vape初めてのビルド。ちょっと備忘録

IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

おっさんです。今回の記事はちょっといつもと違いまして、個人的なメモみたいなもんです。

 

 

最近始めてvapeをビルドしてみたのですがその詰まった部分とかを書いて置いておきます。自分でも見直しますが今後詰まる事もあろうかと思いし初ビルダーさんにも参考になればいいと思います。

 

 

 

 

 

この記事の目次

 

コイルを初ビルド

 

 

 

広告

 

 

今回ビルドしてのはRTAというものです。説明すると非常に細かくなりますが。RTAのAはアトマイザーなのでタンクありのコイルとコットン部分を自作する物です。

 

その他に

RDAとかはタンクがなくコットンにリキッドを垂らして吸うなんて言う所謂直ドリなんて方式もあります。おっさんはまだvapeヘタレなのですが、このiStick Picoの抵抗値を上げてニコチンリキッドを美味しく吸いたいという思惑と案外かかるコイル代の節約です。

 

 

 

 

 

Avocado Genesisをビルド

 

買ったRTAはAvocado Genesis

 

 

20160902_095536

 

 

安くて美味しくてビルドしやすいと聞いて買ってみました。これは直径がiStick Picoに合います。まあ22経って割りとスタンダードなんですが。

 

 

 

 

 

価格は国内Amazonでも4000円しないくらいで買えます。

 

 

今回はレビューではないのでサクッと進みます。

 

 

20160902_095556

 

 

20160902_095808

 

全てに関して予備があります。勿論これだけではビルド出来ません。

 

 

工具が必要になるのでvape DIYツールで検索したら出て来ます。

 

 

20160901_105754

 

必要なのは全てですがΩメータ入りがいいです。

 

 

 

後はコイルになるワイヤーですが、おっさんは劣化しにくいと評判のステンレススチールワイヤー(通称SSワイヤー)にしました。

 

 

20160902_120443

 

最後にコットンですがやたらオーガニックコットンが推されてますが無印とかでも十分です。

 

以上があればビルド出来ます。もっと揃えれば便利ににビルド出来るかも知れませんが。

 

 

 

 

Avocado Genesisをレッツビルド

 

 

広告

 

まずビルド前にRTAをしっかり洗浄してください。おっさんは無水エタノールに漬けて、中性洗剤で洗い、湯に漬けたまま仕事に行って帰ってから乾燥させました。

 

 

20160904_235015

 

まずワイヤーを適度に切ります。15cmぐらい。ワイヤーの太さに合わせてコイルジグに書いてある数値のとこで巻きます。

 

 

今回は3ミリの太さだったのでそこで巻きました。

 

 

20160904_235208

 

巻き方は等間隔やらなんやらありますが、大きくズレないようにだけ気をつけて巻いた。

この巻数によって抵抗値が左右されるので10回巻き。狙うは1Ωです。

 

 

20160904_235225

 

Ωメーターにタンクを固定してワイヤーを装着します。

 

ここがおっさんが一番詰まったのですがポールが2つあって穴(コイルポスト)が計4ある。次にコイルポストに隙間なんかねーし。どう固定すんだこれ?と色々ググったけど当たり前みたいにワイヤーが通ったらネジ締めてみたいな展開でおいおい。公文式に通ってない生徒は蚊帳の外かよーなんて思って某掲示板で聞いたらイモネジ緩めたか聞かれて解決。

 

 

20160904_235306

 

 

ポールポストにあるホールは六角レンチで緩めるということでした。無事穴があいて装着。

 

 

20160904_235358

 

ホールは上を使い、片方を締めながら片方の指でワイヤーのバランスを固定します。まだコイルジグはそのままにしてワイヤーの型崩れを防止しつつ残った方のネジを締めます。

 

 

20160904_235751

 

ざっとこういう感じですが不器用すぎてコイルがいびつなんですがそれは。

 

 

20160904_235854

 

Ωメーターで計測すると0.83Ω。やや低いです。これをiStick Picoで計測します。

 

 

20160904_235948

 

この計測はΩメーターとMODで差があるのが普通なんですが大きく差があるとやり直した方がいいとの事です。

 

 

20160905_000021

 

そしてそのままMODでドライバーンします。簡単に言うと空焼きです。焼き入れて上手く熱が伝わってない部分や電熱の遅い部分をセラミックピンセットで調節します。その後コットンを入れますがなるべく大目に入れます。

 

 

おっさん的にはコットンを三重くらいのを剥いで丸めて先端をこよりにしてコイルの輪っかに通して両サイドをアトマイザーの底に届くくらいで調整してカットしてリキッド入れるホールからアトマイザーに入れていきます。

入りにくいのでピンセットと付属の六角レンチでねじ込みます。片方を入れたら残りの片方にコットンを入れる前にリキッドを注入。

 

今回はHiLIQのバニラカスタード、ニコチン6mgを使いました。

 

 

20160905_000450

 

 

後はバッフルを差し込んでエアフローリングとトップキャップとドリップチップをつけて完成。

 

 

20160905_102212

 

おっさんは勿論まだまだ下手ですが後は慣れしかなさそうです。

 

 

 

初めてのビルドを振り返る

 

 

まずはRTA選びが高度でした。Avocadoはビルドこそ簡単ですが分解、結合が非常に厄介です。

 

ついでにいうと初心者的には結構詰まる部分があってそこはあまりにも初歩過ぎて検索で案外引っかからなかったりします。そんな場合は2chや知恵袋を使った方がいいです。