IQOSをもっと節約する決定版ヴェポライザーHerbstick Eco

IQOS/禁煙/節煙, ガジェット系ニュース, 未分類

おっさんです。昨日の猛暑日に炎天下仕事をしたら今日は凄いダメージでした。

 

 

さて当ブログではIQOSにして気に入ってはいるけどもっとIQOSにかかる費用を抑えようというスタンスを取っています。

IQOSにして安くなったっていう意見は聞きますが反面本数が増えたとか、変わらないという意見が多いです。

 

せっかくIQOSにしたのだから、紙巻き以外の喫煙方法と迎合出来つつあるのだからもっと範囲を広くしたいところ。おっさんも全然眼中になかったvapeとか買う様になったのはそういう偏見が解けてきたからです。

 

 

そこで今回はポストIQOSの本命で以前に軽くさわりだけお伝えしたヴェポライザーにゆいてです。

 

 

 

 

この記事の目次

 

IQOSはヴェポライザーの一種です

 

常々IQOSはヴェポライザーという喫煙具の一種ですよ。という事をお伝えしてきましたがヴェポライザーって一体なにって言うと

 

乾燥葉気化器って事になってなんだこれ余計に分からない。

 

要はタバコ葉なりを詰めて高温で気化させて吸引するってそれIQOSですやん。

 

IQOSはヒートスティックという専用アイテムを使う為にブレードがあり、ヒートスティックにも高温に保つ工夫がしてあります。

 

ヴェポライザーはただ詰めてスイッチを押すだけなんですが大雑把に二種類に別れます。

 

 

 

ヴェポライザーの種類。熱伝導方式

 

ヴェポライザーには熱伝導方式と熱対流方式があります。

 

チャンバーを呼ばれる葉を詰める部分を加熱する方式を熱伝導と呼ばれ、これが今のヴェポライザーのメイン方式でもあります。

 

ヴェポライザーは温度管理機能がある製品が大半で(あまりに安物はありません)段々味やキックが減ってきたら温度を上げます。

 

ただやはりガワから加熱するから加熱ムラはどうしても出来ます。

 

 

 

ヴェポライザーの種類、熱対流方式

 

もう一つの加熱方式の熱対流はチャンバー内のタバコ葉の隙間に熱風を送り加熱します。

この方が無駄なく加熱されタールも少なく味も良く燃焼ムラも少ないですが高いです。

 

 

 

 

 

IQOSみたいに買えないけどヴェポライザーの買い方

 

IQOSが日本、ドイツ、ロシアという一部国での発売で全世界発売されていない理由にアメリカも含む世界の喫煙スタンダードはvapeに移行したからという背景があります。

 

日本国内ではニコチンリキッドが販売出来ない為にどうしても喫煙具としての電子タバコvapeへの移行が進みません。

 

その次に大きく半馬身ぐらいあけてヴェポライザーになりますが、世界的にもメジャーな代物とは言い難いし国内でも入手購入は慎重にした方がいいです。

 

ただ巻きタバコのタバコ葉(シャグ)をそのまま使えたりIQOSで注目される方式なので日本においては今後ワンチャンありそうなのですよ。

 

 

で買い方としては海外通販かAmazonや楽天で買う事になります。

 

海外通販の場合日本国内価格の半値からそれ以下で買えますが偽物リスクや購入トラブル、保証や故障した際送料実費でリチウムイオン電池内蔵な為に空輸出来ずに1ヶ月以上待ったりする事になります。

 

 

国内で買うと保証や交換は極めて迅速になりますが、高くて偽物リスクもあります。

 

国内で買う価格は保証やトラブル代と思う買い方次第ではないでしょうか?

 

IQOSで経験済みだと思いますが喫煙具というのは故障するものです。その辺を考慮して検討してください。

 

 

 

 

 

IQOSみたいに使いたいから買ったヴェポライザーはHerbstick Eco

 

 

おっさんはIQOSにしてから結構早い段階でヴェポライザーが気になってました。

 

IQOSに紙巻き使えないかなとかそういう気持ちの発展ですね。ただ国内ではヴェポライザーに関する情報って少ないんですよ。そこで少々金を捨ててもいいかなって言う気持ちで安い割には評価が高かったHerbstick Ecoというヴェポライザーを買いました。

 

 

 

 

 

上記の様に国内でもAmazonや楽天で国内業者さんが販売していますがここで勇者おっさんは海外通販に出てみました。

 

 

買ったのはAlieExpressというAlibabaの個人向け通販会社です。$34.20なので3600円ぐらいでしょうか?

 

到着まで約3週間かかりましたが。

 

 

 

IQOSみたいに使える?ヴェポライザーHerbstick Ecoとは?

 

Herbstick Ecoは上記で言う熱伝導ヴェポライザーです。

 

この記事で紹介はしていますが軽くです。

 

IQOS(アイコス)プルームテックを経て電子タバコ検討へ

 

人生初ヴェポライザーを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

Herbstick Eco開封の儀

 

 

 

忘れた頃に届いたHerbstick Ecoですがまあ価格的に来なくても紛争する気もありません。なのでこの価格帯を選んだんですよね。

 

ダメなら国内で買い直すつもりでした。では早速開けていきましょう。

 

 

 

20160604_195832

 

黄色いビニールにガッチガッチにビニールテープで包まれ昭和の頃に良く嗅いだ変な化学薬品っぽいボンドっぽい臭いがします。

 

 

20160604_200233

 

苦労の末にビニールを剥がすとやっと化粧箱がでてきました。

 

20160604_200517

 

 

箱はなんと木箱でびっくり。中々の高級感やんけ。開けるとまず本体がお目見え。もっと開けていきます。

 

 

20160604_200617

 

二段箱になっていて中からマニュアルとと付属品が出てきました。

 

付属品はマウスピース×3

クリーニングブラシ

クリーニングナイフ

クリーニング綿棒

充電用USB

 

 

20160604_200926

 

 

早速充電しますが、本体横に付いているゴムを爪で引っ掛けるとUSB端子が出てきます。ちなみにPCに接続すると公式につながったりファームウェア更新に対応しています。

 

 

20160604_222724

 

大きさはvapeと同じくらいですが太いです。

 

 

 

20160604_222736

 

 

チャンバー部分。ここにシャグやハーブを詰めます。もちろん取り出した紙巻きの葉も使えますよ。

 

 

20160722_212106

 

 

使ったシャグはコルツ・グリーンティー。40g/880円。

市販の紙巻きが一本0.7gなので単純計算で57本分で巻く紙もついていますが巻くにはローラーやフィルターを買わないといけないので今夏は使用目的がヴェポライザーなので試しませんでした。

 

 

20160806_150101

 

タールやニコチン含有量は記載されていませんが加熱して紙を使わないので相当タールはカット出来ると思います。

 

 

 

20160806_150253

 

シャグを詰めたところ。このままでは蒸気がほとんど出ないのでグリセリンやvapeのリキッドを垂らします。量は好きな量でいいんですがおっさんは3滴から5滴ぐらいいれます。

 

 

 

 

Herbstick Ecoを吸った感想

 

コルツはコルツの甘い葉にグリーンティーの香りを足した物です。シャグの中でもアメスピ程ではないですが高価な方です。

 

ヴェポライザーの最初3パフぐらいは一気に蒸気が出てきて火傷のおそれがあるために2分ほど吸わずに置くと安全です。

 

Herbstick Ecoは電源ボタン長押しでスイッチon/off。スイッチオン時に素早く電源ボタン2回押しで温度変更です。温度は6段階。

 

 

HTB1uCbMHpXXXXcVXFXXq6xXFXXXy

 

おっさんは画像の緑ランプの180~189℃で味わうのがあっているようですが、詰め方や湿り方やリキッド量なんかでこの辺は変わってきます。

 

ベストな詰め方の習得は難しくて酷く軽い時もあればめっちゃ重い時もあります。

 

 

味が少なくなってきたら温度を高くするんですがその前に一度マウスピースを開けて耳かきや長い爪楊枝で中をかき混ぜます。高温だと美味しいことが多いですがやはり故障しやすくはなります。

 

吸い終わったら吸い殻を取り出します。

 

 

20160806_155514

 

今回は上手く全体が黒く焦げていますが全然燃焼してない時もあるますのでそのシャグの刻み方で更に細かくグラインドしたり調節します。

 

また凄くきつくて体が怠くなってきたらそれはニコチンの過剰摂取なので即座に中止しましょう。

 

 

喫煙後は掃除します。

 

 

20160806_155545

 

付属のブラシでグリグリしますがリキッドやグリセリンを使うと高確率でチャンバーに付着します。

 

 

なのでおっさんはエアダスターで飛ばしてIQOSで培った綿棒エタノールで掃除します。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上IQOSと併用したいヴェポライザー、Herbstick Ecoのレポっす

 

Herbstick Ecoは価格の割に故障もしにくく持ち歩きやすく入門編にも実用としてもオススメと言えます。

 

 

IQOSでは実現不可能な夢の色んなタバコ葉を味わう。を簡単に実現できます。

 

反面美味しく吸うには慣れが必要になってきますがコスパの高さでは圧勝です。

 

ヴェポライザーやvapeについての質問はTwitter⇒ @jyugeru_09でも受け付けていますので気軽にフォロー&リプください。

 

 

なおタバコは20歳になってから。マナーは守りましょう。