IQOS/禁煙/節煙

IQOS3のキャップも分解してクリーニング!ヒートスティックが更に美味しく吸える

おっさんです。

悲しいかな、IQOS最大の欠点である使い込めば使い込むほど味が濁ってまずくなっていくのはIQOS3でも如実に継承されています。早ければ1.2ヶ月で最初の輝きを失ったIQOSになっているのではないでしょうか?

一番の対策は日々のクリーニングしかありませんが、IQOSを蘇られせるキーアイテム、ドラクエ2で言うところのルビスの守り的なポジションなのが、キャップです。IQOS2.4PlusまでのIQOSのキャップは力技で分してクリーニングする事で大きな改善になりました。

翻ってIQOS3のキャップは抜き差しすると仕込みのような感覚がある上に斜めにカットされた構造でIQOS2.4Plusでやっていた分解に躊躇しますが。破損覚悟でやってみました。

 

 

Sponsored Link

難攻不落?IQOS3のキャップは分解しにくい?

IQOS3もIQOS2.4Plusも実は大きく変わっていません。チャージャーの構造や見た目が変わったとか、ホルダーのキャップの形状が変わったという見た目の変化はありますが、特にキャップに関しては大きな変化がありません。

ただしIQOS3のキャップは斜めにカットされています。

また内部的にもキャップを抜き差しすると金属的なカチカチという音もします。キャップはIQOS3になっていくつかの新しい仕掛けがついています。IQOSクリーニングでキャップのクリーニングは必須ですが、キャップを分解すると更にヒートスティックが美味しく吸えるのでIQOS2.4Plus時代はキャップを分解しないクリーニングなしではいられなくなります。

 

 

IQOSホルダーのキャップを分解してクリーニング!買った当時の様な吸いごたえが蘇る!

 

 

 

記事にすると難しく感じますが、手順は簡単でIQOS2.4Plusのキャップのヒートスティックを刺すとこに割り箸を入れて、上から軽く何かでレディー!カツンすると分解出来ます。後は好きなように舐め回す様にねぶり倒してクリーニングするだけです。

派遣さんが渡される企業が練り練った手順書より分かりやすいですね。

さてIQOS3のキャップもそろそろ分解したいフラストレーションが高まっているヘビーユーザーも多いのではないでしょうか?しかしIQOS3のキャップは上記の様な理由によって分をがしにくい雰囲気を持っています。ただ構造的にはそんなんに変わらないのも直感的に感じます。そこで壊すのを覚悟でIQOS3のキャップも分解しました。

 

 

スポンサードリンク

IQOS3のキャップの分解はIQOS2.4Plusと同じで大丈夫

IQOS3のキャップを分解しようという気持ちになっても、斜めにカットされているので安定してIQOS3キャップを立たせる事が出来ません。ならば安定して立たせればいいのですよ。って事で施策したのが斜めカット部分にカマシを入れること。おっさんはプリンター用紙を畳んで畳んでカマシました。

この様に幾重にも折り畳んだプリンター用紙をIQOS3キャップのカット部分にカマシます。

そしてIQOS2.4Plusキャップの分解と同様に割り箸を挿します。

で上から何かで一撃ハンマーを食らわせます。レインメーカー的な感じでOKです。おっさんはいつもエアダスター缶の底でカツンとやっています。上記の流れでIQOS3のキャップが分解出来ました。

IQOS3のキャップには金属のバネが仕込まれています。これが金属的なカチカチの元です。

バネを除けば構造は今までのIQOSキャップと同じです。

IQOS3キャップはIQOS2.4Plusと同じ様に分解出来ますが、バネが設置されたので完全クリーニングは多少厳しくなっています。分解した中身の方の外側はアルコールやClewを付けたティッシュで汚れを取ります。バネが外れると結合が厄介そうなので、軽くタッチするような感じでクリーニング。ホールはアルコール綿棒やClewでクリーニングします。

 

 

 

IQOSクリーナーの決定版!Clewをお年玉に頂いたので大量にプレゼントします

 

 

キャップ面の内側も綿棒でクリーニング。これでIQOS3キャップの分解クリーニングが出来ます。このキャップは水に付けて洗浄した後ですが、それでも多少汚れは出ます。

やはりIQOS3でもキャップの分解クリーニングは必要みたいです。

 

 

 

分解クリーニングしたIQOS3キャップの結合

さて一度バラした物は元に戻す必要があります。IQOS2.4Plusのキャップの結合はまず中身をIQOS2.4Plusのホルダーに当ててキャプを押し込むだけでした。IQOS3のキャップはバネも収める必要がありますが。そんなに難しくありません。

まずキャップの中身をホルダーに当てるまでは同じです。

ホルダー側にキャップのバネのフック穴があってまずはそこのバネを入れます。その下に更にバネのフック穴があるのでそこまではめ込みます。

ここにキャップを被せるのですが、ボタン側より反対側の筋をあわせる感じの方が綺麗に入りました。狙いを定めたら逆さまにしてホルダーを押し込みます。

これでIQOS3キャップの分解クリーニングと結合は終わりです。

以上がIQOS3キャップの分解クリーニングの方法です。

 

 

IQOS3キャップ分解クリーニングの注意点

ここまでクリーニングするとやっぱり美味しいヒートスティックのフレーバーが蘇ります。おっさんはIQOS2.4Plusではクリーニングする度にキャップを分解していました、これでIQOS3もキャップの分解クリーニングが出来ます。

しかしIQOS2.4Plusのキャップの分解に比べて多少手間もリスクも上がっています。特に分解時にカマシを入れても叩く力によっては不安定に成りやすいので破損の恐れがあります。

また結合時バネを押し込むのは簡単ですが、キャップをはめるのが少々手間がかかり下手をするとブレード折れやスイッチの損傷の可能性もありますので必ず自己責任でお願いします。

おっさんも大概不器用で力む癖があるのですが、壊れてもいいやって覚悟がある方以外は控えてください。

分解して分かったのはバネによるキャップの緩みを防いでいるのだと思います。IQOS2.4Plusより多少難解になったIQOSキャップの分解クリーニングですが、常にパーフェクトクリーニングを目指す方や、美味しいヒートスティックを目指すなら挑戦するのもありかなと思います。

どっちにしろ分解しないと綺麗にクリーニング仕切れないキャップの造り然り、積み重なって落ちないホルダーの汚れ然り。IQOSのボーナスステージは新品から1ヶ月くらいの短命の様な気がしますね。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-IQOS/禁煙/節煙
-, , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.