glo IQOS/禁煙/節煙 プルームテック 加熱式タバコ/禁煙/節煙

加熱式タバコも対象!財務省がタバコ増税を検討へ!どうなるIQOS、プルームテック、glo

更新日:

おっさんです。

今日は真冬の如く寒かったですね。そんな寒い中更に寒いニュースが朝から報道されています。

 

我々喫煙者が怯えに怯えるのがタバコの増税です。2010年の大型アップデートで喫煙者がたくさん減った気もしますがあの値上げで3500億の税収が増えています。タバコ、酒、食料は少々値上げされても買う人が多いので税収は上がるのですが基本的にここ20年以上は値上げをすると売れない状態です。

衆院選も終わって早速タバコ増税のニュースが飛んできました。再任から5年でこれだけ増税を繰り返すのは経済政策は失敗しているとしか考えられません。

 

 

この記事の目次

Sponsored Link

加熱式タバコの税収の悪さが目立ちタバコいよいよ増税か?

 

タバコの税率と言うのは一様にタバコ葉の量、目方で決まっています。なのでタバコ葉の少ない順にプルームテック、IQOS、gloと税率が安い順になります。

 

IQOS、プルームテック、gloが売れすぎでたばこ税が減収!加熱式タバコに対する増税措置がくるか?

おっさんです。 一日の目標が現状維持なのですがこれが異様に難しいと感じてきました。   さてここのところ都内に連続して出ていますが都内はIQOSを中心にgloを所持してカフェ等で嗜む人が増え ...

 

詳しくは上記記事にまとめていますがプルームテックのたばこカプセルの税率は14.9%、gloネオスティックの税率36.2%、IQOSヒートスティックは49.2%となっています。紙巻きタバコの場合は63.1%が税収になっています。ただ税率が低いのになんでプルームテックのたばこカプセルやIQOSのヒートスティックは高いのかというとプルームテックの場合カートリッジを同梱していたり、新規工場と製法によるコストであり、IQOSヒートスティックの場合はコーンスターチ通常の紙巻きタバコとは違うコストもかかっています。

 

 

ただこれも生産が増えれば増えるほど低コストになるので現状どこまでがタバコ会社の利益かは分かりません。ただ各たばこ会社の加熱式タバコに対する熱の入り方を見ればゴールドラッシュを引いていると見えます。

このままタバコ会社はウハウハかと思いきや加熱式タバコでたばこ税が減収したと言う恣意的なニュースが流れました。加熱式タバコのブームでたばこ税が500減少したと言う話ですが禁煙した人もいるだろうしこの数字はどこまで加熱式タバコが与えたマイナスかははっきりしていません。

ただどんな理由があろうと本来見込めそうな税率が取れないなら毟るまでよと言わんばかりに何度かIQOSの値上げは話が出ていました。今回は2018年の税制改正に盛り込まれる見通しになっています。

 

 

スポンサードリンク

前回と同じ増税幅なら一箱510円の悪夢へ

 

タバコの増税や値上げの周期は5年ごとと言われています。前回の大増税が2010年なのであれから7年経つ事んですが、7年増税しなくてもいいくらいの大幅増税だったしその後もメーカーによる値上げもありました。

結局増税間隔が空いてもメーカーが値上げするので常に値上げしているイメージがあります。前回は一本辺り3.5円の一箱70円も増税されました。今回もそれに近い税収を見込んでいるようです。

 

加熱式たばこも対象 財務省がたばこ増税を検討

 

これが適用されるなら今回は平均的なタバコで510円、IQOSヒートスティックやプルームテックたばこカプセルは530円にもなります。gloネオスティックは490円ということです。

前回の値上げでタバコの売り上げは横ばいなので高値にされても辞められない意思の弱い、またはおっさんみたいに逆辞めるなんてケツ割りやんけぐらいの勢いの人の数は減らず増えすということになります。

 

簡単に言うと次に増税しても絶対に減らない貴重なタバコ人口になります。

 

 

もしこれで禁煙者が劇的に増えて税収が下がった場合次はもちろん酒税に本格的に手をかけてくるでしょう。喫煙者とタバコ従事者以外の賛同を確実に得られ値上げしやすいタバコはその後の増税の入り口になっています。

 

紙巻きタバコの増税から7年と言ってもIQOSの全国発売自体が昨年の5月で始まったばかりでプルームテックに至っては全国発売自体されていません。この段階で増税の話題が出るって事は本格的に増税はされそうな気配ですよね。

 

 

IQOS、プルームテック、gloは紙巻きタバコより少ない害なので本来はプリウスみたいに減税では?

 

本格的な議論は今後始まりますが本来IQOSをはじめとする加熱式タバコは有害物質を減らしたとされています。また臭いも少なめ蒸気も少なめになっています。車で言うとプリウスみたいなポジションなので本来は減税されてもいいくらい。

だってプリウスの出来の是非のともかくは減税されているわけですから。

それだけタバコ会社も嫌煙と戦って作った物になります。

 

 

加熱式タバコを利用しているオーナーも周りへの配慮や健康意識と言うのは加熱式タバコユーザーより高く持って使っているので面倒臭いクリーニングや通販を使ってでも買っている部分があります。最悪加熱式タバコ増税となってもいびつな重量辺りの課税方式も見直すべきだと思いますよね。

 

タバコに増税は付き物ですが加熱式タバコを対象にするのはあまりにも時期尚早な気がします。ただこれまでに増税は加熱式タバコは対象外、飲食店での全面禁煙議論での数度に及ぶネタ振りというのが確実にあって行き先は増税というのも分かっていましたがもう逆に一箱1000円ぐらいにしてどこでも吸わせてよ。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-glo, IQOS/禁煙/節煙, プルームテック, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.