プルームテック

プルームテックプラス新フレーバー全国発売イベントに参加!ゴールドリーフ誕生秘話や未発表の酒粕やキュウリのフレーバーを体験

おっさんです。

昨日はプルームテックプラス、待望の新フレーバーの全国発売でした。

11/1はプレス用の発表会に招待されていたので、シフトを開けて参加しました。

場所はPloom Shop渋谷で、ゴールドリーフ開発秘話や、未発表フレーバーのお試しまでできます。

当日休みとは言え、朝から役所や書類の受け取りに、習志野の奥地まで行ったりと、やることをやってから、原宿に到着。

MOQLOGさんも招待されているのを知っていましたが、MOQLOGさんはPloom Shop渋谷店にて、仕事の書類を熱心に作成されていました。

急いでコンビニのネットプリントで印刷してFAXする必要があるので、荷物を預かりつつ、帰りを待ってました。

おそらく誰よりも早くPloom Shopに来ていて、受付はギリギリという感じで済ませてチェックイン。

以前にきた時のPloom Shopとは中身が違っていました。

今回はマスコミ用のイベントで大手マスコミが来る中、個人サイト運営者のお呼ばれしました。

場違いかなとも思ったのですが、そんな違和感もなかった気がします。

会場ではアイコスのトリセツさんと再会。またJTの職員さんのはからいでVape 2uのYAIRA(@YAIRA_Vape2u )さんをご紹介頂きました。

 

 

Sponsored Link

農家の苦労の作!ゴールドリーフ誕生まで!

Ploom Shop渋谷に集まった報道陣は50人くらいかな。

Ploom Shopなので特別オオバコを借りてのイベントではありませんが、受付を済ませてメディア向けのネームプレートを首からぶら下げます。

JTの方の進行でディスプレイを見つつ説明を受けます。

ゴールドリーフ制作に当たって重要なところが、家でタバコを吸うのに仕方なくプルームテックを使っているけど、もう少し吸いごたえがあればと言ったお父さん世代の声です。

これは分かるなあ。吸いごたえなんかあればあるほどいいです。

そんな層に向けてゴールドリーフの開発が始まります。

ゴールドリーフに求められたのは、葉、一枚一枚に味が濃縮されていること。

合致したのはたった1品目でした。

ゴールドリーフを作りに相応しい最適な畑と、技術が必要になります。

ゴールドリーフは30年前にプロジェクトが開始されて、10年の休眠期間を起き、今回新たにリスク低減製品としてプロジェクトが再開されました。

今までにないJTの進言にタバコ農家は大混乱なのですが、無事にゴールドリーフは誕生して、今回発売となりました。

完成したゴールドリーフがこちら。

ゴールドリーフは、バーレー種で、小さく、葉が少ないために味わいが濃くなる特性を持っています。

ここまでの苦労を重ねているから、おっさんも納得の美味しさと言えるのでしょうか?

 

11/1発売!プルームテックプラス、たばこカプセルの新フレーバーの味、きつさ、軽さ満足感を先行レビュー

おっさんです。 定期的に当ブログの手入れをしたりバージョンアップをしています。 最近の大きな変更で言えばAMP化させたことでしょうか?何人かにブログをAMPにしたよと報告したところ、なにそれ?と2丁拳 ...

続きを見る

 

 

JTプルームテックプラス たばこカプセルのゴールドライン、レギュラー ロースト、クリア ミントで発売されています。

元々たばこカプセル以前としてのプロジェクトとして開発されたので、たばこカプセル以外の製品化も十分考えられます。

 

 

スポンサードリンク

プルームテックプラス たばこカプセル未発表フレーバーを試喫!どれが一番美味しかったか?製品化はあるのか?

今回のもう一つの目玉が、未発表のプルームテックプラスのフレーバーがお試し出来る事。

11/2は15:30からPloom Shop渋谷店の2Fで誰でも参加出来ます。

吸ったフレーバーを投票するシステムで、今後の製品化の参考になるとの事で是非参加してください。

未発表フレーバーは、計19種かな。フレーバー系と葉たばこ系に分かれています。

思った以上に多く、その他ここにない開発中のフレーバーはこんなもんではない、数え切れないほどあるとの事でした。

酒粕

チーズケーキ

パンプキン

WOODY SWEET

Apricot Cucumber

カボス

炭酸飲料

 

ジンジャー

りんご デザート

メロン ウォーターメロン

葉たばこカプセル

バーレー種

くんせいたばこ

ハーバルメンソール

エルダーフラワー

水府

国分

指宿

GW

黄色種

漏れがあれば適時追記します。

全部吸ったのですが、今でも印象に残っているのが、酒は入っていなのに酒の味がする、酒粕。

クリアで甘く、キュウリの味がするアプリコット キューカンバー

甘さ引き立つパンプキン

そしてまるっぽコーラでスタッフさんもイチオシの炭酸飲料は美味しかったです。

初動であまりのキックと、きつさにびっくりしたバーレー種、タバコの味わいが深い、黄色種と言った辺りです。

投票は5つの投票ボールを気に入ったフレーバーに投票します。

フレーバー系のたばこカプセルはゴールドリーフではないとのことですが、味わいはすべてはっきりしていました。

 

 

プルームテックプラス ゴールドリーフ誕生で生まれた今後の課題

プルームテックからプルームテックプラスに進化して、喫煙感は大幅に上がりました。

今回のゴールドリーフは、軽いプルームテックシリーズを払拭するたばこカプセルです。

いくら喫煙感が上がったとは言え、プルームテックでしょ?と言うスタイルで吸うとかなり驚く事になります。

プルームテックプラスを買うともう1本、たばこカプセルを買うともう一箱!Ploom Shopではデバイスクリッププレゼント!プラスの攻勢が熱い!

おっさんです。 22日のエンペラーウェザー以降、半ば台風みたいな日に長時間仕事で、全然体力が回復しません。 極めつけは昨日の雨で本当に寒かったです。 最近は仕事で渋谷に良く行くのですが、原宿も含めて適 ...

続きを見る

 

 

たばこカプセルのフレーバーも進化して、味がしっかり分かるようになっています。

喫煙者はわがままです。次に欲しいのはフレーバーの濃さです。

カプセル式でも問題はありませんが、フレーバーをカプセルに頼るのは限界だと思います。

新しい香料の開発か、フレーバー専用リキッドにしてカプセルの補強に努めるかの二択になりつつあります。

ただこれ以上の香りを求めるなら、vapeの方が話は早いのですが、vapeに移行出来ない、またはしない層がかなりいるので、香りの増強は急務になってきます。

おっさんが投票した時点で、あまりボールは入っていませんでしたが、セブンスター並の喫煙感がある、バーレー種や、タバコ本来の味わいがある黄色腫等も魅力的なたばこカプセルになります。

多分、この辺は喫煙歴や紙巻きタバコ歴も関係してくるんでしょうね。

報道陣が引いて、ゆっくりお試ししていると、JTの職員さんからVape 2uのYAIRAさんを紹介されました。

もちろん存じておりますし、ブログもTwitterも拝見しています。

ただ突然紹介されるとえっ!あの!?となってしまいます。

YAIRAさんは画像等で見るより、お綺麗な方で京都の方なので、ベシャリも達者というフルコンボでした。

JTの方の勧めでイベント終了後、MOQLOGさんとYAIRAさんとPloom Shop渋谷でコーヒーを飲んで、雑談して、MOQLOGさんと品川の新幹線口までお見送りさせて頂きました。

日帰りの弾丸で、片道4時間コースだとの事で、今頃は無事帰宅されていることでしょうけど、またお会いしてお話したいです。

帰りに品川のHUBみたいなバーでMOQLOGさんと一杯だけ飲んで帰りました。

また本日もPloom Shop 渋谷店で行われる、未発表フレーバーの試喫は、今後の新フレーバー発売に繋がるイベントですので、多数の参加が望まれます。

Ploom Shop渋谷店ですが、原宿からの方が近く、神宮前の交差点を渋谷方面に歩いてバーミヤンの横がPloom Shop渋谷店です。

未発表フレーバーはかなり、攻めていますがたばこカプセルとして違和感のあるものはありませんでした。

酒粕とコーラ、アプリコット、バーレー種、黄色種はかなり美味しいです。

おっさんはこれから出勤です。皆様良い週末を。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-プルームテック
-, , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.