glo IQOS/禁煙/節煙 プルームテック 加熱式タバコ/禁煙/節煙

IQOS、プルームテック、glo、vape。仲良く規制対象外へ

更新日:

おっさんです。8日夜から謎の咳と関節痛に悩まされて帰宅後もダウン。出勤のギリギリまで寝ると言う状態に陥っています。

 

 

当ブログでのIQOSやプルームテック、glo等の新型タバコ、または加熱式タバコはおそらく今後受動喫煙対策からは外されると目測しておりました。ってかむしろそのための加熱式タバコ発売だろうと見ていましたし。おっさんは愛煙家の急先鋒的に記事を買いてきましたがようやく飲食店等で喫煙してもいいよってな流れに決まりました。

 

過去幾度となく自由に吸わせろ的な事を書いていると結構メールでバトられたりしますし、罵詈雑言を受けたりします。

 

それでもようやく新型タバコは飲食店で喫煙していいとお上からお許しがでました。塩崎厚労大臣は9日にもっと安全性を確かめてからだぞって言ってたのが一夜にして証明されたようです。

 

 

 

この記事の目次

Sponsored Link

IQOSを始めとした加熱式タバコの飲食店での規制対象外

 

 

以前から議論されてきた2020年東京オリンピックに向けての禁煙議論でIQOSを筆頭にした加熱式タバコは除外すべきだと言う話ですが9日mの夜に塩崎厚労大臣からもっと安全性を検証してからなと言う会見がありました。

 

 

受動喫煙対策 「加熱式たばこ」の判断見送りへ

 

この時点で見送りと言う発表がなされました。

 

受動喫煙対策の新しい法案をめぐり、塩崎厚生労働相は、閣議後の記者会見で、「加熱式たばこ」については、規制の対象とするかどうかについて、その判断を先送りする方針を明らかにした。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00349499.html

 

その理由として

 

「(健康への影響を)科学的に分析しなくてはいけない。議論していただいている中で、法律として書き込むことは、まだ予定していない」

 

そりゃ健康に良くはないでしょう。しかし飲食店に於ける規制が受動喫煙が議題なのですから利用者本人より第三者的な立場で言うと無害とは言いませんがかなり受動喫煙リスクは減るとは思います。

 

しかしこの会見から一夜明けてこのニュースです。

 

電子たばこは禁煙対象外 厚労省の受動喫煙対策で方針

 

なんというかマッハで対象外に認定されました。

 

当初は全ての店舗を原則禁煙とする方針だったが、業界などから反発を受けて主に酒類を提供する小規模店は除外する方向で調整を進めている。

http://www.sankei.com/life/news/170210/lif1702100071-n1.html

 

まあなんていうか利権の塊的な臭いを隠そうともしないではありませんか。話は前後しますが今回の会見では

 

塩崎恭久厚生労働相は10日の閣議後記者会見で、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙の防止強化策に関し、煙が出ない加熱式たばこや、電子たばこなどの新型たばこを、飲食店などでの禁煙の対象から除外する方針を明らかにした。

http://www.sankei.com/life/news/170210/lif1702100071-n1.html

 

重要なのは加熱式タバコに加えてvapeを含む電子タバコも対象外になったところですけど、電子タバコっていうのは明らかにタバコではないのですが、自主規制の下に喫煙所で吸っていたんですよね。

 

 

スポンサードリンク

高まるタバコパージにIQOSと言う新しい議論

 

 

ようやく一つの決着がつきましたがこれからはIQOSを代表とする加熱式タバコがタバコ規制議論の中心にきそうな気がします。表立って名前が出たし世間的には加熱式タバコ=電子タバコ=新型タバコ=IQOSですから。

 

 

 

紙巻きタバコが場所を失うのは仕方がない気がします。そもそも嫌煙運動が始まったのは紙巻きタバコが広がってからですから。何度も政府が提案する喫煙の逃げ道が加熱式タバコなので早めに移行して慣れておくことをお勧めしておきます。

 

IQOSが許可された場所や歩きIQOSが許可されている自治体でも現状IQOSに便乗して紙巻きタバコの喫煙があります。

なので別に全面にIQOSに移行しなくても外出中や飲食店ではIQOS、個人的な場所では紙巻きタバコでもいいんじゃないですかねえ。

 

チェーンスモークしたい人はホルダー二個買えばいいしIQOS吸った気がしないなんて言う前に1ヶ月吸えば意見が変わると思いますよ。

 

 

IQOSや加熱式タバコより問題はvape

 

 

まずそもそもで言うと加熱式タバコは煙を出していないので受動喫煙の対象外なのは当然で何を議論しているのだ。でしかなかったわけですが、ここにきてvapeも吸えるようになりました。

 

vapeはもちろん紙巻きタバコとは理屈が大幅にズレてきます。IQOS、プルームテック、gloはタバコ葉を加熱していますがvapeに関してはタバコ葉なんか使いません。元々が禁煙アイテムです。それが独自の発展をしました。

 

 

 

 

しかしvapeと言うのは爆煙が売りです。紙巻きタバコしか得られない満足感やキック感が蒸気に置き換えられました。またリキッド次第では非常に臭いがきついです。

 

おっさんは最近上記2点の理由でvapeを持ち歩かなくなりました。

 

 

 

対象外になっても気を使って吸おう

 

 

2020年オリンピックに向けての全面禁煙に関してIQOSを代表とする加熱式タバコは難を逃れました。また今後加熱式タバコはタバコ税に関する値上げでも多少の優遇がありそうな気がします。

 

だからと言って無神経に吸いまくると新たな論争が起きかねませんし禁煙派の人はこれに全く納得していないでしょう。おっさんからしてもこのままスムーズに進むかなって言う不安はありますが常に社会的ルールを守って行動したいところですね。

 

 

 

また当ブログの更新をiPhoneやAndroidのプッシュ通知で受け取る便利な機能はPush7と言うアプリをインストールすると通知の設定をして頂けます。

Twitterはこちら(@jyugeru_09 )。Facebookページでも情報を発信しています。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

 

 

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-glo, IQOS/禁煙/節煙, プルームテック, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.