glo

glo Proのブーストモード、スタンダードモード、glo nano。普通のスティックはどれが一番美味しいか?

投稿日:

おっさんです。

腰痛です。気温の低下と気圧が関係して筋肉がゴリゴリです。

いい加減鍛えろよって感じですが、いかんせん時間がありません。

ブログの更新はPCで作業しているので、長時間座るとこたえますなあ。

そんなところでBATから発売された新デバイスのglo Proとglo nanoですが、実はこの2デバイスでは今までのgloとは喫味が変わっています。

旧型gloとglo nanoが一番変化が少ないのですが、それでも多少スティックの喫味が変わっています。

更にglo Proはスタンダードモードとブーストモードの喫煙モードがあって、これは明らかに喫味が違います。

今回はこの3種で通常価格のネオを吸った時の違いを書いてみたいと思います。

 

 

Sponsored Link

glo待望の新機種、glo Pro ブーストモードでの喫煙感、喫味

gloがリニューアルしました。

新デバイスglo Proは10/3からオンラインストア、一部地域のコンビニで買うことが出来ます。

glo Proは全くの新しいデバイスで専用とも言える、セレブ価格な550円のネオが3種類あります。

価格が価格なのでどう吸っても、旧型gloで吸ってもかなり濃く美味しい出来です。

ただどう考えても、毎回550円をタバコ代に計上するのは難しい昨今、通常のネオシリーズで、どこまでglo Proの喫味が変わるかチェックしたいと思います。

 

いよいよ登場!glo Pro!使い方や設定、どこが変わったか?を徹底紹介します!果たしてその評価は?

おっさんです。 水曜は横浜で仕事だったので、帰りは横須賀総武線で新橋で下車して、新型gloのglo Proを買って帰ろうと企てていたわけです。 glo青山は青山と言いつつ、駅で言うと表参道で結果として ...

続きを見る

 

今回のglo Proの目玉とされる新機能、280℃で加熱するブーストモードから確認して行きます。

通常のgloは240℃で加熱なので、IQOSに近い温度でネオを吸うことが出来ます。

今回の被験になるネオはブーストルビー。スパイスカプセルにチェリーというバーモントカレーみたいな謳い文句のスティックです。

 

glo Proのブーストモードはスイッチを5秒長押しで計3回バイブが振動します。

 

ボンッ!ボンボンッ!と正に集合管をぶちかます暴走族的なリズムが挨拶です。

ブーストモードは出だしからスティックのフレーバーを蹴散らしにかかるのですが、反面、ニコチンの感じ、キック感は今までのgloとは大きく違います。

かなり喉にグッとくるのですが、次第にフレーバーがなくなり、辛味を感じるようになります。

安いヴェポライザーでは温度管理が適当なので、辛く感じるのと似た感じですが、紙の焼ける臭いも相まって序盤はIQOSライクに吸えます。

しかし中盤くらいから失速してきて、焼きもろこしチックな香りに変わります。

 

 

スポンサードリンク

glo Pro スタンダードモードでのスティックの味わいをチェック

glo Proのもう一つのモードがスタンダードモード。

加熱温度は240℃とこれまでのgloと同じですが、喫煙時間4分、加熱時間20秒と便利な変更があります。

購入時レビューでも書きましたがglo Proのスタンダードモードでスティックを吸うと、適当に吸ってもスカスカしにくい、フレーバーもキックも後半まで持つ感じがしました。

さて今回スタンダードモードでブーストルビーを吸ったのですが、これめちゃくちゃ美味いフレーバーですね。

ベリー感というかフルーツを感じつつやけにミルキーな味わい。

ブーストモードでは飛んでしまったフレーバーを感じます。

そしてやはり旧型gloのように、喫煙ペース等の配慮や配分がなくてもフレーバーを感じながら4分近く吸えます。

最後の方でスカスカを感じますが許容範囲ですね。

 

 

キック感が上がったと評判のglo nano

話題に一様にかっさらっているglo Proですが同時発売に旧型gloを軽量化したglo nanoも発売されています。

glo、glo シリーズ2 glo シリーズ2ミニと続いてきたgloシリーズの最新作です。

 

glo後継機、【glo nano】の正しい使い方、設定、gloとの違い、評価を完全にレビュー!その評価は?

おっさんです。 昨日は寒かったですね。 風邪等お召にならないようにご注意ください。明日には真夏日になって週末の関東は台風直撃が濃厚の様です。 関東に来てからまともな四季を体験した事がなく、年間を通して ...

続きを見る

 

glo シリーズ2 ミニの改良版でバッテリーが小さくなって軽くなった分、10本しか吸えません。

加熱時間も40秒なのでgloそのままです。

それならまだ15本吸えるミニでいいじゃんってな感じですが、ボックス型ではありますが、縦長になってなにやら喫味がちょっと変わっています。

一部ではglo nanoで吸うとキックが増すと言われています。

うん。多少キックが強くなった気がします。

スカスカ問題は残ったままですが、旧型gloほど配慮しなくても持つようになったと感じます。

内部的な変更はされていないと思いますが、今までのgloで吸うより満足感はあります。

 

glo Proスタンダードモード/ブーストモード/glo nano、どれが一番美味くgloスティックが吸えるか?

これはもう個人的な主観でしかありませんが、glo Proのスタンダードモードで吸うスティックが一番美味いです。

ついでglo nano。

glo Proのスタンダードモードで始めてストレスなくgloのフレーバーが美味いと感じる勢いです。

glo Proのブーストモードはとにかくきついタバコが吸いたい方にはお薦めです。

またglo Proのブーストモードで吸うと、しばらく焦げ臭い焼きもろこし臭が残るので、フレーバー重視の人はかなり注意が必要です。

使い道はないのか?と問われると550円のセレブスティックを吸うと、ちょうどいい感じになります。

glo Proのブーストモードを知るために発売されたスティックですからね。

意外なのはglo nanoで旧型gloより味わい深くスティックを吸うことが出来ます。

しかし喫煙本数は10本であっという間にゲームセットですが。

glo Proとglo nanoの発売以降、gloを吸う時間が増えました。

価格変動の多いgloなので定価購入は躊躇うのは分かります。

しかし加熱式タバコは全体的に価格は流動的ですし、近い時期で言うと年末商戦で値下げがあるかないかってところです。

気になる方は是非早めに買って体験してみてください。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-glo
-, , , , , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.