IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOS互換機【Herbstick CS】が到着。早速IQOSとの違い等チェックした

更新日:

おっさんです。

色んなIQOSの話は今後出てくるでしょうけど今後IQOSはもっと公的な機関の調査も入ってきますそれを待つのもいいと思います。今回の騒動で離れるならそれはそれもありではないでしょうか?

 

話題の商品と言うのは水が差すような話も良く出てきます。話題過ぎて互換機まで発売されたのは既報の通りです。その後互換機を名乗るHerbstick COSは二転三転して販売されなくなってしまいました。

 

輸入の形式や話し合いが深く持たれていなかったのか。中国輸入の怖さでもありますが大きなチャンスを掴む機会があるのもまた事実です。

今週になって消えたIQOS互換機Herbstick COSに変わりHerbstick CSが流通するようになりました。おっさんは既に個人でオーダー済みだったのが届いたので今回紹介しつつIQOSとの違いを書いていきます。

 

今回の記事はHerbstick CSを推奨する記事ではありません。飽く迄ヒートスティックが吸える喫煙具として紹介しています。

スポンサードリンク

 

 

 

この記事の目次

揺れるIQOS互換機!Herbstick COSに変わりHerbstick CSが登場

 

現在当ブログではこのHerbstick COSを読者の方1名様に抽選で当たる企画をしております。応募はこちらから

 

5月上旬に旋風を巻き起こしたIQOS互換機Herbstick COSですがあっという間に売り切れ、再入荷が全くなくなってしまいました。その間Herbstick COSの予約を賜ったり違う商品名が近日発売と言う物が増えました。これは基本的にHerbstick COSの改良版のHerbstick CSと言う商品です。なぜ商品名を買変えたのか分かりませんが仕様的にはHerbstick COSのバッテリー容量をアップした製品です。

 

Herbstick cos、Herbstick cos2、Herbstick CS。IQOS本体より手に入らない乱立する互換品

おっさんです。 最近はIQOSが買えないと言う話も結構減った気がするのですが、故障率の高さから予備がどうしても必要になります。IQOS2.4Plusの買い替えメールが謎抽選の上EPARKの予約が簡単に ...

続きを見る

 

やっと税関を通ったようですね。生産が追いつかなかったのか分かりませんが昨日辺りから一気に通販で流れるようになりました。Herbstick COSはバッテリーが問題でIQOSと違ってヒートスティックのチェーンスモークが可能としていますが一回の充電で6本です。これは6本吸うと充電が必要で案外持たない部類です。

 

Herbstick COS旋風の後も結構探しましたがあったのはcigigoと言う中国の電子タバコの通販サイトでした。ここで販売されていたのはHerbstick CSで2種類の製品が選べます。75$のHerbstick COSが一回の充電で14本吸えるタイプ。85$が20本吸えるタイプです。実はおっさんがオーダーした時点では70$/80$で買えたのですがオーダーした直後から75$に値上がりしていました。

カラーもシルバー一色だったものがホワイト/ブラックが選べるようになっていました。今後はこれでしばらくは流通する物と思います。

 

 

 

IQOS互換機【Herbstick CS】到着!早速開けた

 

cigigoでオーダーしたのが5/17で届いたのが5/31。しかし不在で受け取れませんせした。やはり中国から個人輸入は2週間は見ておくべきと言うか昨日TwitterでHerbstick CSのツイートが多かったからきてるんじゃないかなとは思ってました。

で本日受け取りましたー。これがHerbstick CSです。

 

 

開封して付属品確認します。

 

 

 

左からユーザーズマニュアル、Herbstick CS本体、ブラシ/綿棒ブラシ、USBケーブルです。クリーニングキットの内容はHerbstick Ecoと同じでした。

 

 

こちらが正面です。Herbstick COSをバッテリーの大型化に伴い長くしてそれを黒いシリコンで覆った簡単な変装ですがダイブシリコンずれちゃってんですが…。

 

 

背面にUSBジャックがあります。買ったのは20本吸える方です。

 

Herbstick CSのスペック

 

 

バッテリーの規格が書いてませんがおそらく18650と言うリチウムマンガン電池ではないでしょうか?14本喫煙可能タイプが18350なので。

 

インボイス(梱包品の中身を説明する添付書)が凄くしっかりしてるなあと思ったら配送会社はFedExでした。配送会社の選択がなくてchina postを覚悟していましたがFedExで送料無料は凄い。

 

 

ちなみにステータスは処理のまま日が経過して追跡番号がメールで来たときには不在と表示されました。中国からvapeを買った経験があれば案外平気な感じですが初めてだとかなりドキドキします。

 

充電時間は凄く短かったです。

 

 

蓋はマグネットになっていてしっかり密閉できます。中身ですがIQOSホルダーに比べてものすごく小さいブレードがついています。画像では分かりにくいですがIQOSの1/5くらいの。なくてもいいんじゃないの?って思いますがヒートスティックを加熱する際には必要な様です。

 

 

ヒートスティックを差すとこんなふうになります。上部の半透明部分はゴムです。

 

早速スイッチを入れます。

 

 

スイッチを5秒長押しすると赤くなります。これはIQOSで言うLEDの点滅状態になります。これが青くなると吸えます。

 

 

これで6分半、パフ制限なく吸えます。

スポンサードリンク

 

IQOS互換機【Herbstick CS】を吸った

 

それでは早速吸ってみます。味が結構違うんですよね。IQOSより密閉する部分があるからか温度が高いのか、常に刺さりにいヒートスティックを吸ってる様な凄くドローが重く感じます。できたてのマックシェイクって言うか。

味はHerbstick CSの方がありません。但し吸った感覚、喉を襲うあの重さと言われるキック感はHerbstick CSが強いってか結構きつく感じます。

 

蒸気は凄く少ないです。IQOSホルダーの半分くらいかな。そこはちょっといいなと思いました。

 

3分くらいで軽くなってきてってかIQOSはMAX240℃近く上がるのですがHerbstick CSはMAX220±10℃になっています。なのでMAX温度はHerbstick CSの方が低いはずなんですが一気に加熱しつくす感じがあります。その動きはヴェポライザーと全く同じで中に牛魔王がいて芭蕉扇でも仰いでんのかよー。理由は素材でステンレスなので熱が逃げないからみたいです。更にHerbstick CSはステンレスをシリコンで覆ってますから熱が逃げない。上部を持つとかなり熱いです。

 

吸い殻ですがこんな感じになってます。

 

 

見慣れたヒートスティックの吸い殻とちょっと違います。

 

 

 

IQOS互換機【Herbstick CS】とIQOSホルダーで吸ったヒートスティックの吸い殻の違い

 

 

この様に製品としてはIQOSと全く違ってきています。IQOSの吸い殻と違いをみていきましょう。

 

まずIQOSホルダーで吸った吸い殻は葉が見えるほうが焦げていません。

 

 

ブレード付近が黒くなっていますが見た目は吸えてないように感じます。これは先端がIQOSホルダーの底面に密着する関係ですが中はブレードの加熱で黒焦げになっています。実はヴェポライザーはムラが出るので吸ってる最中に何回か耳かき等で入れた葉をかき混ぜる必要がありますがIQOSはブレードでその作業が不要になっています。

 

Herbstick CSの吸い殻ですがIQOSでは焦げてないところから真っ黒です。

 

 

左がIQOSホルダー右がHerbstick CSの吸い殻です。

 

 

右が真っ黒になっているのが分かります。

 

 

Herbstick CSの吸い殻を解体してみました。一部に加熱ムラがありました。

 

 

こちらがIQOSホルダーの吸い殻です。

 

手前がHerbstick CSの吸い殻、右がIQOSホルダーの吸い殻です。

 

 

フィルターの汚れですが左がIQOS、右がHerbstick CSであまり変わりはありません。

 

 

吸い殻を見るとIQOSホルダーと言うのは実に良く出来ていると関心します。Herbstick CSのブレードが短いのもIQOSの特許に触れない範囲だとこうなったのかもしれません。

スポンサードリンク

 

Herbstick CSは結局買いなのか?買えるのか?

 

さてIQOSのヒートスティックが吸える互換機Herbstick CSですが結局買いかって言うと案外返答に困ります。やはりフィリップモリスが巨額を投じて開発したIQOSとは違う物と言う事を念頭に起き飽くまでもヒートスティックが吸えるヴェポライザーくらいに思った方がいいです。Herbstick CSになってから価格も高くなっています。

 

おっさんみたいにIQOSスターターキットを複数台所持しているならコレクターズ・アイテムくらいの気持ちくらいで買うのはありですが必要性は高くありません。

ipokeと言う商品もHerbstick CSと同じ商品です。

 

Amazon

iQOS(アイコス)ヒートスティック使用可能 iQOS互換 電子タバコ iPoke(アイポケ)日本正規販売代理店iPoke Japan3か月交換保証付き

7980円ですがこの価格も難しいところですが保証の切れたIQOSの予備機が買えない方にはちょっと便利かもしれません。

 

今のところIQOSより優位なのはチェーンスモークが可能といったところです。しばらくは流通してると思いますがまたどうなるかは分かりません。販売されている業者さんは結構いるので買うなら自分に合った価格や配送をしてくれる業者さんを選んでください。質問があればコメントでもTwitter(@jyugeru_09)でもお受けしますよ。

※ヒートスティックをIQOSホルダー以外で使用するのは健康を損なう恐れがあります。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。


関連コンテンツ

人気記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 All Rights Reserved.