加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOSやプルームテック、glo等加熱式タバコは害がないと思っている。というところから論じるのはおかしい話

投稿日:

おっさんです。

前日のニュースで加熱式タバコが掲載されたらメルマガで届くようにして昼休みに気になった記事だけ読んでいます。設定したキーワードで拾った記事を送ってくるので全然約に立たない日もあれば忙しくて重大な記事を見逃す事もあります。

本日届いた記事で非常に引っかかった記事がありました。基本的に引っかかる事も多々あるのですが、例のYahoo!ニュース個人の人は読まないようにしています。

最近では露骨に嫌煙をコンテンツにしている人も増えていて、極端な論調が飛び交っていますがその手合いはあまりに気にしていません。今回は取材しないことでおなじみの産経新聞の系列であるiRONNAに掲載された、

加熱式タバコの安全神話「有害物質9割減」のトリック

という記事です。

 

 

Sponsored Link

1年前なら同意されたかもしれない加熱式タバコの安全神話について

元々の産経新聞自体があれな新聞なのですが、iRONNAとは情報発信と議論の場となるHPです。

どういうサイトかっていうのは見た人が判断すればいいのですがおっさんは個人的に好んでアクセスするようなサイトではありません。

加熱式タバコの安全神話「有害物質9割減」のトリック

この記事のオープニングでいきなり

アイコス(IQOS)やグロー(glo)プルームテック(Ploom TECH)といった加熱式タバコが日本で急速に普及してきている。

しかし、加熱式タバコには発がん物質がない、とか、健康被害がない、というような誤った認識も聞こえてきている。

出展:加熱式タバコの安全神話「有害物質9割減」のトリック

と来たものです。最近の加熱式タバコの危険性を説く人に多い入り方です。

Twitterの禁煙外来の人も必ずここから入ってきます。二番目に加熱式タバコはおしゃれだと言う感じ。まずここで加熱式タバコオーナーは勘違いしているというイメージを付けてから持論を展開していく流れです。

IMG_4238.HEIC

2017年初頭くらいまでなら有効だった意見ですが加熱式タバコが紙巻きタバコと比べマシかもしれないなあ結局タバコだしっていう終着点に辿り着いた人が多くいる中でさすがに無理があるというもの。

米ジャーナリスト「IQOSと紙巻きタバコに健康被害の差異はない」

おっさんです。 世間は慌ただしいのか小さなターミナル駅付近だと人が少ない土曜日でした。 増税と同じくIQOS周辺を賑わす話題にIQOSの健康被害が挙げられます。これはフィリップモリスの言う言い値しか公 ...

続きを見る

IQOSを使ったことがない非喫煙者の中でIQOSは体に悪くないと思っている人は多そうですが、流石にプルームテックオーナーでも健康被害がないなんて思ってないと思います。

そこからPM2.5が噴出されていて、受動喫煙がという話に持ち込むパターンなのですが、攻め方がPM2.5に持っていくなら炭火焼肉も焼き鳥もアウトじゃないですか。

 

 

スポンサードリンク

加熱式タバコ紙巻きタバコに比べて有害物質90%減の取り方

紙巻きタバコはタールが多いから凄く体に悪い、しかし加熱式タバコもニコチンを含有しているのでもちろん体に悪い。というのが最近での認識ですが確かにニコチンが劇薬です。

ニコチンリキッドが手に付いたら結構荒れます。IQOSが登場した頃フィリップモリスは従来のタバコより有害物質を90%削減したをウリ文句にしていました。これに関してはタールは大幅削減でしょうが、加熱した、瞬間に臭うおならみたな臭いからは嫌な感じがします。

90%紙巻きタバコから物質を削減しているとは言え10%有害なのです。使用者としてはこの10%の重みを感じすには居られません。

加熱式タバコ利用者は紙巻きタバコと比べて調子がよくなった方は加熱式タバコを続け、加熱式タバコで体調に異変が出たら紙巻きタバコに戻るという正にタバコは二十歳から。

大人の判断で喫煙しているに過ぎません。IQOSにしてから体調不良が続くと言うなら紙巻きタバコに戻してしまえばいいのです。

誰もこめかみに銃口を突きつけて「IQOSやめるな」という状況の人はいません。

IMG_4591.HEIC

どうしてもと言うならプルームテックはその中でもかなりマシみたいでプルームテック害悪論はプロピレングリコールを含有していることを問題視している意見が多く散見されます。ただプルームテックの場合有害性とトレードオフでタバコとしての機能が大幅になくなっています。結局美味いもんほど体に悪い理論できつい加熱式タバコほど体に悪いなのですが。

そして残った10%の中に含まれる8%くらいがニコチンということになります。

 

 

加熱式タバコの有害性を証明するにはまだまだ時間が必要

ニコチンは猛毒なのは良くわかります。ニコチンリキッドが手に付くとすぐに真っ赤になって荒れます。ただニコチンリキッドはニコチンの濃縮液体なのであって葉たばこに含有されるニコチンとは多少性質が変わっています。

日がな一日剥いた葉たばこを手に押し付けて、手が荒れたと言う人は科学者か実験者なのでこの際除外です。

減った減ったと言われる喫煙者ですが、一気に広まったIQOSや加熱式タバコに喫煙者が拠り所を求めて大移動するのを危惧して、早いうちから摘んで置きたいのかもかも知れません。

それにしても加熱式タバコを紙巻きタバコと比較するには時期尚早だと思います。

IMG_0187.JPG

葉たばこを蒸して吸うという行為に対する歴史が浅すぎるからです。

ヴェポライザーという存在はありますが現状ヴェポライザーオーナーからデータを取るには、人口が少なすぎるのが実情でしょう。

今ではIQOS、glo、プルームテックに対してこれもタバコだねという見方が多いので批判記事もアップデートして欲しいと思います。ただ現在国内外では加熱式タバコの方が有害物質が少ないというデータは出ています。

だからって迷惑をかけない様に決められた喫煙場所で吸っていますが、歩きタバコポイ捨てする人が喫煙者にとっては今の所最大の敵であることは言うまでもありません。自らの首をハンギングツリーしてる連中ですから。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-加熱式タバコ/禁煙/節煙
-, , , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.