プルームテック

JTの高温加熱式タバコ【プルームエス】外側熱伝導のglo方式になる様子、専用タバコはレギュラーサイズか?

投稿日:

おっさんです。

最近はちょっと落ち着いてきた加熱式タバコのニュースラッシュですが基本的にどこかがビッグニュースを出せばカウンターで発表があります。

加熱式タバコの市場は日本ほど盛り上がる国もないので当たり前なんですが、現状ではIQOS一強となっています。偏にIQOSの支持が高いのはタバコを吸った感覚が紙巻きタバコに近いからだと言えます。

そして我が日本のプルームテックはどうにも不調のようでたばこカプセルが売れないと言う意見をコンビニ店員やタバコ屋に愚痴られる始末です。売れない理由=物足りなさの締めるウエイトは高いようで、そこへ来て発売されるJTの高温紙巻きタバコ【プルームエス】に注目が集まっています。

見た目がド級にドカベンな為に期待の閾値が下がり気味ではありますが、IQOSも連続喫煙で大型化されたIQOS3マルチはカラーによっては売り切れが出るほど人気です。

なのでプルームエスも大型化は仕方ないんじゃないかな。

 

 

Sponsored Link

打倒IQOS!JTが放つ高温加熱式タバコ【プルームエス】

遠回りするのは月がとっても綺麗な日の大月みやこで十分なんですが、JTも回り道の末に高温加熱式タバコの販売です。

プルームテックは誰にでも吸いやすいライトな加熱式タバコですが逆に言えば特徴らしい特徴がありません。JTとしてはこのままでは勝負が出来ないと言う考えは早期にあったはずです。

日本で言えば紙巻きタバコ以外のタバコの販売はなんども試みられましたがヒットする事はありませんでした。

IQOSが発売された当時も大方は失敗すると見られていましたが時節柄もあって大ヒットしてしまいました。

JTはすぐにプルームテックで対抗するも永らく買えない時期が続き安定供給される頃には加熱式タバコブームも安定していたと言う実に昨今の日本企業の見本のような失態からスタート。

しかし日本人のタバコの好みを熟知しているJTだけにIQOSやgloに近い高温加熱式タバコを発売するとわかった時は期待が高まりました。

JTの新型加熱式タバコ【プルームテックプラス】と高温加熱式タバコ【プルームエス】は2019/3発売へ!

おっさんです。 IQOSの先行販売に有利なのは平日暇な人の法則は今回も覿面すぎるくらい強かったのですが、いよいよ先行予約が始まり勢いに乗るフィリップモリスのIQOS3とIQOS3マルチですが、ここに来 ...

続きを見る

実際プルームテックに移行できた人以外で期待する方も減っているような気がする現状ですが、やはり開発費をかけたたばこカプセルから離れるのは英断だと言えます。

IMG_1063.JPG

たばこカプセルはたばこカプセルでいいのですがやはりJTらしいタバコが吸いたいです。そこでJTはプルームテックの強化版であるプルームテックプラスとプルームエスを発売します。

プルームテックプラスはPOD型アトマイザーで初代プルームと同じくPAXの製品が元か?

おっさんです。 いよいよ動き出した次期プルームテックのプルームテックプラスとプルームエスですけど、意外な事に待望の高温加熱式タバコのプルームエスよりプルームテックプラスの方が反響があります。 今回はプ ...

続きを見る

さてこのプルームエスはどんな仕組みの加熱式タバコになるか気になるところです。

 

 

スポンサードリンク

プルームエスは外側加熱式でgloタイプ

IQOSとgloは同じ高温加熱式タバコでありながら最後の一服まで喫煙感をキープするIQOSと途中でスカスカになって息途絶えるgloでは大きな差があります。

gloはネオスティックの入った外側から加熱するのに対してIQOSはブレードで奥まで刺して串焼きにするような蒸し方なので、同じ高温加熱式タバコとは言え仕組みは全く違ってきます。

このブレードで刺して加熱する方式はフィリップモリスの特許なのでJTやBATも露骨な模倣は出来ません。それでもBATはフィリップモリスに訴訟を起こされています。

フィリップモリス、BATのgloがIQOSの特許権を侵害しているとして6月に提訴していた

おっさんです。 今日もフラフラになって帰宅してかっぱ寿司から戻ってきてから更新でございます。 かつてIQOSの互換機が登場した頃フィリップモリスがどういう動きに出るか注目された時期がありました。とかく ...

続きを見る

気になるのはJTのプルームエスの加熱方式ですが、そこを見据えて新方式で出るのか期待されましたがgloを同じ外側加熱方式のようです。

AS20181031003605_comm.jpg

外側加熱方式は葉たばこを蒸して吸うヴェポライザーではスタンダードな機能です。IQOS互換機やヴェポライザーで外側加熱方式を経験してきましたが、タバコを吸ったきつさはあるのですが、蒸しムラや汚れの付着が多い製品です。

ヴェポライザーは大まかに加熱室の外側から熱する熱伝導方式と熱風を送って加熱する対流方式があります。一般的に熱対流方式の方が優れた加熱技術で流石にブレード方式は採用出来ないにしてもプルームエスでこの熱対流方式が採用されるのを期待していましたが残念です。

 

gloと同じ外側加熱でもPAXの技術ならプルームエスも期待大

とは言うものの外側加熱が全て駄目と言う訳ではなくgloがちょっとばかし軽くなるのはネオスティックがスリムタバコサイズというのが関係していると思います。

プルームエスの専用タバコのサイズ、フィルターの太さはIQOSヒートスティックや紙巻きタバコと同サイズになるものと見られています。

またプルームテックの前のモデルである初代PloomはJTが買収した会社の製品ですが、その後PloomはPAX LabsになりJTとの関係は続いています。

なので熱伝導方式とは言えPAXの技術がある程度でも使われるならglo以上、IQOSに迫る製品になる可能性もあります。

高温加熱式タバコでは最後発になるのでこの辺は詰めに詰めて詰めきった製品で発売して欲しいですね。

下手打ったチンピラが泣く程度には詰めて欲しいです。

 

 

プルームエス専用タバコはJT自社開発ここが一番気になるところ

プルームテックの喫煙感の物足りなさにJTも自社開発した加熱式タバコを!と言う声が多かった時期がありましたが、その後のJTの動きを見てこれはあかんとなって今回は買収した海外企業の技術だから安心だろうとなってしまっています。

中学に入るまでは近所にまで神童と言う名をほしいままにしたおっさんの中学以降にそっくりな展開ですが、今からdocomoが開発したスマホを出されるよりAppleやサムスンのスマホ方が安心出来るのと同じです。

ptp.jpg

しかしプルームエス専用のタバコはJTの自社開発となり、たばこカプセルはいい製品なのでここは期待出来ると思います。やはりJTはタバコ屋なのでタバコ製品のクォリティーっていうのは落とせないところがあります。

ところで名前ばかりのメビウスやマルボロやケントはそろそろやめた方がいいでしょうね。フィリップモリスはHEETSでマルボロを使うのをやめたしBATもneoはgloオリジナル銘柄です。

フォー・プルームテックってつくだけで蛇足ですし、ベトナム料理みたいですしもっと簡単な銘柄展開に期待です。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-プルームテック

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2018 All Rights Reserved.