IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

【IQOS】歯茎のケア用品を実践した物を紹介します

おっさんです。

喫煙と歯茎の関係は密接にあります。紙巻きタバコにしてもIQOSにしてもニコチンと言う刺激物が口腔内を刺激していきます。

自宅でニコチンリキッドを足したりした経験がある方は分かりますが指についたり目に入らないように手袋やゴーグルを使って扱うのが基本になっています。

タールで汚染されて血流が悪くなって歯茎を痛めるケースもあって中々侮れません。

お酒とタバコを嗜む方はもっと歯茎の健康状態は悪くなります。

 

歯茎の健康を維持するのに必須なのは常在菌と唾液です。アルコールで口腔内が乾燥しやすくなるので保護出来る成分が減ります。

 

紙巻きタバコでは気づきにくかった歯茎の痛みがIQOSで露呈する要因ははっきりしませんが、タールによる麻痺がなくなったと言う意見もありますが、蒸気を歯茎に当てるから痛みが出るのでは?というのが最近のおっさんの解答です。

 

 

この記事の目次

Sponsored Link

IQOSや加熱式タバコで発覚した歯周病は治せません

 

おっさんをこの腐敗した世界に落とした両親と鬼束ちひろには感謝していますが、敢えて3点苦情を言うなら強制的に英語とPCのタイピングと正しい歯磨きを教えなかった事です。

正しい歯磨きっていうのは朝夕磨きましょうでもなく、学校で習うバス法でもなく、歯ブラシを斜め45度にして行うブラッシングと歯間ブラシとデンタルフロスです。

 

 

 

しかし歯周病になってしまったのは仕方ありません。そこでなってしまった歯周病は極力見つかった時点より悪化させない努力が必要になってきます。

 

 

歯周病は歯肉炎の状態で診断されれば進行を止める努力さえすればほぼ通常の歯茎として維持出来ます。それより更なるクラスチェンジを遂げた歯周炎になると厄介です。

 

歯周病が怖いところは口腔内で永きに渡りサイレントテロを行うことです。要は気づきにくく痛みが発覚した頃にはもう手遅れ。

 

まあそんな事でIQOSにしてから歯茎が痛む方は急いで歯医者に行ってください。

 

しかしここで歯医者選びが重要になります。単なる歯医者に行くと間違いなくばっすんばっすん抜歯されます。歯医者の考えでは歯周病になるような面倒臭がる患者は早めに入れ歯にしてなるべく歯磨きメンテンナスを減らそうとします。一生懸命治療しても土台が維持出来なければ意味がありませんから。

 

しかし永久歯は名称の通り永久に使うものです。抜くと替えが利きません。入れ歯の咀嚼力は自前の歯の半分以下になるのでなるべく歯を残す治療をしてくれる歯周病専門医にかかりましょう。

 

そこで正しいブラッシングとデンタルフロスの使い方を学ばないと悪化の一途を辿ります。

 

 

スポンサードリンク

IQOSでやタバコで痛んだ歯茎をこれ以上悪化させないアイテム

 

口腔ケアに関しては歯磨き以外に守る手段がありません。そこでまず虫歯にならない事が最重要ポイントになります。虫歯を繰り返して削ったり抜いたりして隙間が増えると口腔ケアはテクニックが必要になってきます。

 

虫歯も歯周病も原因は歯垢にあります。この歯垢を落とせれば虫歯にも歯周病にもなりません。これを維持するには口腔内の常在菌が黄金比で保たれている必要があるのですが一度歯周病菌に蝕まれると難しい様です。

 

虫歯はここ10年くらいでかなり減りました。減った要因は歯磨き粉の進化でフッ素入りを使えば齲歯は高確率で防げます。フッ素入り歯磨き粉でフッ素コーティングするのですが、安いフッ素入り歯磨き粉は界面活性剤が多く含まれ、ゆすぐ回数が増えてフッ素が流れてしまうのでなるべく界面活性剤や研磨剤が少ないデントチェックアップが1番適していました。

 

 

 

 

2,3回口をゆすぐだけで歯磨き粉の残っている感じが消えるので朝の歯磨きもスピーディーです。欠点は界面活性剤が少ないので泡が出にくいのと、研磨剤が少ないので歯の黄ばみ等も落ちにくいです。

 

しかし3ヶ月に一度は歯の定期検診と歯石除去とクリーニングはした方がいいです。

 

 

歯垢が残るとそれがバイオフィルムを形成するのですがこのバイオフィルムっていうのが朝起きて感じる口腔内のヌルヌル、ネバネバです。ネバネバなんか未唯に任せておけばいい話とは言え、寝起きのヌルヌルを酷く感じると歯周病の疑いは強いと考えて下さい。

このバイオフィルムとその後に出来る歯石を貫通させて歯周病菌を攻撃する術が非常に少なく次亜塩素酸を使った口腔洗浄液が着目されましたが歯科医師会の圧力で効果なし裁定が下り市販されていません。気になる方は【パーフェクトペリオ】や【エピオス】で検索してください。

 

市販されている口腔洗浄液で効果を感じたのはGUMです。

 

 

 

 

 

人気のリステリンですが日本版のみフッ素が入っていません。最近のデンタルリンスは歯ブラシ前に行う物が多いです。リステリンやシステマの洗浄液よりGUMのデンタルリンスがおっさんには長く口腔内を爽やかにしてくれます。

 

おすすめはしませんが定期的にハイターを一滴垂らしたコップに水をたっぷり入れてブクブクしますけどね。

 

 

タバコやIQOSで痛めた歯茎の磨き方順

 

 

おっさんが実践して効果があった歯磨きの仕方です。

デンタルリンス

歯ブラシ

歯間ブラシ

の順番です。はじめに歯間から手につけると後のブラッシングで汚れをねじ込む事になります。

だから上記の順番なんですが歯間ブラシ慣れるまで非常に難しく歯茎を傷つけやすいので注意です。

 

これもデントになりますがサイズが幅広く歯茎を強くするので使っています。

 

 

 

歯間ブラシは歯間の汚れや歯垢を取る目的もありますが定期的にすることで歯茎が固く強くなります。はじめは入りにくい歯間ブラシが通りやすくなってくると隙間が増えたのではなく腫れが引いたと言えます。

前歯やどうしても通らない細いところは糸ようじかフロスですが、もし歯にかぶせやブリッジを施している場合歯間から抜く時に外れにくいとズラみたいに外れることがあるので注意です。

 

 

 

タバコやIQOSによる歯茎の不調対策は進行させないこと

 

歯茎に異変を感じたらまず歯周病専門医にかかり正しいブラッシングを習ってください。歯茎の治療は難しくても悪化させないのは大きな意味があります。

健康な歯茎の方が10分で終わる歯磨きが4倍かかったりしますが替えれないにで頑張りましょう。

 

特に男は髪はともかく歯ぐらい守ろう

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.