プルームテック

プルームテックプラスが3/18から順次販売拡大!4/1から6都府県のコンビニでたばこカプセルも買える

おっさんです。

昨日もそぼろ降る雨の中、東京駅のグランルーフまで馳せ参じてプルームテックプラスのたばこカプセルを買って帰ってきました。プルームテックプラスは入手したものの、たばこカプセルを買う手段と言うのは無印プルームテックでも永らく懸案になっていた課題です。

おっさんはたまたま定期の範囲内とは言え、結構面倒ではあります。Ploom Shopに行くと大体2カートンを買って、手間を減らしていますが、このへんは交通費との兼ね合いで、オンラインで大量まとめ買いをする方が安くつくことが多いと思います。

 

 

 

Sponsored Link

3/4からプルームテックプラスとPloom SがPloom Shopで予約なしで買えるようになった

発売パニックも収まってPloom Shopの店頭予約やPloomオンラインショップでの購入が容易くなった、新型プルームテックプラスとPloom Sですが、4/1よりPloom Shopでの購入に予約が必要なくなります。

発売以来大反響のプルームテックプラスとPloom Sは、今現在購入はPloomオンラインショップでのネット通販かPloom Shopでの予約を取る必要があります。これがまあ躊躇する方には躊躇する購入手段で、近くにPloom Shopがないと言う問題もありますし、プルームテックの臭いの少なさを活かして、家族には禁煙している体でこっそりプルームテックを楽しんでいるご家庭に、突然JTからブツが届くと問い詰められること請け合いです。

大阪の頃のおっさんの友人は一旦自宅に入ったらきっぱりやめるなんて意志の強い事が出来ず、ちょこちょことコンビニに出かけてタバコを吸っていて、嫁にもバレバレなんですが、詰められる度に、そこまでシラ切るんやったらもうええわってな感じで回避しています。

いやまあ回避出来てないんですどね。認めないだけですから。今後多少そういった苦労からは逃れられる事になります。

1/29に発売されたプルームテックプラスとPloom S。

 

 

 

Ploom Shopでスタッフさんに聞いてきた!なるべく早くプルームテック+とPloom Sを買う方法、当日販売はあり?

 

 

 

発売から1週間ほどは全然買えねえじゃんって勢いでしたが、徐々に緩和されて買いやすくなっています。JT的にもプルームテックの二の舞を避けるために初動からフルバーニアンとコウ・ウラキも驚きの展開で頑張っています。

無印プルームテックの残酷な出だしが頭をよぎって、どうせプルームテックプラスもPloom Sも無印プルームテック並に買えないだろうと思っていたら、早い段階から買えるようになっています。

更に3/4から全国のPloom Shopでは予約なしでプルームテックプラス、Ploom Sスターターキットが買えるようになっています。

これは思った以上に早いペースではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

4/1から宮城・東京・愛知・大阪・広島・福岡のコンビニでプルームテックプラス、専用たばこカプセルがコンビニで買えるように

更にJTは4/1からプルームテックプラスとたばこカプセルの販路拡大を行います。販売が新たに増えるのは宮城・東京・愛知・大阪・広島・福島の6都府県。6大都市とも申しましょうか、このエリアでは予約なしで、コンビニでプルームテックプラスが買えるようになります。

以前JTがアナウンスした時期よりと同じく順調に販路が広がっています。

 

 

 

 

プルームテック+は7月に、とPloom Sは9月に全国(コンビニを含む)発売予定

 

 

 

また3/18から一部たばこ店でプルームテックプラスの先行発売を開始します。取り扱いアイテムはプルームテックプラス・スターターキットとたばこカプセルのみっぽいです。もちろん6都府県の該当地域の、おそらくJT系で無印プルームテックの販売に力が入っている大手たばこ店ですね。

おっさんとしてはこれで帰りに丸の内から八重洲まで出たりとか、銀座まで行く必要がなくなり、池袋や上野のコンビニでたばこカプセルが買えるのは利便性大幅アップですが、ヤエチカ歩くのも好きなので、たまにはグランルーフ店に寄って行こうと思います。

旗艦店はもちろん銀座店なのですが、あそこはなんか入りにくくて、以前はわざわざ新宿三丁目まで寄ってましたからね。

当分の問題であったたばこカプセルも4/1移行解決される方も多いのではないでしょうか?

 

 

プルームテックも発売から3周年!プルームテックプラスとPloom Sで今後どうなるのか?

3月でプルームテックが発売されて3年経ちます。実際この3年はJTにとって苦悩の3年だったことでしょう。

紙巻きタバコ以外のタバコがヒットしない日本でいとも容易く(ではありませんが)IQOSが売れたかと思うと、広がる溝は埋まりそうもない早さでIQOSが中心になって売れていました。

加熱式タバコと言えば?だけでなく電子タバコと言えばIQOSと言われるほどに非喫煙者も知る認知度になっています。プルームテックの出遅れ方は並大抵ではなく、gloを抜いたと言ってもIQOSまでの差が大きすぎました。

ただ最近のフィリップモリスのJTへの当てつけ方が尋常ではないので、かなり脅威になっていることでしょう。gloが全然動かないのでJTに当てつけるしかないと言う意見もさもありなん。

まあ確かにIQOS一強では流石に面白くないっていうか、2017年の秋頃のIQOSの調子の乗り方なんて、クラスでぽっと出の教室の2.3人におもろい、おもろいと言われてた生徒のイキリ方に似たものがあります。しかしフィリップモリスとしてもあの頃の商法でかなり反感を買った反省もあるので、今や値下げは茶飯事になっています。

JTも今回のプルームテックプラスとPloom Sの販売体制は無印プルームテックの反省が大きく伺えます。

gloはこのまま沈黙なんですかねえ。巴戦の方が活気がありますよね。ティターンズVSエゥーゴVSアクシズも盛り上がりましたけど、フィリップモリスからそこはかとなく漂うティターンズ臭。

今は一騎打ちの様相を呈する加熱式タバコに一陣の風を巻き起こし、緑の中を走り抜けtく真っ赤なglo・mini。

いやあないっすわあ。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-プルームテック
-, , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.