加熱式タバコ/禁煙/節煙

Ocean-C様提供、互換機じゃない初心者向け【ヴェポライザー】でタバコ代節約

投稿日:

おっさんです。

加熱式たばこの互換機メーカーで名を馳せたショップと言えば当ブログも懇意にしていただいているOcean-C様があります。プルームテック互換機で有名になって後にIQOSやgloの互換機まで発売。

ユニークな機能をたくさん実装したショップでもあります。日本の加熱式タバコオーナーの意見を機敏に取り入れる事をモットーにしているかのような印象があります。

今回はOcean-C様の提供で加熱式タバコを紹介しますが、今回は互換機ではありません。葉たばこを詰めて吸ういわゆるヴェポライザーを紹介します。

Ocean-Cのヴェポライザーとは気になりますね。Ocean-C様、いつもありがとうございます。

 

 

Sponsored Link

互換機のOcean-Cがオリジナルヴェポライザーを発売

さてさて加熱式タバコユーザーや電子タバコオーナーからはOcean-Cと言えばIQOSやプルームテックの互換機を販売している会社というイメージが色濃くあります。Ocean-Cの互換機はデジタルを実装したり、エンドレスでプルームテックたばこカプセルが吸える、USBで繋ぎっぱで吸うプルームテック等アイデア商品がたくさんあります。

Ocean-c様提供!この発想はなかった!充電しながら吸えるプルームテック互換機【P4】レビュー

おっさんです。 今年に入って大きな災害に見舞われています。喫煙者としては311のときもそうでしたがタバコはちゃんと吸いたい方に当たっているのか気になります。311の時は日本中のタバコが福島に押送されて ...

続きを見る

しかし今回は互換機ではありません。葉たばこを蒸して吸うヴェポライザーを発売しました。Ocean-C ヴェポライザーという製品です。

 

このヴェポライザーは巻きたばこ用のシャグはもちろん、紙巻きタバコの葉IQOSヒートスティックやgloネオスティックの葉も吸えます。売りにしているのはいつも吸っている紙巻きタバコを1/5に節約という触れ込みです。

これが事実なら大きな節約になりそうです。

互換機をたくさん世に送り込んできたOcean-Cがなぜ今回互換機ではないのかというところも気になりますが、Ocean-C ヴェポライザーの特徴は紙巻きタバコの葉に特化してるところです。

自宅にシャグはありますがおそらくシケシケで使い物になりそうにないので助かりました。

それでは早速開封しましょう。

 

 

スポンサードリンク

Ocean-C ヴェポライザーの使い方と設定

 

いつもおなじみのOcean-Cマークのついた化粧箱です。

中の物を出します。

Ocean-C ヴェポライザー本体

USBケーブル

クリーニングブラシ

クリーナー

ヒーティングチューブ

マニュアル

以上がOcean-C ヴェポライザーの付属品です。ヴェポライザーの本体を見ていきましょう。

 

電源ボタンと温度調節ボタンがあります。背面です。

続いて側面。

スライダーがあります。次に上部です。

上部に吸口となるマウスピース部分とUSBのコネクタがあります。最後に底面です。

ここにもスライダーがあります。各種スライダーとマウスピースは使いながら説明しましょう。

 

Ocean-C ヴェポライザーに紙巻きタバコの葉を詰める

では実際にOcean-C ヴェポライザーに紙巻きタバコの葉を詰めていきます。使うのはいつも愛用のメビウス・オプション・レッドのメンソール。

おっさんは出来るおっさんなのでタール8mgです。これより低いと極端に軽く感じてこれよりタールが多いとどんよりしんどくなるポンコツなのでずっとこれです。

これの前もマルメラを吸っていたので8mgがあっているのでしょう。今回Ocean-C ヴェポライザーで異彩を放つのが、ヒーティングチューブなるパーツです。

これをくるっと裏返すと、

ここに葉たばこを詰め込みます。紙巻きタバコをばらしましょう。

紙巻きタバコの葉があまりヴェポライザー向きではないのは、シャグと比べて茎が多かったり長いビローンとした葉が多く、詰めにくく加熱ムラを起こしやすい事からきています。ヴェポライザーで紙巻きタバコの葉を使う場合シャグでもですが、葉たばこのグラインダーがあればいいのですが、一般的にそういった小道具を一家に一台的なニュアンスでおいている事はまずありません。

この葉を詰めます。

付属のクリーナーの掻き出し棒の反対側が押し込み棒になります。Ocean-C ヴェポライザー底面のスライダーを開くとここに葉を詰めたヒーティングチューブを入れる事が出来ます。

ヒーティングチューブを入れた状態。

次に横のスライダーを上げてマウスピースを出します。この仕組みは持ち運びを考慮したものだと考えられます。

電源ボタンを素早く5連打すると電源が入り、初回は350℃になると準備加熱が完了して吸える状態になります。お気に入りの温度設定は次回以降インプットされます。

温度設定は148℃~224℃。ちょっと低めになっています。これで喫煙する用意ができました。

 

 

Ocean-C ヴェポライザーで紙巻きタバコを吸う

色んな温度を試しましたがマックス温度が一番美味しく吸えました。他のヴェポライザーでは低めに設定するのですが、Ocean-C ヴェポライザーは高温の方がいいという結論です。

吸った味は一般的なヴェポライザーと同じ味で、もちろんですが紙巻きタバコの臭さはありません。喫煙時間は5分です。ヒーティングチューブに詰める量によりますが、1本の紙巻きタバコで5回詰められるという感じはなく3回程度だと思います。

また加熱完了のバイブが振動してもそこから更に1分ほど待った方が味が出ます。

注意して欲しいところは喫煙中底面のスライダーが熱を持つので側面に指を添えてください。また喫煙が終わった後も数分置いてチャンバーからヒーティングチューブを出してもしばらく触れない熱さなので火傷に気をつけてください。

吸い殻も真っ黒にならずに黒っぽく変化した感じです。焦げるまでヴェポライザーで加熱させると辛くてあまり美味しくないのでこれくらいで十分かもしれません。

とは言えOcean-C ヴェポライザーはヴェポライザーの入門にかなり使いやすい設計ですし、タバコ代の節約にも効果的です。

 

こらからヴェポライザーを検討されている方には最適なヴェポライザーと言えます。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-加熱式タバコ/禁煙/節煙
-,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.