IQOS/禁煙/節煙

【噂】年内に安い低価格版IQOSヒートスティックが発売される?

投稿日:

おっさんです。

2016年から2017年にかけて一陣の風を吹かせて始まった加熱式タバコブームですが、ユーザーはともかくタバコにまつわる事業者の間ではあれはブームであった。と言う認識になっているようです。IQOSやプルームテックの500万台売ったや400万台売ったというのはスターターキットの事ですが、タバコ会社がたばこを売るよりデバイスを売ることにプライオリティを置いてしまったのがそもそもの間違いだったかもしれません。

それでも加熱式タバコに可能性を感じて愛用していく人も多くいます。ブームの終焉や値上げと行った環境はいいとは言えませんが、タバコ会社も専用タバコを売りたいところ。そのへんの次の一手はあるのでしょうか?

 

 

Sponsored Link

タバコには一級タバコ二級タバコ三級タバコがある!加熱式にもできるのか?

タバコには等級があります。特にJT製品では分かりやすいのですが一般的にメビウスやセブンスターが一級タバコ、ハイライトが唯一の二級タバコでわかばやエコーと言った安タバコが三級タバコです。

この等級は葉たばこの部位で決まっていて茎や葉脈が多い箇所は燃焼ムラや燃えが悪くてと言った理由で、美味しいタバコでは無いということからです。JTはタバコ農家の作ったタバコ葉はクズ部分だから買い取らないと言う事が出来ずに、まとめて買う事が義務付けられています。そこで余った葉脈や茎を三級タバコとして安く販売していました。

近年一級タバコと三級タバコの価格差は縮んできており、代わりにドイツのタバコウエストが安かったりフォルテといったタバコがとても安価で購入出来ます。ウエストは380円でドイツタバコですが台湾で製造され三級タバコほどではありませんが茎や葉脈が入っているとされています。

フォルテはなんと250円ですが茎や葉脈は少ないのリトルシガーいわゆる葉巻で長さも短めとなっています。

IMG_5392.JPG

加熱式タバコでは基本的なタバコの価格が460円に設定されています。IQOSヒートスティックは10月からの増税を価格転嫁して500円に値上げすると財務省に申請しています。これは加熱式タバコブームが終わったと伝えられる現状に更に追い打ちをかけるマイナスイメージになってしまいます。

フィリップモリスの決算で露呈、IQOSブームの終わり

おっさんです。 なにやら忙しいのですが社会に重用されてる時はありがたく仕事入れることにしています。 2015年秋の登場以来常に話題の先端になっていたのがフィリップモリスの加熱式タバコIQOSです。僅か ...

続きを見る

高いスターターキットを買わされて500円のヒートスティックを買い、面倒なクリーニングをするなら紙巻きでいい。これは至極まっとうな意見です。しかしフィリップモリス的には一度IQOSに移行してもらえるとヒートスティックの売り上げ+スターターキットの売り上げが見込めるので離したくはないはずです。

実際のところ特にフィリップモリスは加熱式タバコ移行に躍起になっているのですがタバコ全体で言えば紙巻きタバコの売り上げがIQOSやglo、更に言えば自社のプルームテックに奪われたJTも後がありません。

なんとか打つ手を考えているのですが年内にフィリップモリスが低価格なヒートスティックを販売すると言う話があります。今の段階で確認が取りようもない話なのですが

 

 

スポンサードリンク

低価格版IQOSヒートスティックは価格はいくらでどう変わる?

IQOSブームが凄かった頃フィリップモリスの社長は紙巻きタバコをやめると発言して大きな波紋を呼びました。その発言をした社長は交代して紙巻きタバコも今までどおり販売していく路線に変わったようです。

当時と今ではIQOSを取り巻く環境が大きく変わってしまい、ハームリダクションとしてアメリカで大々的に発売する予定がFDAから申請を却下され、頼みの綱の日本では販売不振に陥っています。

ブームの頃に設定した目標が無茶だったと言う見方も多いのですがフィリップモリス首脳陣はとは言えここまで落ち込むとは思わなかったと嘆くほど急速に売れなくなっています。タバコ屋さん同士が情報交換をしているコミニュティや掲示板があるのですがそこでも紙巻きタバコに回帰する人が多いと報告されています。

コンビニ店員「最近ほとんどのお客さんがIQOSと普通の紙巻きタバコを買うか、IQOSやめる人が増えてます」

おっさんです。 滝のような雨で体調が芳しくありませんが昨日通院で大雨の中出かけたのですがその時紙巻きタバコが無いことに気付いてコンビニで買いました。 その時勘違いして「IQOSのメンソール!…じゃなく ...

続きを見る

紙巻きタバコも加熱式タバコも業績不振といった印象の中ソースはありませんがフィリップモリスが低価格版のヒートスティックを年内に発売予定と言う内容が書き込まれていました。スターターキットの低価格版なら余分なセット内容を削ったり保証を短くすれば可能でしょうけどヒートスティックとは驚きです。ただ考えてみればこれは不可能ではありません。

IMG_5489.JPG

そもそも日本を含むアジア圏でIQOSが売れる地域を考慮してヒートスティックの生産工場は大幅に生産向上が図られています。そこにちょっと質の悪い葉たばこを混ぜたりするのは容易と言えます。フィリップモリスは19本入りのラークを390円で販売していたりするので廉価タバコを出す用意はできるはずでヒートスティックの生産も以前ほどコストがかからなくなっているはずなので実現は十分考えられます。

むしろ普通のマルボロにグリセリンを混入してIQOSでも吸えますでも全然問題はありません。ありませんけどそうなるとIQOSで吸わないかな。クリーニング増えるし。

 

 

今紙巻きで人気なのは圧倒的にフォルテ!IQOSも安タバコのブームに乗れ!

月末金欠になるとエコーやわかばを買う人がいます。おっさんは三級タバコの雑味満載の喉にへばりつくタールの感覚が苦手で月末節約でも三級タバコは買いませんけど。ただ今の三級タバコはイメージほど安くないので愛用者は揃ってフォルテに流れているようです。

フォルテは三級タバコ値上げ蹂躙の隙間に見事に入った、鶴田に3カウントを奪われそうなハンセンを見事にカットプレーに入るブロディの様な立ち位置です。

お金があろうとタバコにおいそれとはお金を出さんよと言うお金持ちも案外多く、日常的なコストカットをタバコにしている人も多いです。だから金持ちになれるのであって、限定カラーを販売される度にヒーヒー言いながらお金を捻出しているからワンランク上になれないですよ。

IMG_0176.JPG

2016年の3月くらいまでIQOSはヒートスティックを優先的に考えていた印象があります。全国発売の延期もヒートスティックの安定供給に関わる部分がありました。その後デバイス販売を主軸に舵を切ったのですが、今やデバイスが売れないと立ち行かないぐらいの切迫感と悲壮感が見受けられます。まあ新型が控えているのでその資金としての限定カラー乱売ゾーンに突入していますが限定カラーはもう年一色でいいですよ。ブルー、レッド、ピンクを年々変わりべんたん変わりべんたんで出せば。

そこにデバイス合計500万台、でも売り上げ不振と言う結果がありデバイスを1人が複数台を持ったところで個人がヒートスティックをデバイス台数分買うことはまずありえませんし。ブレンド05や26だってまだ全国発売されていない状況の中ですがもっとヒートスティックの種類も増やして欲しいものです。

増税後低価格版が販売されればまた離れたオーナーが戻って来ることは大いにありそうです。長くIQOSオーナーをやっている人ほどIQOSを故障させない運用を身に着けてこれはたんなるタバコまたはタバコの代替でしかないということに気づいています。これは当然の考えですが。

ただフィリップモリスもここでデバイス販売のリソースを減らすのは相当不味そうな雰囲気。必死チェッカーで全板一位になるほどの必死さが最近ありますね。その必死さが嫌で限定カラーを買わなくなってしまいましたが。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-IQOS/禁煙/節煙
-, , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.