プルームテック

プルームテックプラス、不満解消!ドローを軽く、更にきつく、カートリッジを簡単交換して長く美味しく楽しむ

おっさんです。

新型プルームテックも入手しやすくなって楽しんでおられる方も多いのではないでしょうか?

プルームテックプラスのメンソール系フレーバーの後にIQOSを吸うと軽く感じる事さえあります。カートリッジが完全リキッドになったのとメンソールの刺激なのは理解しておりますが、それでも無印プルームテックから満足度は大きく進化しています。

しかしそれでも毎日使っていると不満も出てくるものであります。今回はプルームテックプラスの不満を解消するいくつかのヒントを書いていきますので参考になれば幸いであります。

 

 

Sponsored Link

プルームテックプラスを正しく使い、本来の力を引き出す

プルームテックプラスは無印プルームテックから大きく進化したものの、作りはIQOSほど複雑ではありません。良く適当な感じに成りやすいのが、カートリッジカバーのセットではないでしょうか?

プルームテックプラスのカートリッジカバーは正位置があります。別に違っていても問題なさそうですがカートリッジカバーのエアホールがスイッチと並ぶのが正しいカバーの仕方です。

確かにプルームテックプラスのカートリッジカバーははめ込みに慣れが必要ですが、一度ハメてしまえばしょっちゅう外すものでもありません。何度かツラを合わせてこの位置に来るようにセットしましょう。

プルームテックプラスも無印プルームテックと同じく1パフに付き時間制限があります。無印プルームテックも50パフ言うより1パフ/2秒×50回というのが正しいです。

プルームテックプラスは約2.4秒とか2.5秒くらい。別にストップウォッチで計測必要はありません。喫煙時にリキッドが加熱される「シュゴー」という音が出なくなったらそれ以降はノーカンでリキッドの蒸気は入って来ません。

MAXまで吸って250パフでカートリッジはなくなります。

 

 

プルームテック+のリキッドは250パフで綺麗になくなる!カートリッジの再生は可能か挑戦

 

 

たばこカプセルを5個吸って余るのは基本的に1パフが短めということになります。余ったリキッドはシケカプセルに吸ってもいいしちょっとずつ足して一つのカートリッジにするのもありです。

 

プルームテックから続く伝統、立て続けにプルームテックプラスを吸ってはいけない

プルームテックプラスを連続して吸って本体が熱を帯びた時には自動で動きが止まります。それだけプルームテックプラスの本体温度が高くなると美味しさや、本来の味わいや満足度を損ねる事になります。

無印プルームテックも連続してぱふぱふ吸うのは禁忌とされていますが、これはIQOSやglo、Ploom Sも同じ事で加熱温度を一定に保つのが最低限のルールです。これがダンディズムって奴ですよ。面倒くさい?ダンディズムは面倒くさいもんですよ。ナンシー関もコラムにそう書いてましたし。

どれぐらい待てばいいかっていうとモンストのストライクショットが綺麗に決まるくらいじゃないでしょうか?おっさんなんかはゲージ20回くらい伸縮させて狙いますし。

 

 

スポンサードリンク

無印プルームテックで使えたあのたばこカプセル復活方法はプルームテックプラスでも有効

プルームテックプラスでもプルームテックでもたばこカプセルの作りは共通です。なので抱えている問題も同じです。新しいたばこカプセルに変えてしばらくすると急に軽くなった気がして満足度が下がります。

これはたばこカプセルの底面の形状がメッシュでできているのでその部分に燃焼したリキッドが付着して溜まり、塞ぐからです。なので軽くなったと思ったらたばこカプセルを取り出してティッシュで底面を拭きましょう。

 

 

【ほぼ無改造】IQOSからどうしてもプルームテックに移行出来ない方へ。少しでも重くする方法

 

 

 

 

ほんの一瞬エアダスターで吹いてもいいです。これはすごく大事なポイントです。更にせっかく取り出したのでそのままたばこカプセルを揉み揉みしましょう。プルームテックプラスはたばこカプセルにリキッドがかなり付着していることがあります。素手で揉み揉みして指にリキッドがつくとかなりQOLが下がるので底面を拭いた、ティッシュでたばこカプセルを揉むといいでしょう。

ヴェポライザーではお馴染みの葉たばこの撹拌です。熱気が通過する道に当たる葉たばこのポジションチェンジをすることで、熱気が当たりにくかった箇所にあった葉たばこが吸えるようになります。

面倒ですか?ダンディズムですからね。北方謙三ばりの。

 

 

プルームテックプラスの吸い込み(ドロー)が重い、焦げ臭い、カートリッジが交換しにくい問題

さてプルームテックプラスの使い方に関していくつか質問を頂いた事もあるのでここでソリューションしてみましょう。

プルームテックプラスのカートリッジが焦げ臭い

プルームテックプラスを吸っていると焦げ臭く感じる事があります。250パフでドライヒットというリキッドがコットンにない状態で加熱した事で起こる現象は、なくもありませんが確率的には低いです。

カートリッジを再生してコットンが焼け過ぎたり、コイルにリキッドの焦げカス、いわゆるガンクが溜まる事によって発生する焦げ臭さについてはここでは除外します。

ただリキッドは残っているのに焦げ臭くなることは起こりえます。それはリキッド残量が少ないカートリッジのプルームテックプラスを寝かせておくことが原因です。たばこカプセルが残り1個になったぐらいから常に意識してプルームテックプラスを立てておけば焦げ臭くなる事は大幅に防ぐ事ができます。

 

プルームテックプラスのカートリッジが交換しにくい

プルームテックプラスのカートリッジを交換する時、面倒を感じる方が多いようです。原因は毎回カートリッジカバーを外してカートリッジを交換している事が考えられます。

上記でも記載しておりますが、カートリッジカバーをうまくはめるには多少の慣れが必要です。しかしカートリッジの交換はカプセルホルダーからすると楽々交換できます。

たばこカプセルのレセプタになっているカプセルホルダーを外して上からカートリッジを入れます。

これだけでカートリッジが交換できます。だからと言ってカートリッジカバーをずっとつけっぱなしではなく、たばこカプセルを1箱吸うと外してバッテリーやカートリッジカバーに付着したリキッドを、拭き取るメンテナンスはしてほしいところです。

 

プルームテックプラスはドローが重く、吸い込みにくい?

プルームテックプラスはドロー(ドローが軽いと楽に吸える、重いと頬に力が必要になる)が重い事が多いと言われる事があります。個人的な感想で言えばドローが重い時と軽い時があって、その差を激しく感じることがあります。

原因はまだ解明中ですが、バッテリーとカートリッジにあるといえそうです。

まずこれがプルームテックプラスのバッテリーとカートリッジの接続部分です。

ピンクの○で囲ったところに穴があります。

次にこちらがカートリッジの接続部分です。

 

黒○で囲ったところに穴があります。意識して合わせてみましょう。

ピッタリとハマります。

これがもうキムタクと山口智子チックにがっぷり四つで組み込ます。これをカートリッジカバーを介して穴と穴を合わせるのは結構難しいのですが、カートリッジの底面に英数字が書かれてるところの先端に穴があるので、分かりやすく辿ってそこにマジックでマーカーして、プルームテックプラスバッテリーのシリアルが印字されてるところにマーカーを沿わすように入れるといいでしょう。

ピッタリ合うとたばこカプセル吸引時の「シュゴー」音が小さくなって軽く吸えるような気がします。飽くまで私感ですがこれが本来のプルームテックプラスなのかもしれません。

また傾斜を付けて吸うより、まっすぐに立てて吸うとキックは強まります。上記を実行してリキッドの減りが早くなる可能性もあります。

 

 

プルームテックプラスのいくつの不満は解消できましたか?

最近はプルームテックプラスとIQOSの使用率が半々と言う感じで、日によってプルームテックプラスが多めだったりIQOSが多めだったりします。

今回の記事を全部実践したところで、IQOSクリーニングの手間よりは楽々なので出来るだけプルームテックプラスをメインにしたいとは考えています。プルームテックプラスは手放しで喜べる完成度ではないいのですが、そういったデバイスは今後もでないでしょう。

デバイスが増えて今一度自分に取って何に優位性を持たせるか改めて考えるのもいいのではないでしょうか?ダンディズムですからね。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-プルームテック
-, , , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.