IQOS/禁煙/節煙 プルームテック 加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOSを自由に吸える日は来るのか?分かり合えないこんな世の中じゃポイズン

おっさんです。連休の醍醐味と言えば気兼ねなく餃子が食べられる事ですね。

 

 

日に日に喫煙派には不利な情勢にしかなっていない日常ですが2020年東京オリンピックに向けてきな臭い動きがある反面ヤニ臭さは消えて行きそうな勢いです。ここはタバコ利権で食ってる族議員共にしばし頑張って頂きたいところですが、あまり明るい方向性は我々スモーカーにはなさそうです。

 

タバコ増税に加えて灰皿の大量撤去が予想されるのですが、タバコ税を高くして灰皿をなくすなんてこれは行政の怠慢にしか見えないのですが、これもタバコを吸わない人から見れば狂った屁理屈なんでしょうか?

 

受動喫煙と言うキン肉バスターばりの切り札を武器にグイグイと追い込まれております。

 

IQOSやプルームテックやgloと言うのは愛煙家に残された唯一の希望ということになります。しかしやはり世の中そうはいかないようで日本禁煙学会がこの程答えたインタビューが凄かったです。

 

 

Sponsored Link

IQOSもダメ!日本禁煙学会とは

 

日本禁煙学会とは作田学氏が代表を勤める学会とは言うものの学術的な活動はしていない会です。誕生当初から利権団体を疑われた存在ですが、受動喫煙は危険と言う説を流布した会でもあります。

 

日本禁煙学会

 

禁煙ファシズムの急先鋒なのですが禁煙ファシズムと言う胡椒を嫌い揶揄した養老孟司氏等に公開質問状を送ったりしています。

 

最近J-CASTニュースに作田氏がインタビューに答えたのですがそれがもうとんでもなかったです。

 

日本禁煙学会、マスコミのたばこ報道を強く非難 東京五輪「受動喫煙防止」の障害になっている

 

 

 

スポンサードリンク

日本の受動喫煙対策が進まないはメディアのせいだ

 

 

この学会や作田氏は禁煙派からもちょっと無理と思われているとがあるんですがまあなんて言うか砂糖は毒、炭水化物は毒みたいな思考に親しい物があります。

 

 

とりわけ受動喫煙に関して非常に御執心で今回のインタビューでもメディアが喫煙を促進している。

 

受動喫煙法案の新聞記事は反対派の意見も入れ、両論併記になる。

 

このインタビューで一番衝撃を受けたのがここですね。両論併記ってメディアとして凄く正しい事です。一方的な意見なんて大問題ですから。

 

 

民放局の報道番組の多くはJT(日本たばこ産業)がスポンサーなので、タバコに関するニュースは出ない。健康番組で出演者がタバコの危険性を訴えてもその部分は削除され、

 

いやこれ陰謀論じゃないですか。自分の意見が通らないのは自分の意見に問題があるからで、何がダメなのかと言う自己批判の下、展開していく事象をメディアがが悪いなんて言い出したら議論にならないと思いますが。

 

 

喫煙者でもある著名人が肺がんで死亡してもタバコとの関係は出ない。NHKの健康番組はタバコを取り上げてくれるが、年に1 、2 回だ。

 

それはガンで亡くなった芸能人が福島に慰問に行ったから放射能で死んだレベルの話で関連性が薄いのでは…。

 

 

JTの広告が多い夕刊紙や有力週刊誌では、禁煙派を誹謗・中傷する記事がしばしば出る。JTの国内での広告費は年間約 800億円ともいわれる。意を受けた大手広告会社はテレビ、新聞、雑誌、ネットの反タバコ記事に常時目を光らせており、出稿停止をちらつかせる。

 

禁煙派を誹謗中傷する記事なんて見るかな?少なくとも禁煙寄りの記事の方が売れるんだし。

ネットの反タバコ記事に常時目を光らせておりってあーたねえ…。少なくとも私は禁煙犬猿派のブログやHPに物申しに行ったことがなければ見たいとも思わないですよ。

 

逆に当ブログには禁煙派からのお叱りはしょっちゅうですが。

 

 

IQOSを含めタバコに纏わる利権。タバコが高くなる理由

 

 

元々タバコは塩や樟脳と同じ日本専売公社が販売していた物です。1985年まで国が販売していたんですが専売公社廃止で日本たばこ産業株式会社と言う特殊法人が発足しました。なのでタバコが税金マシマシなのは仕方がありません。

 

フィリップモリスにしてもBATにしてもこの方式に従わなければ国内流通させれません。なので酒、道路交通と同じく族議員は存在します。タバコの値上げが一筋縄では行かないのは議員がすべてタバコ増税に関して一枚岩ではないからですが族議員にはそれなりのお金が発生します。

 

トヨタの批判が出来ないマスコミですからJTが広告主なら当然タバコ批判は報道出来ません。

 

 

 

 

喫煙、禁煙問題にはこれだけの団体が介入してると言われ、その団体を維持する費用も必要になってきます。

 

コーヒーに関しても体にいいとする機関はコーヒー会社から多額の研究費が落ちていると言われています。

 

 

この多数の団体の為にタバコ税は上がる仕組みになっています。

 

 

 

IQOSだろうがvapeだろうが俺達は納得しない

 

 

タバコが無害というのは流石におっさんでも珍説だと思います。そこを覚悟で喫煙していますから。受動喫煙に関しても全く無害ではなくやはり臭いの問題と火と言う火傷を負わせる危険性を考えて吸う場所は自重すべきです。

 

 

千葉辺りだと未だに人通りごった返す道や時間帯に平気で歩きタバコをしてる人を見ますが流石にどうかなとは感じます。しかし灰皿を片っ端しから撤去してしまうとそれは問題で今まで灰皿に近接する場所内に収まっていた喫煙者がないなら仕方ない程度に路上喫煙は増えていますね。

 

10年前より明らかに道端の吸い殻は増えてます。

 

 

IQOSは無害、無臭と言う傲慢は喫煙者さえも的にする

 

 

どういうスタンスであろうがフィリップモリスがなんて言おうがIQOSはタバコなので紙巻きタバコに準ずる行動を取るのが今は正しいです。

ニコチンリキッドが認可されない日本ではこれが今出来る最大の良策なので今後開放的な議論は活発になっていくと思います。

 

松井知事の発言にもありますがこうやって行政側からアプローチしてくれる事が増えていけば議論は建設的になっていきます。

 

大阪松井知事「IQOSやったらどこでも吸うてええやん」

 

 

IQOSがある程度吸える形になって心配されるのがIQOSに便乗して紙巻きタバコを吸う人たちですがこれは絶対現れると思います。そこの対策も必要になってきます。

 

また最近では喫煙所でIQOSを吸うのを嫌うアイコサーが増えてきてアイコサーの紙巻きパージが起きていますがそこは仲良くしないといけいし、ハイライトうまー('∞')y─┛~~なおっさんに布教活動はすべきだと思います。

 

 

せっかくIQOSやプルームテック、gloと言う素晴らしい製品が認識されつつあるのでオーナーは特に気持ちよくIQOSが吸える社会作りを意識したいところです。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

 

 

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-IQOS/禁煙/節煙, プルームテック, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.