SNS ガジェット系ニュース スマートフォン ソフト ネット ネットの話題

スマホの次は何が来るんだろうな。でもSIMフリーガラケーが完売したり、今こそガラケーの酷さを思い出そう

更新日:


ガラケーユーザーの2割が新型iPhoneの購入を検討 - マイナビニュース調査

そんな訳で今思うとガラケーってとんでもなかったと思うんですよ

自由なインターネットに於いて不自由を強いたと言う時点で。
でもmova時代からFOMAの黎明期においては楽しかった気がします。
端末の性能なんてのも今でも余り変わらないのが凄いと思いますけどね。

ガラケーの場合基本としてヒンジが付いていてパカパカ開閉すると言う構造なんですが、メールが来たり、電話が鳴るといちいちパカパカとワンクッション作業が入るユーザーのアクセシビリティーを全く無視した構造なんですよね。

ただあのパカパカが未だにやめられない人が多数なんですけど。

しかし物理キーを入力デバイスにしてしまう発想は人間の心理を付いていると言うか、タッチタイピングを可能にしてしまうのが良かった。

しかしこれもスマホのフリックをマスターしてしまえば戻れなくなっちゃうんですが。

ガラケーを否定する訳ではありません。
ガラケーがあったからiPhoneが生まれた事は否定しませんし、ガラケーがあったから今がある訳です。

今と言うのはガラケーの制限を全否定するかのようなスマホの使い勝手だったりします。

正直あの制限は酷かった。

ページサイズ最大100kbとか
MP3も聴けずネットのMP3ダウンロードをクリックしたらやたら画数の多い漢字みたいな文字化けみたいなのが表示されてガラケー死んだとか思いましたよ。

ガラケーの普及にはメールと言うキラーコンテンツがありますがメールを補完する意味では出会い系サイトを否定する事は出来ません

筆者がiモードつきガラケーの導入をしたのは割と遅くて503シリーズとかあの頃でしたね。

なんでか決定キーがテンキーから分離した位置で人気のNとかゴミが入って3回無償交換してもらったジョグダイヤルがゲーム以外では快適なSOとかね。
iモードを手に入れてまず真っ先にアクセスしたのがエキサイトフレンズでした。

このサービスは今でもあるそうですが、大手ポータルサイトのexciteがコミニュティサービスとして運営していた出会い系サイトなんですが、iメニューやEZメニューにも公式として存在していました。

月額200円でしたがかなりの会員数で盛り上がってましたがやはり思い出のサイトと言えばスタービーチですよねえ。

剥き出しのメアドに剥き出しの欲望を預けて今宵も掲示板に書き込みするぞーみたいな。
途中からは業者が大半でしたがそれでも今の出会い系サイトより格段に出会えましたよ。

その後らポイント制の出会い系サイトが全盛を迎えたりして規制法が入り身分証の提示が必要になり、衰退していくのとSNSの台頭が重なったのですが
今となっては日本の利権構造そのもを現してましたね。

着うたサビだけで105円とかどんな商売だよ。

jigブラウザやファイルシークや着もとや携帯動画変換君で戦ってたあの頃。

トルカやプッシュトーク、iチャネルやiコンシュルジュ。とにかくよくこれだけのゴミサービスを思いつくなあと感心してしまいます。

そして

ついに「ガラケー」が生産終了へ!OSをアンドロイドに統一

いざなくなるとなると寂しいものですがモバイルネットの主君と化してたキャリアがapple、Googleの黒船に一夜にして開城させられたのは本当に痛快だったけど今も昔も日本って黒船が来ないと変れないんだなって思ってしまった。

でも

FREETELのSIMフリー「ガラケー」Simple、発売3日で販売終了。増産予定無し

というニュースも朗報だけどガラケーでネットしたい人には辛いかも。

電話とSMSしか出来ない。今のガラケー需要はほとんどこっち。ガラケーでネットは確かにニッチすぎる事になってるかも。

ガラケーにもいいところはあったし思い出もたくさんある。ガラケーを通して知り合った友人は今も友人でスマホにほとんどが移行した。それを言うならダイアルQ2で知り合った友人もいまだ友人である。それがスマホを通して出来た友人に数で駆逐されそうな勢い。

ガラケーの思い出はそれで残し新しい友人と新しい思い出を作ればいいし、5年後の俺達はこういってるかも知れない。

「未だにスマホ()」でもいつかはアドエスの使い勝手がトンデモなく向上してガラケーを潰して欲しいと願っていたけどあの頃と違うのは次のデバイスが予想も出来ないことなんだけど。

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 


関連コンテンツ

人気記事

-SNS, ガジェット系ニュース, スマートフォン, ソフト, ネット, ネットの話題

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.