IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOS節約のHerbstick Ecoをもっと簡単に使う

投稿日:

おっさんです。ストラテラというADHDの薬が処方されました。これで社会的無能ではなく発達障害だと分かり安心しています。

 

 

さて前回IQOSの原型である喫煙具ヴェポライザーについて記事を書きました。

 

http://jyugeru-09.com/vaporizer_iqos/

 

ヴェポライザーとは好きなタバコ葉だけじゃなくてルイボスティーとかでも喫煙出来ちゃうアイテムでおっさんはIQOSをもっと知りたくて買った物です。

 

国内ではまだまだメジャーではありませんが海外でも先にvapeが市民権を得てしまっていますがタバコ葉が大好きな日本では扱いの増え方次第ではワンチャンありそうな気配なんですよ。

 

このIQOSの尻馬の乗ればですが。

 

 

 

 

 

この記事の目次

 

IQOSの前に日本でJTが出してたヴェポライザーPloom

 

IQOSが日本で人気を席巻する数年前の2013年にJTがある喫煙具を発売しました。

 

その喫煙具の名前はPloom

 

 

IMG_1009

 

専用のたばこpodと言われるタバコ葉の詰まったカプセルを吸う器具です。

 

IMG_1020

 

JTがあまり宣伝しなかったのと元が完全なヴェポライザー(海外ではヴェポライザーで売られてた)事もあり、瞬時に用途外使用で撃沈しました。

 

プルームテックの発売で販売を取りやめると告知されていておっさんは買ったものです。

 

このPloomは海外ではシリーズ化されて発売される人気ですがJTさんに是非扱って欲しいところです。

 

 

 

 

IQOSの様に簡単にHerbstick Ecoを使いたい

 

実はヴェポライザーを国内でも取り扱っていた事例があるというのは覚えていて欲しいところで、国内ではニコチンリキッドの認可が下りないのでvapeよりヴェポライザーに向けたアプローチの方が普及する可能性が高いんです。

 

 

さて前回でヴェポライザーHerbstick Ecoの使い方とレビューを書いております。

 

あの記事を読んで

 

「なんかめんどくせ」

 

「使う度に掻きだすのかよ」

 

と言ったご意見があると思います。

 

それならいつ手に入るか分からんがIQOS待つわー

 

 

http://jyugeru-09.com/buy_iqos/

 

 

と仰る方もおられるでしょう。なので今回はもっと楽にHerbstick Ecoを扱う方法を紹介します。

 

 

 

 

Herbstick Ecoは扱い自体は簡単で後は葉の詰め方なんかを好きに慣れればいい味がでます。なにより巻きタバコのシャグを使うので経済的です。

 

 

しかしIQOSの掃除でさえ辟易されてる方も多いと思います。そこでもっと楽にHerbstick Ecoを使う方法を紹介します。

 

 

 

 

シャグの代わりにシガリロを使う

 

 

基本的にHerbstick Ecoで吸うのは巻きタバコのシャグですが、これがチャンバー(穴)に詰める時にボロボロ溢れたり、吸い殻を掻きだすのも手間がかかったりします。

 

そこでシャグの代わりにシガリロを使う方法です。

 

 

シガリロとは?

 

シガリロとは葉巻の事です。最近では余り目にもしなくなった葉巻ですが葉巻って紙を使ってなくて全てタバコ葉でできてるんですよ。

 

基本的に体内に悪いタバコの要素を作るのがこの燃焼された紙なんですがそれを使っていません。

 

葉巻は紙巻きとは一線を画し、また現存する最古のタバコの種類であるが為にニコチンタールは強めです。

 

フィルターがないので吸い口を専用のカッターやハサミで切り落として火を点けてしばらく先端を燃やしながら吸います。

灰が冷却させる昨日を持っているのでなるべく落とさないように吸うと美味しくなります。

 

シガリロとは細葉巻みたいな物でミニシガーとも言われています。

 

 

 

 

ハンデルスゴールドバニラといシガリロ

 

 

で色々調べた結果Herbstick Ecoのチャンバーに合いそうなシガリロはハンデルスというシガリロと分かり取り分け香りがいいと評判のハンデルスゴールドバニラを買いました。

 

 

 

20160806_125248

 

 

買った時はビニール包装されてましたがそれでも結構香ってました。臭いはココアみたいな感じ。

 

 

20160806_125421

 

開けるとこんな感じ。10本430円で大きめのマニアックな品揃えのタバコ屋さんに行かないとないと思います。これはドイツ製ですが基本的に葉巻はバハマやパナマが多いです。

 

これをそのままHerbstick Ecoのチャンバーに刺すと

 

 

20160806_125810

 

ばっちり刺さるのでちょうどいい長さ(1.5cm)くらいでハサミでカットします。

 

 

20160806_130003

 

ちょっと小学校のアレなグロさがありますがヴェポライザーで吸うと煙が出ないので水蒸気を出すためにここにvapeのリキッドを垂らします。

 

使ったのはBI-SOのハイパーメンソール。

 

20160806_130222

 

 

これを3滴ほど垂らすのが程よく利くんですがチャンバー内で崩壊して掻きだす時にシャグと変わらない苦労をする事になるので2滴にします。

 

切った部分に垂らして染みこむまで数分。

 

 

20160806_131919

 

入れるとこんな感じでスイッチを入れます。

 

 

この際シャグみたいにあちこちに落ちることはありませんが切り口部分で破片が出るのでティッシュや新聞で受けてなるべく掃除する手間を減らします。

 

これで完成。簡単ですねえ。やや細いので詰まりすぎる事がなくちょっと軽いテイストで吸えます。メンソールも程よく効いてます。

 

喫味はバニラなので非常に甘く紙巻きやIQOSにない風味を楽しむって言うのが少し分かるシガリロです。

 

 

20160806_145929

 

吸い終わるとHerbstick Ecoが覚めるのを待って灰皿へボンっ!これで終わりです。

 

ブラシもエアダスターも必要ありませんがリキッドを使っているのでマウスピースはティッシュで拭いています。

 

 

 

 

Herbstick EcoでシガリロはIQOSみたいに使えそう

 

わりとこういうラフな使い方が出来るのはHerbstick Ecoが安くて機能がちゃんとしているから

 

 

 

 

 

というのはあります。

 

 

おっさんは上手く吸える自信がないのでシガリロでは吸ってませんがこれで大体10回使用で掃除ぐらい楽になりました。

 

 

 

なおタバコは二十歳になってから。


関連コンテンツ

人気記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.