ガジェット系ニュース

Gmail、最大30秒以内なら送信メール取り消し可能

更新日:

Googleは、Webブラウザ版Gmailの正式な機能として「送信取り消し」機能を追加した。送信後、最大30秒の間は、メールの送信を取り消せる。

Gmail

「送信取り消し」機能は、テスト段階の機能が試せる「Gmail Labs」にて公開されていたが、このたび正式な機能となった。この機能を有効にすると、送信ボタンを押してから一定時間内は、送信を取り消せる。

Sponsored Link

 

 

設定方法は、Gmailの受信トレイ画面を開き、右上の歯車アイコンをクリックし、「設定」を選択。「全体」メニューの「送信取り消し」項目にある「送信取り消し機能を有効にする」をチェックする。その後、送信取り消しを受け付ける秒数(5秒/10秒/20秒/30秒)をプルダウンで選ぶ。最後に、ページ下部にある「変更を保存」をクリックして、設定を保存する。

なお、既にGmail Labsで「送信取り消し」を有効にしている場合は、デフォルトで「送信取り消し」設定が有効となる。

http://news.mynavi.jp/news/2015/06/24/462/

 

おお!待ちに待った機能搭載実装ですか

Gmailだけじゃなくて全メールサービスにこれは欲しいですね

ちなみに自分が良く使うGmailの機能は

フィルタ機能で迷惑を撃退

 

スポンサードリンク

 

 

Gmailの右上の歯車アイコンをクリック

設定でフィルタを選択

画面の下の新規フィルタ作成をクリック

そこで件名なりメールアドレスなりを指定して

この条件でフィルタを作成をクリック

そのメールをどうするかの動作を指定して完了です

 

メールをスマホに転送してるだけでネットバンキングがセーフティーに

これも同じく右上の歯車アイコンをクリックして設定に進みます

その中のメール転送と POP/IMAPタブをクリックして転送したいメールアドレスを入力して転送設定します

自分はネットバンキングの入金や出金、クレジットカードの決裁通知をこれでリアルタイムで確認しておかしいなと思うとすぐにログインしています

 

実は送信取り消しは以前からあった機能

実はメール送信取り消しは結構以前からありました

しかしラグが数秒しかなく本当にワンチャンしかなかったです

取り消したはずが届いてたって言うこともしばしばありましたが30秒というのは結構余裕があります

 

いかがでしたでしょうか?

ちょっとしたミスや再確認の為に取り消したい送信を取り消せるGmail

これで益々便利になりましたね

正直他のメール全てに実装して欲しいですね

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク


関連コンテンツ

人気記事

-ガジェット系ニュース

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 All Rights Reserved.