱処理されたものであることが判明し捏造の線が薄くなる

まるか食品「油まで一致すれば製造過程ということになるが、分からない以上は断定できない。第三者が加熱で死んだゴキブリを(商品製造後に)意図的に混入した可能性だってある」

ゴキブリに付着していた油は製造で使用する油と一致

 

 

そもそもゴキブリが混入していた消費者は根っからのペヤングファンでありペヤングアンチが仕掛けた物ではない

マルカ食品からもうこんなことが二度とない様にと約束があると思ったらお互いの為にツイートを削除しろと恫喝を受けた

その後も嘘に嘘を重ね販売停止になったのだがこんなのすぐに販売を停止して自社の問題点を精査する案件だと思う

しかしペヤング狂信者は被害者を脅し暴徒化する

庶民的には「こんな感性のおかしい連中に支えられてるからまるかは変な会社なんだね」と印象づける結果となってしまった

しかし驚くべきはこの企業としてはどう見ても褒めることの出来ないまるかを養護してる狂信者である

販売再開後も狂喜乱舞してたかだか半年の販売停止で済む問題ではないと言う意見すら聞こうともしない

ネトウヨの台頭以外こういう教信者はどんどん増えている。やり方も全部ネトウヨ的でネットで活動する際このネトウヨ的教信者の手法が一番効果があるのだろう

愛国と言う名の宗教

ペヤングと言う名の宗教

反放射能と言う名の宗教

安倍晋三と言う名の宗教

山本太郎と言う名の宗教

彼らは情報の信憑性と言うのは重視しない。拡散することが目的になっている

だから傍目から見たら間違ってたり鬱陶しがられてる事も気にしない。彼らのは彼らの正義がありそれに異を唱える者がいればそれそれに報復にでる

これは由々しき自体なのだが特にSNSにおける拡散や主張方法がそれなりに反応があり効果もあるからそれに依存する

これらが共通しているのは一般大衆の支持を全く受けてないところである

簡単にいえば逆効果であり非常に問題が多いのであるが意には介していないようだ

震災以後良く見かける拡散希望なんて絶対してやるもんか

面倒臭え。ただただ面倒臭え

だってこういうこと以後ブログに帰ってしまった人の実に多いこと

庶民の理解を得られない運動にはなんの価値もない

信者→原理主義者→教信者と名と変遷を変えているがどうなんだろう

これからも増えていくような気がする

ああ面倒臭え

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 


関連コンテンツ

人気記事

-メディア

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 All Rights Reserved.