ネット ネットの人 ネットの話題 メディア

SEALDsのデモ参加者が減ってるそうです。

更新日:

いつの時代も不平不満を訴える方法はデモなのですが、ここ数年デモに関して醒めた意見が多いです。
特徴としては今回のSEALDsも同じ反安倍派や安保法制反対派が、特に良い言い方をしてないイメージが強いです。

今回もと言いましたが反原発が台頭した頃もこんな感じでした。

Sponsored Link

 

 

反原発はすぐに中核派やそういうガチガチの左翼の気配を感じて、一気に消沈して反原発すら言わなくなった人がかなりいましたが、今回はその時の事を踏まえつつ、その頃の黒歴史を消さんと叩いてるイメージです。

自分に信念があれば背後団体なんか気にしなくてもいいのにといつも思うのですが、事実関係を錯誤させて、
「SEALDsは中核派だから!」と叩く人が後を絶えません。

そういうネットの中からひたすら叩く人は「デモをするだけ無駄」
とか
「安倍から変わっても何も変わらない」と言いますがおやおや
ならなんでネットで反安倍なんでしょう。

そこまで分かってんなら反原発も反原発も反放射能も居丈高に言う必要なくね?

むしろ今日はカルボナーラ食べたーみたいな日記書けばいいのに。

簡単に言うとシールズの出現と言うのはネットで積み重ねてきた自分の数年間の否定なんですよね。

いきなり出てきて話題掻っ攫ってしかもネットも達者で若い。

自分が何年もかけてしてきた事を瞬時に奪われた!

ここで上手く迎合を模索すれば良かったけど頑なに認めずネット上のSEALDsのマイナス要素を真贋問わず拡散し始めた。

まあ簡単に背後団体が露呈したSEALDsの脇のガバガバさにも問題はありますよ。

でもまあデモなんて左翼のお家芸だしねえ。

共産党もせっかく若くて異質なデモ隊を発足させたのになんか不発な感じです。

世の中共産党ってだけで敬遠する人が多い中、更に中核派や全労連、果てはしばき隊まで入り乱れた混成団とあれば叩くしかないのかも知れませんがそれにしてもネトウヨより同じ反安保、反安倍な人たちの叩き方は異常です。

もちろん一夜にして自分のしてきた事を否定されたかのような持ってかれた感もありますが、ネットで活動してた人も薄々気づいてはず。

むしろとっくに気づいてないとおかしいのはその無力感。

スポンサードリンク

 

 

恐らく安倍の退陣は見えないし
安保法制は通過するし
原発は再開するし
放射能も処理してくれないままだろうなと。

要は自分達は失敗したのだけど振り上げた拳の所存のなさに気付いていた。

そこでSEALDsが現れた。

ここで全部SEALDsのせいにしよう。
SEALDsが出て来なければ上手く行った。

SEALDsが現れたから世論は胡散臭がって活動が墜えた。

なんなそんな気がしてならんのですよ。

邪推すると終止符を打つために送り出された感さえあります。

まあ革新的な理解者みたいな人たちが新しい物の芽を積むといのは世の中変わらないんだなと思わせるわけですよ。

世の中変わらないから戦争法案なんて言葉は虚しくなればいいなあと。

最近気になるのは大人の方が何かにつけネットで完結させようとしてる感じで、俺もデモに参加すると言ったら全力で止められたし。
デモに出ても何も変わらないからとか、デモ主催者はテロリストだからやめた方がいいとか。

でもそれ自分自身の否定でもあるんですよねえ。

でも少なくとも数年前よりもNo!を叩きつける人たちが増えてきたのはいい事じゃないでしょうか?

俺はネットでもどうでもいい事しか言わないから現実はもっとなにも言えないけど
おっそうだな

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク


-ネット, ネットの人, ネットの話題, メディア

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.