glo

12/10発売!glo、neo新フレーバー【クリーミー】【トロピカル】レビュー!

投稿日:

おっさんです。

あんまり年末年始関係ないはずなんですが、毎年忙しいです。

そんな事で新宿三丁目のPloom Shopに行った足で表参道のgloストア青山にも行ってきました。LINEで発売前のneo新フレーバー、【クリーミー】と【トロピカル】がストア、オンラインで事前購入出来る案内を見たからです。

実際銀座のIQOSストアやPloom Shopは仕事帰りに一駅乗り過ごせば行けるのでそんなに面倒ではありませんがgloストア青山だけは多少行くのに気合いが必要です。

新宿三丁目からだと乗り換え難易度も高くちょっと迷って閉店ギリギリの4分前に到着。閉店準備をしているところお邪魔してなんとか買うことができました。

 

 

Sponsored Link

gloのneo新フレーバーレギュラー【クリーミー】レビュー

以前からBATは新フレーバーにはかなり力が入っています。矢継ぎ早に投入してくるのし、新フレーバーは嬉しいものなのですが流石に次々と発売しすぎて話題としてはneo銘柄投入がピークという感じがします。

gloはかなり好き嫌いの分かれる加熱式タバコで、持っているけど慣れないから使わないという意見があります。細いスティックに対して、glo本体が大きく熱が強すぎて喉に合わない人や、途中からフレーバーもニコチン感も抜けてスカスカになる現象もneoでは大きく改善されず、どうしてもIQOSでタバコに近い喫煙を楽しむかプルームテックでフレーバーを楽しむかになってしまいがちです。

時期的にもかねてから案内があったJTのプルームテック新フレーバーに対抗するかの様な販売時期になっています。

プルームテックたばこカプセル、glo、neo新フレーバー対決開始!IQOSのHEETSはいつになる?

おっさんです。 コンビニでタバコを買う方は既にお気づきだと思いますが、プルームテックとgloの棚に新フレーバーの用意がされています。コンビニにとってタバコ販売はさして利益率のいい商品ではありませんが、 ...

今回はレギュラーフレーバーの【クリーミー】とブーストメンソールの【トロピカル】が12/10発売となります。何時も通り一部のたばこ店やコンビニを除き、翌日の16日に大多数の店舗に並ぶことになるでしょう。

今回は喫煙満足度を高めたneo銘柄での発売となります。風味としてはネオスティックが美味しいのですが今後neoに注力していくんでしょうか?

それでは早速gloのneo新フレーバー【トロピカル】を見ていきましょう。

IMG_1744.JPG

neo新フレーバートロピカルの特徴は【まろやかな香り】と【ほのかな甘味】のフレーバーです。開封です。

IMG_1745.JPG

開封すると銀紙に【neo】の文字が。凄い自己主張ですがジ・アルフィーのメガネがアルフィーと書かれた革ジャンを来てるような蛇足感があります。それはともかくneoのスティックです。

IMG_1746.JPG

ゴールドっぽい出で立ちですがどことなくロングピースっぽい雰囲気もあります。

IMG_1747.JPG

gloのneo新フレーバー【クリーミー】はどんな味?

開封したらちょっとフルーティーな香りがします。確かにまろやかで甘いです。甘いと言ってもベタつくような甘さではなく吸いやすい印象です。Twitterで以前にタバコ屋の方が、バニラ&マンゴーと仰っていましたがそう言われたらそうかも。意識すればバニラとマンゴーの様な気がします。

gloのレギュラーではダントツで吸いやすいく美味しいと思います。しかし最初の1.2パフで粉っぽいイガイガを強く感じたのは気になるところ。

フレーバーとニコチン感の持続はいつもと同じで最後まで持続はしませんでした。おっさんの吸い方がgloに向いてないのは多少自覚はありますが。

 

 

スポンサードリンク

gloの新フレーバー、ブーストメンソール【トロピカル】レビュー

続いてはブーストメンソールのトロピカルです。

IMG_1748.JPG

公式には爽快メンソールとトロピカルな香りとあります。gloはメンソールフレーバーには定評があるのですが、gloの使う葉たばこが加熱すると独特の臭いと風味を出すので抑える為のメンソール添加技術が高くなったのかもしれません。

ブーストはフレーバーです。開封しましょう。

IMG_1748.JPG

スティックデザインは以下です。

IMG_1749.JPG

開封した時点ではフルーティーより歯磨き粉の臭いがします。

IMG_1750.JPG

早速吸ってみましょう。

 

glo、neo新フレーバー、ブーストメンソール【トロピカル】はどんな味?

最初2パフはブーストを潰さずに吸ってみました。ゆるいフルーツ味にメンソールという感じです。次にブーストを潰してみます。

一気にメンソールとフルーツのフレーバー一番わかるのがマンゴーの味です。これは単純に考えると先程のレギュラーフレーバーのクリーミーのメンソール版と言ってもいいかもしれません。

クリーミーよりマンゴーのフレーバーはかなり多め。甘さも強く感じますがメンソールも結構強めです。確かに美味しいと感じます。

ただフレーバーは一気に感じて消えていくのも早いようですね。

 

 

gloの新フレーバーはレギュラー・メンソール・ブーストがまだまだ発売される

12/10に発売されるglo、neoの新フレーバー2種を一足早く体験しました。フレーバーの種類がダントツなgloだけあってフレーバーに整合性が出てきて、大きな外れはありません。また現在BATがモニターしているのもフレーバーのモニターでかつてない大人数で相当数の種類の製品をモニターしていて、この中の生え抜きだけが製品化されます。

IMG_1743.JPG

BATもいくら葉たばこをブレンドしたり、メンソールやフレーバーを強くしても中盤から味がなくなるスカスカ現象には手を焼いているようです。現在gloのネオスティックは低価格で販売されていますが、葉たばこの量がIQOSヒートスティックより少なく満足感アップにはギシギシに葉たばこを詰めるのが得策ですが、日本のたばこ税の性質上値上げになってしまうのが大きなネックになるでしょう。

ネオスティックが安いからgloなんだというユーザーが大挙して離れることになります。後はglo本体の加熱の改善というアプローチの方が得策と言えるでしょう。

プルームテックはスターターキットやバッテリーの販売台数こそgloを抜き去りましたがたばこカプセル自体があまり売れていない状況で、やはりIQOS一強が覆らないのですが、フィリップモリスはどんなにシェアに差があっても他社対抗の手を緩めないところに強さを感じます。

JTがプルームエスを発売してからが第二次加熱式タバコ戦争の始まりになるでしょうから新glo、glo3の開発には全力で最後まで安定して吸える加熱式タバコを目指して欲しいです。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-glo
-, , , , , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.