IQOS/禁煙/節煙

IQOSを4年近く使っているけど、特に体調に変化なし。健康にも不健康にもなってない

投稿日:

おっさんんです。

最近白熱するIQOS叩きですが、健康被害に関してはまだ時期尚早だとは思いますが、早めに出る杭を打ちたくて大阪生まれ大阪育ちのおっさんが、無意味に東京に持つ敵意に似た情報が散見されます。

では実際IQOSの健康被害っていうのはどの程度のものなのかってそれはもう、ここにそれ以上ない献体があり発売開始からのセルフ被験者がいます。

何を隠そう当ブログの管理者であるおっさんですが、今までIQOSと共に歩んできた健康状態をまとめていきたい所存でございます。

 

 

Sponsored Link

IQOS導入から1年未満、初期の健康状態

おっさんがIQOSを初めて買ったのが2015/9でした。この時に今で言う初代IQOSが発売されました。気になっていたので発売数日でなんとか購入しここからIQOSと送る生活が始まります。

 

 

 

マルボロの次世代タバコ。iqosをついに半額クーポンで買ったので早速レビュー。

 

 

 

しばらくは紙巻きタバコと併用が続いたのですが、1ヶ月もすればIQOSに完全移行出来ました、最初は歯茎痛や口内炎と言う口腔環境に纏わるトラブルが発生します。これにはタールの摂取量が大幅になくなり、口内が正常化する好転反応と言う意見が多いのですが、最近のおっさん的えは、1日に何度も熱波を送る影響の様な気がしています。

階段を昇る時に少し息が長持ちしたり、寝起きの歯磨きのオエーッがなくなったりといいことは多かったです。

この頃は長年紙巻きタバコで摂取していた有害物質が急に減ってIQOSの効果が一番感じられる時期でもあります。当時はIQOSがタバコのすべてを変えると考えていました。

フィリップモリスもエライもん出しよったなあ、と言うのが正直な気持ちでした。確かにIQOSのヒートスティックは当時からしてもスタンダードな紙巻きタバコの価格より20円ほど高い、460円でしたが、それもIQOSの効果に対するお布施的な考えで出せた物です。

このIQOSに関する驚異の感想は紙巻きタバコ以外のタバコの出番がなさすぎて、ゲームウォッチからゲームギアに変わった様な隔世の進化がありました。

 

 

健康だけではない、IQOS発売が及ぼした影響

IQOSが発売される以前に禁煙ブームがあって、電子タバコが注目された事があります。トップランドとかそういった簡易的なグリセリンで蒸気を口から吐く製品です。

これが電子タバコとは名ばかりで、ココアシガレットの方が味がするだけマシなレベルの出来で一瞬で廃れてしまいました。

しかしIQOS以降俄然注目されて、ランニングコストがより割安なvapeやヴェポライザーがも脚光を浴びました。電子タバコは進化していてvapeは今に適したデバイスとも言えます。

 

 

スポンサードリンク

IQOS導入から、2年まで、IQOS中期の健康状態

IQOS導入から1年は非常に健康になった気がしていました。おっさんは胃弱体質なのですが、それもマシになったなあと思い始めた頃に内蔵に異変を感じます。今までは胃潰瘍や胃炎でしたが、この時は逆流性食道炎と診断されました。

膨満感や胃酸臭いゲップが増えたのです。今で食べ過ぎた時は逆流性食道炎が発症します。これがIQOSの影響と決めつけるのは早いのですが、加齢で発症しやすい病気なので判断が難しいです。今でもですが当時からIQOSだけではなくプルームテックやglo、vape、ヴェポライザーと多岐に喫煙具を使い始めた頃です。

言えることはグリセリンとプロピレングリコールを今までの人生では考えられない早さで摂取しだしたので異変が出たのかもしれません。

とにかく今現在でも苦しんでいるのは異様に出る痰を切っても切っても去痰出来ない事で、仕事柄一日中声を出す必要があるのでかなり厄介です。健康診断は市のワンコインのを受けていますが、数字は異常なし。どころか以前より理想的な数字にもなっています。

紙巻きタバコを吸っていた頃は血圧の低さに悩んでいましたが、それも低いながら多少は改善されています。IQOSにして一時的に増えた食欲がこの頃から大幅にダウンしています。

ただ体調的には以前より良くなった気がしています。寝起きの歯磨きのオエーッも出ていません。

 

 

IQOS導入から3年以上、現在の健康状態

さてIQOS購入からIQOSを吸わない日々はありません。おっさんより遅れてIQOSにした内の人ですが最近はプルームテックプラスに完全移行しました。

 

 

 

プルームテックプラスに完全移行した人が38日ぶりにIQOSを吸った感想がとても興味深い

 

 

 

IQOSを使い始めた頃は健康な事を感じるとIQOSにしたからだとなんでもIQOSに結びつける思考になったりしました。しかし最近、俯瞰でIQOS以前とIQOS以後を見つめ直した結果ですが、実は対して変わっていないと思います。

良くもなっていないし、加齢で感じる体のヘタリ以外は悪くもなっていません。おそらく今後も変わらないと思います。

結局IQOSは特殊な方法で摂取するタバコなので、変わったプロセスが合わない人はとっくに離脱していますし、今IQOS吸っている方は紛れもなくIQOSが合う体質と言えるでしょう。

おっさんが間違いなくIQOSの影響と感じているのは痰が増えた。Twitterでも同様の悩みを抱えている方は多いみたいです。

Twitterサーチ 「IQOS 痰」

この痰ですが明らかに粘着質な中々取れない痰でこの季節は特に生産力が上がっています。

今引っ越しを検討中ですが最初に敷金を払うタイプの部屋に引っ越せたら紙巻きタバコも遠慮なく吸える事ですし、数日IQOS断ちで実験が可能です。今自宅でIQOSを断つと紙巻きタバコも吸えないので半狂乱で現状をお伝えする見苦しい事に成りかねません。

周囲の人たちからもし禁煙を決意する時は幻海師範に霊光玊を授けられた幽助がいた様な山奥で、心いくまで十分籠もってきて欲しいと懇願されるほどの殺傷能力のあるイライラを発生させるためです。

今後5年、10年吸ってなにか大きな異変が出る可能性は否定出来ませんが、結局なにも変わらなかったと工場長のミクさんフィギュアを握りしめて火葬されそうな予感です。

これからもIQOS叩きは加速していくことでしょうけどまだそれも早いのは確実ですが、何分彼奴らは今回は先手先手を打ってきているので不確かな事でも事実的に広まればいいのかもしれません。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-IQOS/禁煙/節煙
-, , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.