glo

いよいよ登場!glo Pro!使い方や設定、どこが変わったか?を徹底紹介します!果たしてその評価は?

おっさんです。

水曜は横浜で仕事だったので、帰りは横須賀総武線で新橋で下車して、新型gloのglo Proを買って帰ろうと企てていたわけです。

glo青山は青山と言いつつ、駅で言うと表参道で結果として青山だろうと表参道だろうと、JR民のおっさんには非常にアクセスが悪く、おっさんが行く仕事の範囲だと、多少遠回りになりますが、新橋SL広場にgloストアが出来たのは助かります。

仕事も予定通り、14時に終わり勇み足で新橋で降りてストアに向かうと、今日の発売は一部コンビニでストア発売は明日4日からなんですよー、といきなりゲームセットを宣告されました。

当日は船橋会があり、MOQLOGさん、アイコスのトリセツさんと飲み会が予定されていました。

そこへglo Proとnanoを持って颯爽と現れて「ドヤッ!わしこうたりましたで!」くらいの勢いでイキる予定が丸つぶれ。

だからBATおまえはだめなんだよ。

 

 

Sponsored Link

10/3新型glo Pro発売!2年ぶりの本格リニューアルのデバイス

当日はMOQLOGのげんちゃんも、gloストアに寄ってうなだれて船橋まで来たそうで、こんな大事なことくらい公式でちゃんと書いとけよな!なんて言いながら飲んでいました。

翌日の4日は埼玉の大宮が現場だったので、どっかコンビニで買うかと考えておりまして、大宮駅前のローソンでゲット出来ました。

残り一台ずつだったので、焦ってポンタカード出し忘れる痛恨のミスを犯しながらも、カバンに入れて持ち帰った次第です。

普段から、ややもすればアンチgloとも取れそうな記事が多い当ブログですが、特にアンチgloってわけではありません。

褒めるところがあれば褒め、良くない事はそりゃ文句も書きますよ。

以前から言い続けてきたgloの新型はまだかと言うのが遂に実現します。

 

gloの魅力!今こそ敢えてgloを応援してみる

おっさんです。 IQOS3とIQOS3マルチの発売、続いてプルームテックプラスとPloom Sが発売されて活気づく加熱式タバコ業界です。しかし印象としては話題が長続きしない傾向にあるような気がしていま ...

続きを見る

 

glo最大のメリットは多様なフレーバーと、タフネスなバッテリーですが、すぐにフレーバーがなくなるスカスカ問題が最悪な欠点です。

一番新型デバイスが待たれていたのがgloなのに、なぜかシリーズ2や機能削減版のmini等を発売していました。

BATは加熱式タバコから撤退するかもしれない的な危惧を抱くオーナーも多くいました。

ここでBATが加熱式タバコから撤退したら、加熱式タバコ実は売れていないんだな。という印象を世間に与えかねません。

懸念されていた問題は新型glo Proとnanoの発売で一気の盛り上がってきました。

 

 

期待がかかる新型glo【glo Pro】とgloの違い

以前にも記事にまとめていますが、glo Proの特徴をおさらいしましょう。

 

glo新型デバイスIH加熱の【glo pro】と小型化された【glo nano】が10/3登場!出た情報を総まとめ

おっさんです。 昨日気を利かせて取ったばかりの書類を会社に持って行ったんですよね。 そしたら見事仕事を追加されました。 会社に需要があるうちは稼いで稼ぎまくった方が得策でもありますが、台風やらなんやら ...

続きを見る

 

大きな違いは

IH加熱

スタンダードモードとブーストモード(温度)の2モードでの喫煙

喫煙本数30本→20本

加熱時間10秒(ブーストモード)

USB TypeC

と大きく変更されました。価格は4980円です。

IH加熱とブーストモードで最大の問題であった、スカスカ問題は解決したのか画像で紹介していきます。

 

これはイケる!新型glo Proは大きく進化!その使い方を紹介

焦らしてもしょうがないので、早速本題に入りますが、gloオンラインストアとgloストア、コンビニで入手出来た方は多いでしょうか?

コンビニは流通量がシビアだったような気がします。

棚にある化粧箱からは旧型、glo Pro、glo nanoは見分けにくく、コンビニ店員もエキスパートではありませんから手に取って確認してから購入しましょう。

ヒューマンエラーで泣くに泣けない状況を招くわけにはいかないです。

そんなところで開封してみます。

画像では分かりにくいかもしれませんが、無印gloから高級感がアップしたような気がします。

ブラックも気になったのですが、本体を横切るラインが気になって目立ちにくいシャンパンが気になっていました。

在庫はシャンパンしかなくおっさん的には喜んで買えました。

同梱物です。

glo Pro本体

USB TypeCケーブル

クリーニングブラシ

ACアダプタ

インサーター各種

オーナーズマニュアル

 

glo Pro本体を見ていきましょう。

スイッチ部分のLEDがギザギザみたいになって細かくライトが分割されて、詳細なステータスを表示出来るようになっています。

さわり心地は結構いい感じです。

裏面。

モデルナンバーもG200と大きく変わっています。

上部スライダー部分も滑り止めがついて見た目も大きく異なっています。

オープンします。

底面はあまり変化がありません。

そしてUSB TypeCですがこれは嬉しい変更ですね。

旧型gloと並べると二周りほどコンパクトになりました。

スティックを入れる側に行くほど細くなってるデザインです。

 

glo Pro待望のブーストモードとスタンダードモードでスティックを吸ったらどっちが美味かったか?

新型gloのProは2つの喫煙モードを搭載しています。

平たく言えば温度変更で、スタンダードモードは従来のgloに近い240℃。glo Proから搭載されたブーストモードは280℃の高温で喫煙出来ます。

ブーストモード 加熱時間10秒 喫煙時間 3分

スタンダードモード 加熱時間 20秒 喫煙時間 4分

 

期待がかかるのはブーストモードですよねえ。

そんなことで今回はブーストアクアを購入しました。

550円する話題のネオも欲しかったのですが、売ってなかったのでこれを買いました。

 

glo Pro スタンダードモード時の喫煙感は?

スタンダード、標準ってことなのでまず標準を知っておきましょう。

スタンダードモードでスティックを吸う場合、gloのスイッチを3秒長押しです。

ここでブルっと急な尿意を感じた時みたいに震えたら指を離してスタンダードモードになります。

1パフ目 うーん

2パフ目 うーん

3パフ目 おっ?

4パフ目 結構いけるやん

5パフ目 こっから勝負やで

ですがスカスカ問題は完全とは言えないものの改善は見られました。

なによりIH加熱だからか美味しく感じます。

吸い殻も焦げ焦げ

出した瞬間、菅賢治が出てきたのかと思った勢いです。

スカスカ問題は周囲加熱の宿命だと思いますが、ここを克服したらIQOSを超えることも可能だと思います。

 

 

glo Proの目玉!ブーストモードでの喫煙感をチェック!

glo Proからの新機能であり、目玉機能とも言えるのがブーストモードの採用です。

ブーストモードでglo Proを使うには秒スイッチを長押しします。3秒時点でスタンダードモードのバイブが揺れますが、更に長押しすると短くブルッブルッとバイブが振動し、スイッチのLEDがパチ屋のネオンみたいに早く点滅します。

加熱時間10秒は驚くほど早く、鼻くそをほじってる暇もありません。

瞬時とは正にこのこと。

1パフ目はそんなには感じませんでしたが、2パフ目から結構きついキックを感じます。

スカスカはそんなにすぐに来ませんでしたが、スタンダードモードより到来は早かったです。

温度が高くなったことで多少の辛味も感じます。

しかしキック感は最後の方まで続きました。

吸い殻はこう。

これもう半分松崎しげるだろ。

スタンダードモードとブーストモードの吸い殻を並べてみます。

上がブーストモード、下がスタンダードモードですが、スタンダードモードは1分喫煙時間が長いので焦げ方に大きな違いはなかったです。

 

 

glo Proその他、気になった点はあるのか?

遂に発売されたglo Proですが今回はBATはかなり頑張ったと言えます。

スカスカ問題を残しつつではありますが、大幅にスカスカになる時間は延命されていますし、喫味は更にクリアになっています。

スカスカ問題を回避してgloを楽しみたいなら、スタンダードモード、パンチの利いたタバコが吸いたいなら、ブーストモードと好みもはっきり分かれる様に作られている部分もかなりいいです。

ブーストモード時の10秒加熱は感動すら憶えます。

反面気になったのが、ブーストモード、スタンダードモード問わず、本体が異様に熱くなることと、ブーストモード時はやはりスカります。

ブーストモードはIQOSに並ぶほどのキックを感じるのに対して、フレーバーは飛んでしまってタバコの味しかしなくなるのが早いです。

IQOSでもフレーバー付きヒートスティックの評判がいまいちなのは温度が関係していると言えます。

加熱式タバコでパーフェクトな製品はまだありません。

IQOSの評価が高いのはタバコに近い喫煙感であって臭い問題を抱えています。

その点glo Proはブーストモードでも臭いは抑えられていますが、それでもgloよりは臭います。

総合的におっさんはスタンダードモードの方が合っています。

それならgloでいいじゃんって思うかもしれませんが、glo Proの方が美味しく感じるのでぜひお試しあれ。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-glo
-, , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.