IQOS/禁煙/節煙

最新IQOS互換機、MSN【アイアンマン】アルミマグネシウム合金素材の豪華互換機!

更新日:

おっさんです。

最近はアクティブにタバコ関係のイベントに参加しています。そういったところで加熱式タバコ系ブログ管理者の方と、お会いしたりします。

少し前に記事にしたvape Expoに参加したのもブース出展の方から、是非来て欲しいとメールがあったからですが、vape Expoとは言う物の半数はIQOS互換機という状態でした。

今力があるのが中国企業で、その大半がIQOS互換機かPOD型のvapeに注力している関係ですが、メールを頂いた互換機はテイスティングしました。

今回はAmazonで販売が始まるとの事で、MSN(myshinetech.com)様から制作2年の気合いの入った、IQOS互換機【アイアンマン】を送って頂きました。MSN様ありがとうございます。

渾身のレビューとあい参ります。

 

 

Sponsored Link

IQOS互換機【アイアンマン】のスペック

以前参加したvape expoでもちらっとご紹介したMSN社製IQOS互換機アイアンマンです。

今回Amazonで取り扱いが開始されるので製品を送って頂きました。

 

 

アイアンマンのスペックを掻い摘まんで紹介します。特筆すべきは素材がアルミマグネシウム合金であること。正確には航空アルミマグネシウム合金で飛行機のガワの合金なのですが、剛性合金では最も軽く実用性も高い合金です。

長さはIQOS 3 Multiよりやや短め。重さ200gでそんなに重くありません。

カラバリはレッド、ブラック、シルバー、ブルーの4色です。

vape expoで実機は触っています。

 

 

Vape Expo Japan 2019に参加してきました。vaperだけでなくIQOS使いも参加して欲しいイベントです

おっさんです。 相変わらずIQOSメインでプルームテックと交互に使うという喫煙スタイルですが、vapeもたまに吸っています、以前はビルドするほどvapeに傾倒していましたが、アトマイザーの洗浄やコット ...

続きを見る

 

 

バッテリーは900mAhで連続喫煙は13~14本ぐらいとなっています。充電時間は1.5h。喫煙時間は4分です。

電源ボタンを軽く押して緑が光ると100~80%、青色で80~20%。赤色で20~0%の電池残量と確認も簡単です。

価格は4990円で今ならクーポンで500円マイナスになります。

重さはIQOS 3 Multiが50gなのに対して200gはややずっしり感じますが、手に馴染むのでそこまで持ちにくくありません。

質感はさすがに触り心地が良いです。マジンガーZの超合金みたいな高級質感で、次作はアナハイムエレクトロニクス社からガンダリウム合金で販売されそうな勢いを感じます。

 

 

スポンサードリンク

最新IQOS互換機【アイアンマン】開封

渾身の力作アイアンマンを開封してみましょう。

化粧箱は実にシンプルです。

今回はレッドを送って頂きました。

付属品です。

アイアンマン本体

USBケーブル

マニュアル

クリーニングスティック

アイアンマンはちょっとサイバーな仕上げに出来ています。

充電はスイッチの背面にあるので、なんとなく好感が持てます。単に底面充電があまり好きではない個人の話ではありますが。

ヒートスティック挿入口。

ゴールド仕立てでちょっと気分がいいのですが底面もゴールドです。

随所にゴールドが散りばめられて高級感を演出しています。

加熱方式はIQOSそのまんま的なブレードです。

USBケーブルは残念ながらTypeCではありません。

充電中はこんな感じ。バッテリー残量はカラーで確認可能ですが、上記の通りややアバウトなので、しっかり充電しておく方がいいでしょう。

付属品にあったシルバーの袋は触った感じクリーニングスティック、綿棒です。

ではアイアンマンの操作方法を説明しながら実際にヒートスティックを吸ってみましょう。

 

 

アイアンマンの操作とヒートスティックを吸った感想

IQOS 3 Multiが素晴らしいのは操作が簡単なところですが、操作まで全く同じにするといろいろ問題なのか互換機はやや操作が猥雑になります。

電源オンは電源ボタンを5秒以上長押しでスイッチ付近のIEDが白く点滅します。これでアイアンマンの電源が入りました。喫煙するには2秒以内にスイッチを3連打します。

バイブが振動したら加熱スタート。準備加熱は15秒くらいで喫煙出来るようになります。

アイアンマンは3段階の温度調整機能を備えています。喫煙中にボタンを素早く3連打で温度変更です。

白色LED。高温モード。

青色LED。低温モード。

高温モード、低温モードから3連打すると一旦中温モードの青色になります。

このときはバイブが振動しません。

吸った感想ですが、高温モードはやや苦みを感じますね。中温モードか高温から変更した低温モードだとおいしく吸えました。

IQOSに比べた喫煙感はややきつめ。アイアンマンの方がややコクが出るような印象で、IQOSとの喫煙間とは異なりますがこれが好きって方も結構いそうな味になります。

ブレード加熱なのでIQOS同様ムラなく最後までフレーバーもニコチンもあります。

吸い終わったヒートスティック。

ちょっとお湿りが緩い気がしますが、しっかり吸えています。ってかかなりガツンときます。ただ喫煙終了お知らせがなく唐突に終わるフシがあります。

電源ボタン5連打で加熱クリーニングモードになるのと形状からもクリーニングは結構楽です。

 

 

最新IQOS互換機【アイアンマン】

IQOS登場から4年、様々なIQOS互換機が誕生しています。元のIQOS以上の機能を実装してIQOSよりも安いのは当たり前。アイアンマンもその一つになります。

アルミマグネシウム合金という素材を活かし、たテッカマンみたいなフォルムもメカフェチには響く作りになっています。

今ならクーポンで500円引きですし、IQOS 3 Multiの予備にいいアイテムだといえます。

 

保証も3か月つきますし、買ってみるといい相棒、あなたの及川光博になれる逸材です。

ただ付属のマニュアルやAmazon販売ページの謎日本語と、Amazonレビューのカオスさも見逃せませんよ。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-IQOS/禁煙/節煙
-, , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.