IQOS/禁煙/節煙

増税後の10/22、IQOSから新ヒートスティック【HEETS】が発売!価格は460円との情報

投稿日:

おっさんです。

間もなく増税です。このままでも価格はgloが一番安いポジションについてしまいますが、加熱式タバコシェア率最下位を活かして低価格戦争を仕掛けています。壊れた加熱式タバコどころか、互換機でさえ980円でリサイクルしてくれるキャンペーンがフィリップモリスとJTに与えた衝撃はかなりのもので、各社急いで新しいキャンペーンを展開中ですがなんせ980円が与えたインパクトは加熱式タバコ2018年の中では最大の出来事ではないでしょうか?

もちろん新機種と言う大きな転換期が近く、現行機の在庫を放出したいのはあるでしょうけど今のコストパフォーマンをコストでしか語らなくなった日本人には安いものが受けるのは明白であります。いつもならここですかさずIQOSがカウンターを仕向けるのですが今回は海外で展開されているヒートスティック【HEETS】フレーバーが日本で460円と言う低価格で増税後、発売が開始されるという噂があります。

 

 

Sponsored Link

glo、980円の衝撃!加熱式タバコは低価格戦争に突入か?

どんな加熱式タバコ、電子タバコでもお持ちいただければ980円でgloが買えますと言う衝撃のキャンペーンを始めたglo。もう真冬の空気吐いたら白なります言うて空気持って行ってもgloを980円で売ってくれんじゃないかと言う勢いです。

保証切れ、壊れたIQOS、glo、プルームテック、vape、C-Tec、互換機なんでもOK!980円でgloと交換出来る!リサイクルキャンペーン

おっさんです。 我々取材班はポンコツな加熱式タバコや電子タバコをgloストアに持ち込めば980円で新しいgloに交換してもらえる。そんな噂を聞きつけ仕事帰りに表参道駅で下車することを試みた。仕事終わり ...

続きを見る

おっさんも上記記事で保証切れのglo本体を持ち込んで新しいgloを980円でリサイクルしてきましたが、時間にして10分も必要ありませんでした。機器を持ってきてというのは割と建前を感じるので、本来ならそのまま980円でダンピングすれば手間も省けるでしょうが、ついでに余計な機器を回収しちゃおうと言う結構天才的なセンスのキャンペーンです。

まずJTが反応して友達紹介キャンペーンを今始めています。Ploom Shopでアンバサダーカードをもらってきて友達を紹介してプルームテックを買ってもらうと紹介者は好きなアクセサリがもらえるというものですが、Ploom Shopに行く手間やプレゼントがアクセサリなのでいまいちな感じがします。

IMG_5553.JPG

IQOSは以前にIQOS2.4Plusのホルダーをバラマキましたがその後3000円クーポンをバラマキ、今回はLINEでもばらまいているそうです。しかしこれはバラマキホルダーと同じく、選ばれし民にだけ、こそっと袖の下的なバラマキになっています。更に言うと増税後もgloの加熱式専用タバコは一番安いポジションを取っています。

増税後の各加熱式タバコの価格

IQOS ヒートスティック 20本入り 500円

プルームテック たばこカプセル 20本入り 490円

glo ネオシリーズ 20本入り 490円

ネオスティック 20本入り 460円

ネオスティックが最安値になっていますが、ネオスティックは新ブレンドに移行します。新ブレンドは吸いごたえアップで価格は460円と看過出来ない商品です。しかし以前にお知らせしたIQOSヒートスティックの低価格版が販売される噂。

【噂】年内に安い低価格版IQOSヒートスティックが発売される?

おっさんです。 2016年から2017年にかけて一陣の風を吹かせて始まった加熱式タバコブームですが、ユーザーはともかくタバコにまつわる事業者の間ではあれはブームであった。と言う認識になっているようです ...

続きを見る

この話に新たなリークがあったのでお伝えします。

 

 

スポンサードリンク

増税後の10/22(月)IQOSヒートスティック【HEETS】が460円で発売される?

別にコアなオーナーでなくてもフィリップモリスは海外で販売しているヒートスティックはマルボロではなく、HEETSと言う銘柄で展開されているのは有名です。

これは海外が特別なのではなく日本が特別だと思った方がいいかもしれません。マルボロからHEETSへ変更になった国はありますがマルボロと言うフィリップモリスの代表商品を冠した展開は日本を含め少数です。HEETSのフレーバーは基本的にマルボロと似た物ですが吸ってみると違いが結構あります。

フレーバー6種類+パーラメント2種+HEETS4種!IQOS(アイコス)のヒートスティック、どれが一番おいしいか

表参道のiqosストアに行った時ストア付近では流石に数名のiqosユーザを目撃しました。   久しぶりにこの記事の手直しをしますがこの記事15/10/15日に書いたんですね。出たばっかで色ん ...

続きを見る

現在日本でHEETSを入手するには海外からのお土産に頂くかeBay等の海外オークションサイトから購入するしかありません。以前からHEETSを吸いたいと願うオーナーがたくさんいました。また海外でだけ発売されているIQOSヒートスティック【パーラメント】も国内未発売です。

海外でHEETSのフレーバーはマルボロと同じく徐々に増えているそうですが、日本では増税後の10/22にHEETSブランド4種を460円で販売開始するそうです。4種について詳細は分かりませんがgloネオスティックと真っ向勝負するために低価格ヒートスティックをいよいよ投入することになったようです。

情報源はInstagramなのですが、今後徐々に情報は出てくるでしょう。低価格戦争は一気に消耗戦になる可能性はありますが今回の増税がたばこメーカー最大の思案のしどころかもしれません。

 

 

IQOSヒートスティック【HEETS】VSgloネオスティックの一騎打ちか?JT株はだだ下がり中

日本でIQOSは加熱式タバコ、電子タバコのブランドになっていますが世界シェアの90%以上が未だに日本のままと言う状況は打破出来ていません。それどころかリキッド式のvapeを海外では発売する流れになっています。もちろんBATもJTもですがニコチンリキッドの販売が認可されているので加熱式タバコにこだわる必要がないのでしょう。

しかし一度広げた国内シェアは譲れない戦いになっています。

IMG_5391.HEIC

日本はもはや裕福な国ではなくなっています。それでもIQOSがある程度今でも売れるのはお金の掛け方が一点豪華主義になっているからです。そこをどう維持していくかとなると低価格専用タバコはシェア争いには一番早いです。それに増税後に460円で発売されるなら紙巻きタバコユーザーにも大きく訴求出来ます。

スタートの時点で460円と高めの価格で始まったヒートスティックですが安くなるに越したことはありません。また元々安い価格設定のgloはこれからも何も消耗していない強い立場にあります。

加熱式タバコの遅れ、たばこカプセルの大幅な値上げ、旧三級品たばこ代替商品なし、格安たばこなしとタバコに関しては加熱式タバコ/紙巻きタバコ含めて増税にも遅れを取っている現状です。やはりタバコは吸ったぞーって気持ちになりたいのでたばこカプセルの購入は大幅に減りそうな予感ですけどPloom Shopはちょいちょい行きたい気持ちよさがあるのでもっと頑張って欲しいですねえ。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-IQOS/禁煙/節煙
-, , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.