プルームテック

Ploom Sが大幅値下げで6/1から1480円で買える!これは新デバイスのフラグか?

おっさんです。

街が人だらけなのでここは、思い切ってサージカルマスクでも導入しようと思います。

非常事態宣言が解除されたからと言って、コロナウィルスが消えたわけでもないのにノーマスクの人が多いこと。

とにかく用心しておいて損はありません。

これからも大手IT企業や外資企業はリモートワークを継続って時点で色々お察しですよね。

いいことは加熱式タバコのストアが営業を再開したことですが、入店時にあのビームスプレーガンみたいなので検温は実施して欲しいですね。

そんなところで今宵のお話は、JTの高温加熱式タバコ【Ploom S】が3480円から1480円に値下げになったニュースです。

 

 

Ploom Sが6/1~3480円→1480円に価格改定

世にいう加熱式タバコ戦争は日本の場合、JTが鍵を持っていると考えています。

絶対王者に君臨するIQOSはブランディングとマーケティングが絶妙で、ブランド価値を高める事に成功しています。

紙巻きタバコ市場は国内で絶対的なシェアを誇るJTが、フィリップモリスにうまく立ち回れません。

中でも喫煙満足感にこだわったIQOSと無臭に拘ったプルームテックでは、あまりにもコンセプトが違い過ぎています。

しかし加熱式タバコブームを機会に臭いを気にする人が一定数いて、その方々がプルームテックやプルームテックプラスを熱烈支持しているので、このゾーンでJTは無双しています。

軽い軽いと揶揄されたプルームテックから改良を加えたプルームテックプラス、それにJT初の高温加熱式タバコとして発売されたPloom S。

Ploom Sは7980円で発売されました。

 

 

プルームテック+とPloom Sは1/29発売開始、予約は1/25から。プルームテック+は4980円、Ploom Sは7980円

おっさんです。 JTのプルームテック公式サイトのメンテナンスが先程、定刻通り11:00に終わり、新型プルームテックのプルームテック+とPloom Sの詳細が発表されました。 当初の予定から大きく変更さ ...

続きを見る

 

結論から言うと、Ploom Sは連続喫煙10本、200℃加熱と高温加熱式タバコとしては非常にコメントしにくい立ち位置になっています。

新規デバイスという事で、パーツも既存品を使いまわし出来なくてコストが上がったこともあり、7980円は高く感じますが当時の情勢を鑑みる、妥当若しくは安めなデバイスとも言えます。

高温加熱式タバコを謳うからにはIQOSと比べられてしまいます。

その結果が値下げ、

 

 

12/1から!JTの高温加熱式タバコ【Ploom S】が3480円に価格改定!お得か買いか?ちょっと一言どころじゃないけど意見いいすか?

おっさんです。 新しい職場でなんやかんやあれやこれやでちょっと時間がありません。 年内でいい感じに慣れるといいのですが。 さてさてJTが満を持して投入した高温加熱式タバコPloom Sですが、発売以降 ...

続きを見る

 

gloがハイパーで本格的なきつさ、重さを打ち出した事でPloom Sはもっと存在感が微妙になってしまいました。

更に今回の値下げ。

JTプレスリリース

 

という事で6/1までPloom Sの新規購入や買い増しは控えるのが無難です。

 

 

Ploom Sは失敗作だったのか?

幾度の値下げと新フレーバー投入、キャメルブランドでたばこスティックの低価格化を打ち出したものの、Ploom S昨今の加熱式タバコを大いに賑わす事はありませんでした。

その分プルームテックプラスがメインを張っていたとは言え、JTとしてはこのままでは良くないのです。

臭わない加熱式タバコより求められているのは、満足感のある加熱式タバコ。

色んな事情で渋々加熱式タバコを使っている方は少なくありません。

ややもすれば、紙巻きタバコに戻ってしまいそうなユーザーの方が圧倒的に多く、訴求して掴んで離さない。

そんなホールドオンミータイト、夢とちゃうのかい?こんな出会いは。という電撃的でエキセントリックな物が求めらます。

マーケットとしてのPloom Sは失敗だったかもしれません。

デバイスの値下げというのは利用者には有利とは言え、メーカーは苦渋の決断が必要です。

今まで築き上げてきたブランドを自ら毀損してしまい兼ねない危険性もあります。

ただ今回の1480円という価格は投げやりな価格設定ではなく、ただまあ在庫処分も孕んだ時期デバイスへのトリガーの可能性も否めません。

 

 

Ploom Sの値下げは新Ploom Sへの布石か?

流石に1480円は底値だと思います。

ここまで値下げするなら新デバイスに期待しちゃいます。

しかしPloom Sはポテンシャルは低くないので、20本喫煙と加熱方式の変更で大きく化けると見ています。

gloがIH加熱から大幅に喫煙感の増したgloハイパーが生まれた様に、周囲加熱方式はブレード方式より故障が少なく、手を加えやすい利点があります。

ブレード方式はフィリップモリスの特許が大きく絡んでいるので採用は、中々難しいと思います。

しかし対流方式にするとか、加熱時間で加熱位置が変化するとかなんらかのアイデアはなくはないでしょう。

JTユーザーが求めるJTの加熱式タバコは、紙巻きタバコの風味を色濃く継承したフレーバーが、吸える加熱式タバコでしょうし、それが実現すればJTの紙巻きタバコ遺産が火を噴く事は間違いないですが、焼く事を蒸す事で再現は出来ません。

焼き肉みたいなすき焼きがないのと同じです。

難産であったJTの高温加熱式タバコジャンルの試金石としてのPloom Sの存在は今後影響をもたらす可能性があります。

いやまあこのコロナの時代、、喫煙所はほぼ閉鎖されて他人のタバコの臭いから遠ざかってしまったので、多少臭うけどガツンとくるJTの新デバイスに期待しているユーザはー多くいるでしょうね。

とは言え一介の喫煙者の提案なんて遠に、会議で出尽くしたことなので更に上どころか斜め上を行くデバイスが出たらいいなと期待を寄せておきましょう。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-プルームテック

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2020 All Rights Reserved.