プルームテック

日本のフィリップモリスはヒートスティックが紙巻きを超えた!JT新社長の最近のニュース記事から読み解くJTとプルームテックの全国発売

更新日:

おっさんです。

好きな食べ物は唐揚げとうどんです。

2018/1/1でJTの社長が小泉氏から寺畠氏の交代しました。小泉氏がどういった実績を上げてこられた方かは存じません。だって加熱式タバコが販売されるまでJTの社風や社長になんの関心もなかったからです。

昨年から色んなインタビューを受ける小泉氏の容貌や発言からいい印象は持ってはいません。その社長から新社長の寺畠氏にバトンされました。注目されるのは今後のJTの加熱式タバコの動きやプルームテックの展開、タバコ増税などについてですが加熱式タバコやプルームテックが注目されれるのでインタビューに引っ張りだこでそれをまとめてみました。

 

 

関連する記事

現状のIQOS、プルームテック、gloの国内シェアが明らかにダントツはやはりあの加熱式タバコ。JTは一人負け?

おっさんです。 明日は検査があるためにこの時点で絶食スタートです。飴タバコ飲料は頂きますが。 2016年の加熱式タバコと言うよりはIQOS人気で一気にシェア数を取りに来た加熱式タバコと言うジャンル。受 ...

3月でJTの社長が交代!次期社長はJTIの副社長、見えてきた?プルームテックの全国発売

おっさんです。 夜中に腹が減ってにゅうめんを作る主夫属性が高いおっさんです。 一部どころか業界やメディアはたまたユーザー層からも出遅れが取り沙汰されがちなJTの加熱式タバコの展開ですが、IQOSに溝を ...

JTがプルームテックスターターキットを2018/1/17からコンビニ販売開始!※全国発売は9月から!

おっさんです。 今年は加熱式タバコ大躍進の年になりました。2年前コンビニに飾られていた説明不足なIQOSを見て、これは物好きしか買わねえだろうなあ…。なんて思っていましたが、初めてショーケースに飾られ ...

 

 

この記事の目次

Sponsored Link

加熱式タバコの増税分は加熱式タバコとは違う価格転嫁になる

 

まずはダイヤモンドオンラインでのインタビューです。2記事で掲載されている年始のロング・インタビューになります。

 

インタビュー:単独で買収できないM&A案件、難易度高い=JT社長

加熱式たばこの増税分の価格転嫁、紙巻きと同じとは言えず=JT社長

 

インタビュー内容は上の記事の拡大版が下になる感じ。日付は1/17と1/18になっています。基本的には企業買収のM&Aに関するインタビューですがもちろん先だっての懸案になります、加熱式タバコについも触れています。

 

 

非常に大事な事ですが日本のタバコ販売に於けるフィリップモリスのタバコシェアがフィリップモリスの紙巻きタバコをヒートスティックが上回ったそうです。

 

加熱式たばこでは、フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)の「アイコス」が先行している。フィリップ・モリスによると、アイコス(ヒートスティック)のたばこ市場でのシェアは、昨年10月1日時点で14.6%。昨年7―9月期は、フィリップモリスの日本での販売は紙巻きたばこをヒートスティックが初めて上回った。

出典:加熱式たばこの増税分の価格転嫁、紙巻きと同じとは言えず=JT社長

 

元々日本のタバコのシェアはJTが常にダントツで一位は永遠のタバコベストセラーであるセブンスターが不動です。こちらにコンビニの紙巻きタバコの売り上げランキングがあります。

 

MPAC-コンビニPOSデータ-全商品売り上げランキング-タバコ

 

30銘柄中のほとんどがJT銘柄になっています。元々フィリップモリスはタバコシェアが少ないとは言え不動と考えられた紙巻きタバコのシェアを上回りました。もちろんJTやBATを含む総シェアではありませんがこれは特筆すべき早さです。

gloもあるなか更なる加熱式タバコへの移行は思った以上の早さで進むことが予想されます。

これに対しJTの寺畠社長は、

 

JTは、2018年上期から加熱式たばこ「プルーム・テック」の全国販売を開始する計画。現在は「供給能力を高めることが喫緊の課題」との認識で、生産体制の強化を進めている。また、ベネフィットを伝え、吸うことができる場所を増やすことなどに注力する。

出典:加熱式たばこの増税分の価格転嫁、紙巻きと同じとは言えず=JT社長

 

前社長小泉氏の発言を踏襲しているにとどまっています。供給を高める事が喫緊の課題としています。タバコだけに。

これはおっさんが東京近郊に住んでいるからプルームテックなんかいつでも買えると勘違いしてしまいますが、まだ2/5時点で大阪や広島や名古屋と言った6都市に拡大される前段階です。

これからデート行くのに押し枕で伸ばしたスラックスを履くコボちゃんのお父さんの状態です。まだ数に不安があるのかもしれませんが、gloもあれだけの数を出して品切れになった過去を考えると実際のところもっと多めに用意したいところなんでしょうね。

 

全国発売は2018年上期に設定しているのでいくら遅くても6/1までには全国発売されそうですけど後4ヶ月ですよ。一学期分。

 

 

スポンサードリンク

プルームテックの増税負担の価格転嫁は紙巻きタバコと同じにはならない

 

ほとんどたばこ税のかかっていないことでお馴染みのプルームテックのたばこカプセルですが、その分このリサイクルにうるさい時代に使い捨てのカートリッジを毎回同梱しています。

これなんか高機能な便箋みたいな紙になればいいのですがプラにもできなそうで、今後もっと大きな増産になってもコスト高なパーツなのは間違いありません。

紙巻きタバコの増税分はたばこ税+原材料品や流通費用等はユーザー負担になるのですがプルームテックの増税分はそうは行かないと答えています。

 

寺畠社長は「当然、消費に影響はあるが、複数年にわたって先の税が読めるようになったことで、手が打ちやすくなったとも言える。付加価値を上げて、コストを下げて、どのような価格戦略を取っていくかは、競合の動きを想定しながら対応していく」と述べた。

紙巻きたばこでは「増税分は価格転嫁することを基本に考えている」とする一方、加熱式たばこについては「(紙巻きと)100%同じように動くかは、今、お答えできない。加熱式たばこは新しい仕組みになるため、どのレベルにしていくかは各社とも模索していくことになる」と述べた。

出典:加熱式たばこの増税分の価格転嫁、紙巻きと同じとは言えず=JT社長

 

たばこ増税されるまでなんとも言えませんが、紙巻きタバコと同じような価格転嫁にするか未定で、JTが価格転嫁するのか、紙巻きタバコ以上の値上げ幅になるのかは不明と言ったところでしょうか?

 

 

英断でJTがカブってくれたらオーナーとしては助かりますが、価格は紙巻きタバコレベルでたばこカプセルの増量やカートリッジの別売で対応してくれるとオーナーとしては非常に助かります。

 

 

 

JT社長のインタビューから読み解く今後のプルームテックと全国発売

 

紙巻きタバコに関しては政府がJTに相当な配慮をしている話が産経から漏れています。これがないこともないのが今の日本です。なのでJTの体制が整うまでの段階制のたばこ増税になった可能性もあります。

なぜここまで出遅れたのか?確かに独禁法やJT法のしがらみは強くあります。しかしIQOSが世に出てプルームテックの販売を開始した頃JTはどこかでまだまだ紙巻きタバコ優位であると考えていたかもしれません。

 

 

ただシェアの低いところの逆襲と言うのは非常に怖く、フレッツやdocomoがSoftBankの急襲された過去があります。

プルームテックに求められているのは全国発売とその携行性になります。

臭いは本当に少ないのでIQOSやglo以上に非喫煙者には歓迎されることでしょう。おっさんの知り合いでセブンスター歴20年の人があっさりプルームテックに乗り換えました。

どこでも吸える気軽さには勝てんよと言っていましたが全国発売でそういう人も増えると思います。ただおっさん的にはJTの開発したタバコデバイスを体験してみたい気持ちが強くあります。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-プルームテック

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.