IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

今年もIQOSオーナーにとって辛い冬がきます。IQOSの冬対策2017.glo襲来

投稿日:

おっさんです。

明日は台風で仕事が中止になったんですが今日、期日前に行こうとしたら店内の椅子が6つくらいしかないことで行列を煽るラーメン屋みたいな長蛇の列だったので、明日投票に行ってきます。

 

ここ数日すごく寒いです。もうおっさんなんかはホモ・サピエンスのカテゴリーで最弱の方ですからすでにヒートテック上下装着しています。冬が来れば思い出すのは越年経験のあるIQOSオーナーだと思います。IQOSオーナーにとって冬は鬼門と言っていいでしょう。

 

この夏からIQOSデビューした人もこの10月とは思えない寒さの中体感されたと思いますがIQOSは冬に弱いです。IQOS2.4Plusでこの弱点が克服されたと思ったら改善されていませんでした。

 

故障、クリーニングと同じくらいIQOSのストレスがこの寒さに弱いところです。

 

 

この記事の目次

Sponsored Link

冬の朝目覚めの一服をしようとしたらIQOSが赤ランプ!これって故障?

 

おっさんはIQOSと2回冬を超えています。初期IQOSから始まりIQOSは小さなマイナーチェンジを数回行っています。まあサイレント修正とも言うべきIQOSポケットチャージャーのツメ折れの強化やブレード周りの改善等が行われ、初期IQOSとローズピンクのIQOSでは結構違ってきています。

IQOS2.4Plusはメジャーアップデートとも言うべきモデルチェンジが行われています。

 

 

この間で修正されなかった問題がIQOSの加熱システムの強化で、IQOSは冬場スイッチを入れるとヒートスティック加熱温度に到達出来ずに赤ランプが光って喫煙出来なくなる問題が残されたままになっています。

フィリップモリスのIQOSオーナーとして重点を置いている層はサーフィンやスノボーに行くような層です。おっさんは縁遠いのですが、ヘアースタイルもドレッドでズボンも秀樹ばりのパンタロンなんでしょうねえ。水面蹴りとか地獄突きとかうまそうな気配です。

 

IQOS2.4Plusになるに至ってみんなが期待したのが故障しにくくて、クリーニングが楽になってて、冬でも一発で吸えるIQOSでした。IQOS2.4Plusの画像が公開されるとIQOSから大きく変わっていないのでクリーニングは諦めるしかありませんでした。しかしこのIQOS2.4Plusで冬場は改善されていると信じたかったけ購入時期が3月だったので脆くも崩れ去った記憶です。

 

 

スポンサードリンク

例年より寒かった2017/10の時点でIQOS、IQOS2.4Plus共に赤ランプ多発

 

今年は特に8月から雨が多くて暑くなかった今年の関東の気温ですが9月にようやく晴れが続いたかと思ったら10月は雨続きで気温が一気に下落。12月並の寒さが続いています。この時すっかり忘れていた帰宅すぐにIQOSを吸おうとすると赤ランプが発生しました。

 

 

 

 

 

ひどいとIQOS2.4Plusと同時に赤ランプが発生して吸えない事案が発生しています。この赤ランプの特徴は故障の赤ランプと違って数秒は緑ランプが点滅して赤になって吸えないと言う現象です。

 

 

 

その間はgloを吸っていますが帰宅してすぐはIQOSをガツンと吸いたんですよね。

 

この寒さで加熱に至らなかった場合の赤ランプの質の悪いところは緑ランプ点滅中にヒートスティックを軽く加熱するので軽くシケモク入ることなんですよね。

対策がないかと言えば未だに決定打はありません。過去に実践した方法で多少の改善は見られます。

 

寒い日の寝起きにIQOS吸うためにIQOSを布団に入れて添い寝する

 

この冬場のIQOS赤ランプに1番多く直面するのは何と言っても寝起きです。真夜中から明け方が1番気温が下がるし長時間IQOSを触ってないからです。寝起きのヤニ切れにIQOSを吸おうとしたら赤ランプ。ダブルでイライラしますね。家で泥棒が入ってる場面に直面しているところ背後から強盗に入られたようなダブルインパクトです。

 

これを回避するにはIQOSと寝ましょう。スイッチ入れっぱなら炬燵でもいいのですが火災関係でやはり切っている方が多いと思います。そこで電気毛布や暖房が直撃する寝場所で一緒に布団に入るのがベストでした。

 

寒い日の外出中にIQOSを吸うためにポケットに入れる

 

一度寒い中でもIQOSのスイッチを入れて完走するとしばらくは赤ランプが発生しにくくなります。冬の日中に赤ランプが出るのは長時間操作をしないことにが原因です。本当は旧型IQOSなら自動クリーニングを押せばいいのですが、IQOS2.4Plusではこの機能がありません。なのでポケットに入れて冷やさない様にします。

これでも赤ランプが発生しますから完璧な方法ではありませんが。

 

冬場IQOSは赤ランプがでなくても加熱が弱く蒸気もフレーバーも弱くなる

 

ここで困った事に赤ランプを回避出来てもIQOSのヒーティングシステムは十分に機能せずにヒートスティックが思った様に加熱されない事象が起きることです。これも完全な回避方法はありません。

ただ出来ることはIQOSヒートスティックの葉のある側を口に入れて2.3回息を吹き込む息加湿をしてヒートスティックをいつもより水分を高めるぐらいしか方法はありません。冬場は乾燥もあってヒートスティックのタバコ葉に含まれる水分も飛びやすいので常にヒートスティックの蓋をして買った状態を保つ努力をして外出中は気にかけてヒートスティックの葉側を口に加えて息を送り込む癖をつける必要があります。

 

IQOSを使うに当たってこの息加湿は非常重要なテクニックで、ヒートスティックの葉が整頓して巻かれていないヒートスティックはブレードにささりにくくなりますが、息加湿をしてから葉を揉むことで刺さりやすくなります。

 

 

IQOS2.4Plusで寒さ対策が出来なかったのはgloが台頭して来た今最大のピンチを迎える

 

この記事でもすでに書いていますがIQOSが全滅した時はgloを吸っています。gloもスムース・レギュラーの発売で俄然出番が出てきていますが、このストレスからgloに移行する人は少なからず出てくると思います。

今までの冬には存在しなかったgloは気温関係なく喫煙することが可能です。IQOSに移行した中には家庭や仕事の都合でIQOSにする必要があったりタバコならなんでもいいと言う人が結構います。

そういった方にはクリーニングが楽で喫煙にストレスのないgloはアドバンテージが高いです。IQOSの暖気が終わるまでgloで繋ぐというのがIQOSオーナーには理想ですが。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.