メディア

テレビを見ない事を自慢する人、自慢に見える人

更新日:

近年ネット上ではテレビを見ない事を言う人が増えた。自分も全く見ない。たまにラテ欄なんか見て見たいなとは思うけどすぐに忘れてしまう

Sponsored Link

 

 

ネットやってる方が楽しいのもあるけど有意義じゃないのはテレビと双璧をなすと思う。もしネットが有意義だと言うならそれは夢見すぎだと思う

ネットだって近年テレビ化が著しくて目くそ鼻くそな状態

まあ見ないなら見ないでいいし見ろとも見るなとも言わないがなにかにつけてテレビを見ないことを主張する人がいる

いわゆるテレビ見ない自慢だ。これは正直めっちゃうざい。寝てない自慢並にうざい

忙しい自慢と合わせてうざい三竦みである。そういう人に限ってYouTubeでの違法視聴を勧めてきたりするから手に負えない。見るツールがテレビと言う専用機で見るか複合機で見るかの違いである

思うにネットをしてるだけで選民意識がある人がいる。帰属意識が高いというかガラケーで見ててもネットであって

あんな小さなもしもしで見られる世界になんの値打ちがあるのか分からんげとにかくネットしててテレビ見る間がないとか平然と言えちゃうのである

こういう人はほんのすこし前までテレビにがっつりだったのだ。それを消そうとしてやたらテレビを見る人を叩く

もうなんか面倒くせえ

スポンサードリンク

 

 

それに対比するのが普通にテレビを見ない人、昔からテレビを見る習慣がない人が自慢に見えるテレビ人達

最近テレビ見てないななんて言おうものなら

テレビ見てない自慢うぜえと毒を吐かれる

この光景はネットで良くある光景でネトウヨがうざいのや放射脳がうざがられるのと同じである

テレビ見てないも、在日の陰謀も放射能の恐怖も高圧的でしつこい

だから脊髄反射で叩いてしまう

そしてこれがテレビ見てない自慢に見える厨うざいという無限の連鎖を生む

cap175

なぜ人はテレビを見なくなったのか。まずゲームの台頭がある。初めはそれでも茶の間の娯楽はテレビがチャンピオンと局は侮っていたであろう

そりゃフリーザに完全体のチャンスを与えたベジータぐらい余裕こいていたに違いない

しかしテレビゲームは蹂躙し続けた。ついにメディアはキレる若者やキレる十七歳などの原因は暴力的なゲームだと医者に言わせてネガキャンをはじめゲーム脳と言うありもしない病名をつけて叩く

そのゲーム熱が冷めやらぬままネット世代に突入した

今までテレビの中の作られた主人公を受け入れるしかなかった人達はいつでも自分が主人公になれるネットにのめり込む

特に06年ぐらいまでのネットほ本当に熱かった

ネットの副作用はそこで止まらない。テレビがそれは恥ずかしい事と洗脳してきた事を匿名を武器に言えるようになる

それどころか仲間までいることを知る。病気、性癖。過去

こうして与えられる物を楽しむしかなかった側は発信する楽しみを知る

そして止めは地デジ移行と言う政府の愚策だ。政府はメーカーとともに地デジ移行で買い替えを促し利益を得ようとした

確かに効果はあった。しかし思惑とは別にこの機会にテレビを捨てる人も多かった。テレビがなくても平気だと気づかれた。この強制移行は失敗だった

そんな中テレビが好きな人もいるしテレビもネットも楽しむ人もいる

2chで実況してる人らを見ると実に楽しそう

なんでも偏見なしに生活してる人には敵わないのかも知れないけどもうテレビはうるさくてつける気もしないよ

 

 にほんブログ村 ネットブログ ネット評論へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク


関連コンテンツ

人気記事

-メディア

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 AllRights Reserved.