glo

gloの数量限定、ネオがどのgloでも適当に吸っても美味い!550円の値打ちがある!その喫煙感、メンソール、味の濃さの評価

おっさんです。

gloの猛攻が凄いことになってきました。

glo Pro/glo nanoの発売が始まって間もなく、今度はglo™sensが、11/14から全国発売されます。

今までのBATJが嘘の様な立ち回りで急展開をしている辺り、フラフラになって息遣いがハンハァー…ハンハァーと、今にも倒れそうな雰囲気からケンカキックを繰り出す、プリテンダー蝶野正洋みたいでありますが、他社の猛攻と迫撃を掻い潜っての新製品ラッシュであります。

この辺りマサさん、どうご覧になりますか?

と辻アナウンサーのマイクと同じくらい絶好調という塩梅です。

デバイスばかりに注目が集まりがちですが、フレーバーも550円という、増税でスモーカーが青色吐息な感じの時に強気な価格のネオを発売しています。

 

Sponsored Link

gloの数量限定発売、550円のネオ3フレーバー

gloと言えば豊富なフレーバーも人気の一つです。

既存のネオスティックと、吸いごたえ重視のネオシリーズと、加熱式タバコでは最多のラインナップを誇ります。

しかしgloはすぐにフレーバーや、ニコチンが飛んでしまい、スカスカになる問題を内包しています。

長年に渡りこの問題は棚上げされていましたが、アンサーがブーストモードを搭載した、glo Proの発売と言えるでしょう。

 

いよいよ登場!glo Pro!使い方や設定、どこが変わったか?を徹底紹介します!果たしてその評価は?

おっさんです。 水曜は横浜で仕事だったので、帰りは横須賀総武線で新橋で下車して、新型gloのglo Proを買って帰ろうと企てていたわけです。 glo青山は青山と言いつつ、駅で言うと表参道で結果として ...

続きを見る

 

glo Proが今までと違うところは、旧gloに準じたスタンダードモードでも、大幅に吸い心地がアップしているところです。

またBATJは旧型gloをコンパクトにスリムにしたglo nanoも同時発売。

glo nanoは旧型gloのデザイン変更なのですが、嬉しいことに若干、キックが増している事がクローズアップされています。

glo Proのブーストモードは、280℃という高温をIH加熱で行っている分、喫煙感は大幅にアップはしましたが、高温過ぎてフレーバーやニコチンが早い段階で飛んでしまう事があります。

gloの喫煙感がなくなるのは、スティックの問題ではなかろうか?という意見もありますが、今回のフレーバーで、ほぼおっさんは確定的にフレーバーの問題だという結論にいたりました。

 

 

スポンサードリンク

glo、数量限定ネオは550円を出す価値がある美味さ

glo Pro/glo nanoの発売と同時に追加された数量限定、3種ネオのネオですが、少し前に興味本位で買ってみたところ、予想以上の満足感とフレーバーの濃さに驚きました。

 

glo Proのブーストモード、スタンダードモード、glo nano。普通のスティックはどれが一番美味しいか?

おっさんです。 腰痛です。気温の低下と気圧が関係して筋肉がゴリゴリです。 いい加減鍛えろよって感じですが、いかんせん時間がありません。 ブログの更新はPCで作業しているので、長時間座るとこたえますなあ ...

続きを見る

 

買ったのは一番美味しそうな、プラムメンソールにチェリーのカプセルの【ネオ ブースト ロッサ プラス スティック】

このネオ3種は発売当時、その強気な価格設定が話題を独占しました。

なんせタバコ増税で、一斉にタバコの価格が上がって、喫煙者はタバコの価格に敏感になっていた時でしたから。

おっさんの周囲でも、流石に冷やかしか?的な意見が多くありました。

せっかくの新フレーバーで、しかも数量限定って事は期間限定という意味です。

ただglo公式サイトにもニュースリリースがなく、大きく取り上げるメディアもあまりありません。

故に、glo、ネオの期間限定フレーバーという印象しかありません。

期待される部分は、550円なりの製品なのかという部分のみです。

おっさんはgloを吸うのが苦手で、すぐにスカスカになっていました。

しかしglo Proでかなり改善されたのはありますが、550円のネオは一味違った様です。

適当に吸っても最後までフレーバーも喫煙感もあります。

気になったので残り2フレーバーも買ってみました。

ネオ ブースト アジュール プラス スティック

ネオ ブースト スカーレット プラス スティック

各20本 550円

 

本当のリピ買いという奴でどのフレーバー全部美味しいのか純粋に知りたかったからです。

 

濃厚ベリー✕ベリーの、gloネオ【ネオ アジュール プラス スティック】の味は?

ファミマのおばちゃんも在庫僅少と言ってて、前回紹介したプラム✕チェリーは売り切れていました。

レジ前にあるダミーの箱を渡して商品を受け取ります。

このアジュールはベリーメンソールにベリーカプセルという、天下一品でいう味がさねみたいなポジションで、ベリー✕ベリー。SMAP×SMAP的濃厚なベリーが味わえます。

吸った印象としては、前回のロッサと同程度の味とニコチンの濃さがあって、glo Proのブーストモード、スタンダードモード、glo nanoで吸いました。

glo Proのスタンダードモードが一番、美味しいと感じました。

ベリーの香りと唇につく甘さ、程よい喉へのキックとロッサと優劣つけがたい味わいです。

ブーストモードだと、濃厚なフレーバーが結構飛ぶのでスタンダードがおすすめです。

 

プラム✕フルーティーカプセル、gloネオ【ネオ ブースト スカーレット プラス スティック】の満足感は?

個人的に今回の550円、数量限定販売のネオではハズレっぽい印象があるスカーレットです。

多分フルーティーカプセルという曖昧なカプセルが起因していると思います。

プラムメンソールに、フルーティーカプセルという触れ込みですが、印象通り繊細なフレーバーです。

glo Proのスタンダードモード、glo nanoでは多少薄さは否めませんでしたが、glo Proのブーストモードで吸うと味もニコチンも出る出る。

その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。という感じでglo Proのブーストモードの本領を発揮する爽やかな甘さと、喉への刺激。

全フレーバーを総じてクリーミーな後味を感じます。

 

 

glo ネオの数量限定フレーバーは味も満足感も価格以上!しかし550円はきつい

glo Proにブーストモードの搭載が明らかになると、550円のフレーバーはブーストモードで味わうものではないだろうか?という予測がありましたが、好みの問題もありますが、メンソール感、喫煙感、フレーバーの強さはどれも甲乙付けがたいものです。

ロッサ→バランスがいい

アジュール→フレーバーが濃い

スカーレット→ニコチンが強い

という結論づけになりますが、フレーバーは主観が強く出るものなので、是非買って体験して欲しいところです。

また適当にスパスパ吸っても、フレーバーも喫煙感も安定している部分が一番推せます。

しかし550円はかなり痛手な出費なので、常用は厳しいかもしれません。

ここは是非BATJの手腕で、500円くらいで近いフレーバーをレギュラーメンバーで、販売して欲しいと厚かましく要望を出しておきます。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-glo
-, , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.