glo プルームテック 加熱式タバコ/禁煙/節煙

glo(11/8)プルームテック(11/13)から再販開始!特にgloは熱い戦いになりそう

投稿日:

おっさんです。

朝半分以上書いた下書きを保存してこれを書いています。山師的な勘はありませんが、コーチ屋は出来そうな気がします。

さて全国発売を来年に設定しているプルームテックはともかく万全の在庫を確保して、全国発売に挑んだgloも在庫がなくなり騒然としている昨今、gloの再販が決まり、プルームテックもかねてから発表していた数量限定販売の見通しがたって販売が再開されます。

 

今回の記事は再販購入式次第的な感じで書いていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

10/2の全国発売以来11/8(水)11時から再販開始

 

みんなのところにもメールが届いていると思いますがBATからgloが再販される的なあれです。10/2に悠々と全国発売されたもののあっという間にコンビニで売り切れた後に、gloオンラインストアでも売り切れ。しかも今まで余剰気味だった都内でも売り切れています。

BATによるとgloの出荷台数は100万台を超えていて速度で言うと初代PS以上の早さで達成しています。こら売れるわって感じなんですが大半はIQOSオーナーが併用に買っているか可能性が高いです。

 

 

そんな勢いのgloの再販が決まりました。これを長いと思うか思ったより短い期間で再販してきたと思うかは個人の判断ですが、今回買う予定はないおっさんですがちょっと長かったと思います。

 

今回はgloオンラインストアでの案内がきていますが、コンビニでの再販も始まると思います。gloオンラインストアは在庫が潤沢ですし、最大のメリットはカラーバリエーションが買える事です。

 

限定限定いいながらずっと販売されてますが欲しいカラーがあるならオンラインストア一択です。配送は佐川急便で送料は沖縄を除いて580円になっています。合計5560円になります。

 

ただ話題が話題なんで売り切れゲームになると予想してください。出遅れたら席替えの日に遅刻した奴が悪いねん理論になります。

今回のgloの在庫がいか程かはおっさんは知りませんがそうすぐにはなくならないと思います。ただ再販メールが届いた直後既にgloサイトがサーバーダウンしているので、今回から本格的にVS転売屋が敵となります。

虎落としでもマスターして挑みましょう。

 

 

スポンサードリンク

プルームテックは11/13(月)13時から数量限定販売開始、毎日13時更新で在庫がなくなり次第その日は終了

 

待たせまくる憎いアンシクショウプルームテックですが、新フレーバーの評判も上々でこちらも激戦が予想されます。

 

新フレーバーレビュー!プルームテックのたばこカプセル5種で1番おいしいのはこれだ!

おっさんです。何やらサーバーが攻撃されていてブログが開けません。 いつもご覧頂いている方には長時間ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ありません。   さてなんの予告もなく発売されたプルームテック ...

 

プルームテックは以前から発表の通り毎日の数量限定で販売されます。11/13(月)の13時から販売が始まりその日の在庫分がなくなるとその日は締めと言うやり終いです。

 

 

 

プルームテックスターターキット数量限定販売に関して

 

 

上記SSの通りプルームテックスターターキットの限定販売は11/13の13時から開始されます。

その日の在庫がなくなり次第終了になります。

翌日13時に更新されて数量限定で販売が開始されます。

一回の購入につき1台とさせて頂きます。

 

と言うことで既存プルームテックオーナーも予備はが買えるようになります。来年には全国発売を控えているプルームテックはここで胆力をつけて欲しいところですが、都内や福岡で販売のコンビニ、タバコ店で販売されている、たばこカプセル新フレーバーの扱いがオンラインショップにはまだありません。

 

まあプルームテックスターターキットと併売すれば売り易いから13日にPloomオンラインショップで同時発売される可能性は高いです。

 

この数量限定とは言え予約なしでPプルームテックが買えるのは2013/3の新発売以来の快挙ですが1年半以上かかっています。順調に全国のコンビニでIQOSやgloと並んでスターターキットやたばこカプセルが買える日がこないとわざわざオンラインショップで送料出してタバコを買おうという気にはなれないですからね。

 

 

glo、プルームテックが揃って再販開始でIQOSを狙う

 

後発のgloやプルームテックが有利なのはIQOSが切り開いた客がgloとプルームテックを買うことである程度の大きなビジネスは確実に成功することです。

フィリップモリスとJTは過去に何度か紙巻きタバコ以外のタバコの販売に関与していますが全て失敗どころか話題にもなっていない惨状から研究を重ねてIQOSが成功しています。IQOSが成功を遂げた道は実はとてつもなく偉大であると言っていいと思います。

 

ただ直近では加熱式タバコの普及に水を差すタバコ増税が控えていますが、そこは元々税率が低い加熱式タバコトリオなので低い税収分をカブってくれたら客も離れないと思います。

フィリップモリスは過去にこんな発言をしています。

 

フィリップモリス「IQOSを2年弱で300万台売った。もっと売れたらタバコ税を安くする」

おっさんです。 IQOSが発売されたのを主要都市販売の2015年9月とすると1年半になります。名古屋で先行されたのが2014年11月です。 先行販売された頃はIQOSなんて存在は全く知りませんでした。 ...

 

今思うとこれ相当含蓄のある言葉ですよ。たばこ税を安くするっていうか安かったんですから。消費者にはなんの恩恵も今はありませんが始まったばかりの市場ですからオーナーとしては投資も兼ねて長い目で見る必要があります。

各社タバコ葉が少ない分税率が低いのですからそこを今後どう分配していくかはせっかくついたお客さんがついてくるかに関わっています。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-glo, プルームテック, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.