加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOSを筆頭に加熱式タバコブームは本当に終わったのか?Googleの検索回数をチャート化したTrendから何が人気か分かる

投稿日:

おっさんです。

昨今終わった終わったとされる加熱式タバコブームですが、勢いはなくなったものの緩やかに今後も上昇を見込めるカテゴリーではあります。

ただ人気の火の吹き方が凄かったのと、安定期に入った時期が唐突過ぎて一気にブームが去った様に感じます。実際はそうでもなくヒートスティックは売れているしプルームテックも新型は好調の様で、アクセサリ再販でもPloom Shopには人がたくさん入っています。

一際精彩を欠くgloも新フレーバーの投入に余念がありません。販売してもほぼ税金に化ける紙巻きタバコや専用タバコより、デバイス販売で稼ぎたいメーカーの思惑にズレが生じていると感じます。

今回は加熱式タバコのネットの動向から本当に終わったジャンルなのか探ってみましょう。

 

 

Sponsored Link

Google Trendで見る加熱式タバコの人気の推移

欲しい情報がある時今はネットで検索するのが主体になっています。今や検索エンジンはGoogle一強です。検索エンジンも強いジャンル等あるのでGoogleに偏るのはあまりいいとは言えませんが、近年Googleで検索された人気の動向や指標が分かるサービスがあります。

Google Trend

というサービスです。Google Trendは過去に検索された検索回数から動向を0から100で数値化し、過去から参照する事が可能です。ブログの記事を書く際に参考にするキーワードプランナーとはまた違った使い方が出来ます。

キーワードプランナーは広告を出稿する側が参考にするサイトですが、GoogleTrendはGoogle検索利用者が気になるキーワードを一見出来る便利なサービスです。

使い方は簡単で検索ボックスに調べたいキーワードを入れて検索するだけです。過去12ヶ月のところをクリックすると、過去にさかのぼって指定できます。

過去にさかのぼって指定できます。

昨今終わった終わったとされる加熱式タバコ。

フィリップモリスの決算で露呈、IQOSブームの終わり

おっさんです。 なにやら忙しいのですが社会に重用されてる時はありがたく仕事入れることにしています。 2015年秋の登場以来常に話題の先端になっていたのがフィリップモリスの加熱式タバコIQOSです。僅か ...

続きを見る

Google Trendではどうなっているか見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

2016/1/1から2019/4/17までのIQOSの検索データ推移

GoogleTrendで遡れるのは2016/1/1からなので始まりをそこに設定しました。是非とも発売前の2015/8くらいのデータも参照したかったのですがちょっと残念です。

 

上記グラフはチャートと呼ばれる物で検索回数を100までの数値にして見やすくされています。チャートをタップすれば指標が分かります。

このチャートで見ると大きな波は2016/5/1~5/7に100をになっています。IQOS2.4Plus発売間もなくで関連するイベントも多かった頃ですし、品薄が大きな話題になった時期でもあります。

当ブログの記事で言うとこの辺りでしょうか?

IQOS(アイコス)&プルームテックもどこも売り切れ問題

  ドンキ・ホーテ千葉中央店売り切れ確認。 最近ではドンキにもIQOS(アイコス)売ってるんですね。まあIQOS(アイコス)って言ってもギミックのあるタバコですから、電子タバコを置いてるドン ...

続きを見る

直前にJTのプルームテックが発売されて加熱式タバコ自体注目を浴びた時期でした。

次に注目したい箇所が2018/10/29~11/04の下降したチャートです。この時期はコンビニでもIQOS2.4Plusが山積みで販売されて、今まで品薄だったIQOS2.4Plusが一気に開放されました。と同時に当ブログにも異変があった時期です。この頃から高水準で増えていたアクセスが頭打ちになったのをはっきりとおぼえています。

2018/10/14~10/20に大きく下を売っています。話題もなくこの頃はIQOS3とIQOS3マルチの姿は見えどいつ発売か分からなかった頃とは言え、ネットでの話題もジリ貧になります。

2018/11/11~11/17はIQOS3とIQOS3マルチが発売されて大幅に上昇しています。数値も100には及びませんが少し前の落ち込みが激しかったので急上昇です。しかしIQOS渾身の新作IQOS3とIQOS3マルチはIQOS2.4Plusの様に高数値から徐々に下がるのではなく一気に下降して現在に至っています。

ただ現状的にはそこまで検索されていないワードではないですしブームが終わって誰も見向きもしないという程ではありません。

 

 

2016/1/1~2019/4/17までのプルームテックの検索データ推移

今現在の加熱式タバコ市場を牽引しているが正にプルームテックとIQOSではないでしょうか?プルームテックはIQOSから遅れる事半年で市場に投入されました。

 

 

プルームテックの検索の数値化は緩やかに右肩上がりで今後も伸びそうな気配が十分感じられます。

2017/6/25~7/1にチャートが上がっていますが、いよいよ本格再販を開始した時期ですね。

抽選予約当落者も既存オーナーも買えるPloom ShopとPloomステーションの予約方法!Ploom Shop6/29オープン

おっさんです。   なにやら暑いですねえ。今日も元気に仕事してました。   さてJTの加熱式タバコプルームテックが発売より、1年3カ月を迎え遂に都内の専門店での販売が始まりました。 ...

続きを見る

2018/7/1~7/7に大きくチャートが上がっていますが、当ブログの過去記事から察するにCROSS THE BORDERかなあと思います。

プルームテック【CROSS THE BORDER】初のデザインバッテリー7/2、各カラー4万本限定発売へ!gloコンビニ限定カラー完売してないけど大丈夫なの?

おっさんです。 おっとっと夏だぜな勢いで今日は暑かったのですが、ここ最近プルームテックのInstagramがIQOSチックな思わせぶりな投稿を増やしています。7/2に始まるプルームテックのNEW PR ...

続きを見る

2019/1/27~2/2はプルームテックプラスとPloom Sの発売で大幅上昇。プルームテックのチャートの何が凄いかって言うと2016/3の発売から2017/6頃までほぼ販売されていなかったデバイスであるにも関わらずチャートは上がっている事です。

それだけ喫煙者がJTの加熱式タバコに期待していただけにこの期間の空白さえなければかなりIQOSに肉薄していたと思いますし、フィリップモリスより先手を打っていたら、加熱式タバコもJTが最大勢力になれたかもしれません。

プルームテックではちょっときつい任務ですが。

プルームテックプラスやPloom SはGoogleTrendのチャートでは多少情報不足みたいですが参考に貼っておきます。

 

 

青いラインがPloom Sで赤がプルームテックプラス。

ユーザの関心はプルームテックプラスより、Ploom Sにも見えますがプルームテックプラスは表記に統一がなくて分散されている可能性が高いです。「プルームテックプラス」「プルームテック+」「プルームテック プラス」等。JTはPloom TECH +と表記していますがそれではデータなしでした。やはりきついタバコの方が人気なのでしょうか?

 

 

2016/1/1~2019/4/17までのgloの検索データ推移

最近は少し新型の話題が出始めているgloですがその検索データは予想通りでした。

 

大きな上昇は2017/7/2~7/8。

gloが仙台から出て一部地域で発売が開始された頃ですね。

【随時更新】東京&大阪、glo最新のコンビニ入荷状況!穴場のコンビニは?gloストア青山の予約が解禁(7/29)

おっさんです。 今日は暑かったですねえ。炎天下で仕事してるもので腕の皮がめくれています。   さて本日7/3遂に最後発の加熱式タバコ【glo】が東京と大阪に進出しました。拠点である仙台はもち ...

続きを見る

この頃の加熱式タバコ事情は本当に楽しかったし夢がありました。プルームテックがグダグダしている間隙を付き一気にgloが伸びたんでした。

次に2017/10/1~10/7。これはもうgloの全国発売です。

gloの全国発売開始は10/2と言いながら10/3が多いみたいなので10/3に買える用意をしておこう

おっさんです。 鉄剤を飲むとうんこが拭き取りにくく拭きすぎて切れて余計血が出ると言うセルフ貧血推進状態です。   さて待ちに待った今日はgloの全国発売の日ですがみなさん買えましたか?一日千 ...

続きを見る

その後バイタルは下降して今心臓マッサージレベルまで下降して横ばいになっています。これももう予想通りで全国発売以降のgloは新フレーバー発売とシリーズ2やminiと言った特に機能変更のないデザインチェンジを行ったのみです。

こう見ると加熱式タバコのモデルチェンジの重要性は売るためでなく、話題を提供して忘れられないようにする効果が得られる様です。

 

 

IQOS、プルームテック、gloの検索データ比較

上記3つのチャートを一つにまとめる事が出来ます。これで3つのチャートを一目で比較する事が可能です。

 

青いラインがIQOS、赤いラインはプルームテック、黄色がgloです。

意外かもしれませんが2017/7以降GoogleのTrend指標ではプルームテックがIQOSを超えています。全体数値で言えば僅かですがIQOSが29、プルームテック30、gloが6で、先駆けて発売されたIQOSを超えています。

2017/7からIQOSがプルームテックを超えた事がありません。なのにIQOSが一強なのはなぜかというとフィリップモリスの方が売り方が上手くて、ユーザーを掴んでいるからです。プルームテックはフィリップモリス的ななりふり構わない攻撃をしないので、IQOSの後塵を拝する状態が続いています。gloは投げた訳ではありませんがやはり新機種と言うのは影響する部分が多いのでしょう。

Google Trendのチャートが売上に関連している訳ではありませんが、常に話題を提供する必要があるのでデータとしても見やすく参考になると思います。

実のところこれと似た記事を二年前にも書こうとしたのですが、まだデータとしても面白くなくお蔵入りした経過があります。

チャートとして面白いのは特に乱高下の激しいIQOSですが、この波の荒さが話題性を物語っているとも言えます。次はプルームテックプラスの全国発売の頃に大きな波がきそうですね。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-加熱式タバコ/禁煙/節煙
-, , , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.