プルームテック

10本じゃ満足出来ない!Ploom S専用モバイルバッテリーが出たよー

投稿日:

おっさんです。

最近の加熱式タバコのホットワードは連続喫煙で頑なに1喫煙、1充電だったIQOSもIQOS3マルチで連続喫煙を実装しました。

加熱式タバコは紙巻きタバコからの移行が多いので手数は少ない方がいいです。まあ、おまえにチェックインするのと同じですよ。ただglo以外の連続喫煙はなぜか10本で高止まりしています。

外で俺は思糞吸いたいんじゃ!という御仁には中々厳しい状況ではあります。連続喫煙本数の多さとデバイスのバッテリーはトレードオフってところなんですが、スマホのバッテリー残量を気にして、Ploom Sのバッテリー残量も気にして世知辛い世の中ですよ。

そんなバッテリーの残量にさようなら。Ploom S専用モバイルバッテリーの出番です。

ちゅるるる ちゅっちゅちゅちゅあー!おまえにチェックインしてみましょう。

 

 

Sponsored Link

10本では物足りないPloom S

発売以来なにかと話題の中心になっていたのはプルームテックプラスで、見た目やスペック的にgloと丸かぶりするPloom Sはやや冷遇されていたように思います。

新型プルームテック発表記念パーティーに参加、プルームテック+とPloom Sを頂いたのでレビュー。かなりいい出来です

おっさんです。 1/17にプルームテック+とPloom Sの情報が解禁になりました。思いもよらない発売日の早さに驚きましたが、1/17、六本木にてプルームテック+とPloom Sのお披露目会がありまし ...

続きを見る

喫煙時間3分30秒で連続喫煙30本のgloに対して10本のPloom Sはスペックでも見劣り気味です。まだフレーバーも基本のフレーバーしか発売されていない分、gloで良くないか?という意見も散見されます。

使い慣れれば分かりますが、Ploom Sはgloとは全然違う製品で、gloの喫味が苦手な方には非常に有効な加熱式タバコだと思います。

Ploom S、このデバイスは使い続けないと良さが分からない

おっさんです。 大体10日に一度Ploom Shopに寄っています。基本的に乗り換えの東京駅のグランルーフに寄るのですが3/22の金曜は、何故か店内が混雑していたのですが、アクセサリ再販日だったようで ...

続きを見る

glo独特の臭いがないというか高温加熱式タバコなのに臭いがかなり控えめです。

吸い慣れるまでは軽い加熱式タバコという印象は拭えませんが、使い方をマスターすると実に美味しいデバイスです。

残念なのは10本たばこスティックを吸うと充電が切れるところです。タバコというのは1日で一箱吸うパターンが多いので帯に短し襷に長しとは正にこのことです。

その少ないバッテリーを補うモバイルバッテリーがこの度JT公認でエレコムから発売されました。

 

 

スポンサードリンク

Ploom S専用モバイルバッテリーがエレコムから発売

iPhoneにはモバイルバッテリー搭載のケースが販売されています。価格は2980円と中々に安価な設定。ガジェヲタが忌み嫌うエレコムから発売されていますが、この価格帯ならまあ安全です。

Ploom S専用モバイルバッテリーは正にPloom Sの最適化されたバッテリーです。

一応お伝えしておきますが、Ploom S専用バッテリーはJT純正ではなくJTの公認を受けてエレコムから発売されています。

付属品です。

薄々小型ですがここにバッテリーが内蔵されています。

ゲゲゲの鬼太郎の一反木綿的なロココ調の佇まいです。

表面ですがシリコンバンドがついていてここにPloom Sをホールド・ミー・タイトして一体化させる事が出来ます。

バッテリーのスペックは600mAhでPloom Sを35%充電可能です。

横から充電端子を外します。端子のコードはバッテリーとユニットになっています。

外した端子のホールの奥にUSB TypeB、のコネクタがありここから充電します。

むっちゃ奥にあるのでUSBの向きを良く確認して差し込んでください。

充電中。

アークテリクスのリュックみたいですね。なんとなくagnes bのロゴの太ったトカゲみたいにも見えます。

充電が終わるとこれでいつでもPloom Sに接続して充電する事ができますがUSBのピンがむっちゃ固くて不安になってきます。一端Ploom S本体をシリコンバンドから外して差し込みますが、規格が違うんじゃないかってくらい入りづらいです。接続出来るとこうなります。

がっちりきつい程って事はありませんが、抱いてホールド・オン・ミー。適度の締め付けで取り外しには苦労しません。

背面です。

クラーケンみたいでラムウを召喚したい気分になります。

 

背面のボタンで充電開始。

うまくつながっているとPloom Sの充電が始まります。

 

 

Ploom S専用バッテリーの評価

この様にPloom Sを充電する事の為に開発されただけあって非常に軽く、大きさも最適化されています。しかしケース一体型の様なビジュアルはかなぐり捨てていて実用第一の設計。

しかしモバイルバッテリーにしてはやや容量不足も否めません。上手くこのモバイルバッテリーを使うと1日15本程度まで吸うことが出来ます。

少ないと思うかも知れませんが仕事や学校を含む外出中に15本は中々吸えないので十分だと思います。シリコンバンドの耐久性も問題ありません。

ただ形状が形状なので他のAndroidに充電にも不向きでIQOS2.4Plusに流用しようもんなら容量不足でエラーが出るので汎用性は高くありません。

Ploom Sをメインで使っている方には非常にいいモバイルバッテリーと言えます。価格も安価なのでPloom S2台持ちを検討するなら専用モバイルバッテリーを試してみてもいいかもしれません。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-プルームテック
-, , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.