プルームテック

プルームテック+とPloom Sは1/29発売開始、予約は1/25から。プルームテック+は4980円、Ploom Sは7980円

投稿日:

おっさんです。

JTのプルームテック公式サイトのメンテナンスが先程、定刻通り11:00に終わり、新型プルームテックのプルームテック+とPloom Sの詳細が発表されました。

当初の予定から大きく変更されたのが発売日で3月としていたものがJTにしては珍しく前倒しの1/29に発売されることになりました。

今回公式サイトの情報を分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

プルームテック正統後継機プルームテック+は価格4980円で新フレーバーも同時発売

前回の記事でもお伝えしました、1/17のJTプルームテック公式サイトのリニューアルに伴い新型加熱式タバコのプルームテック+とPloom Shopの発表があるのではないかと書きました。とうとうその姿を現すことになりました。

近日発売に関する情報がありそうなプルームテック+とPloom S、そしてIQOSはなにで対抗するのか?

おっさんです。 1月も後半に入りました。日本では正月以降の1月と2月は販売不毛の時期なのは有名で、1年で最も予算が削られるシーズンではありますが、こと集客に置いてはここで大々的に広報して、3月の業績を ...

続きを見る

まずは現行プルームテックをそのまま強化したデバイスプルームテック+です。

価格は4980円。

JTの海外展開の電子タバコlogic proベースではありますが若干操作方法が変わっているようです。

バッテリーにカートリッジを繋ぐのは従来のプルームテックと同じです。

電源ボタンを素早く3連打でスイッチが入ります。logic proならスイッチを押しながら喫煙するのですが、プルームテック+はプルームテックと同じくオート吸引になっているみたいです。

注意のするのはプルームテックと違って液漏れする可能性があること。

綺麗拭いてメンテナンスしましょう。プルームテック+向けなの新フレーバーも発表されています。

メビウス・マイルド・ブレンド フォー・プルーム・テック・プラス

メビウス・ロースト・ブレンド フォー・プルーム・テック・プラス

メビウス・コールド・ミント フォー・プルーム・テック・プラス

メビウス・クリア・ミント フォー・プルーム・テック・プラス

各5個入り 500円。レギュラー2種にメンソール2種というラインナップです。

予想されていた事ですがプルームテック+には専用のたばこカプセルが出ることになりました。今までのプルームテックで喫煙出来るのかは発売されるまで定かではありません。新デバイスには専用ソフトを出さないとやはり今後の展開が難しいのでこれは必要な事だと思います。

またプルームテックではリキッドを全面に出したカートリッジでよりvapeに近づいています。使用は今までと同じ50パフでたばこカプセルを交換します。

プルームテック+専用たばこカプセルの発売でおっさん的には断然興味のある加熱式タバコになりました。

 

 

スポンサードリンク

JT初の高温加熱式タバコ、Ploom Sは7980円

今回の新製品のメインとも言えるのがJTとして初の高温加熱式タバコでIQOSと真っ向勝負をするPloom Sです。プルームテック+違ってPloom Sは予測の難しい製品でした。

JTの高温加熱式タバコ【プルームエス】外側熱伝導のglo方式になる様子、専用タバコはレギュラーサイズか?

おっさんです。 最近はちょっと落ち着いてきた加熱式タバコのニュースラッシュですが基本的にどこかがビッグニュースを出せばカウンターで発表があります。 加熱式タバコの市場は日本ほど盛り上がる国もないので当 ...

続きを見る

gloライクなフォルムで全方位加熱までは分かっていたのですがやっと詳細が判明と言ったところです。

Ploom Sの価格は7980円。予約割引や当面割引価格になる可能性はありますがIQOS3マルチよりも安い価格設定になっています。

カラーバリエーションも最初から揃えて発売されます。

サムネで見るとキッチンのおしゃれダストボックスみたいなイメージですが。

気になる喫煙方法は喫煙時間3分30秒または14パフ。

アクションボタンというスイッチですべてをコントロールします。また高温になりすぎると喫煙がストップする機能が実装されています。

専用タバコはたばこスティックという名称で3種発売されます。

メビウス・レギュラーテイスト・フォー・プルーム・エス

メビウス・メンソール フォー・プルーム・エス

メビウス・メンソール・クールエフェクト・フォー・プルーム・エス

価格は480円とちょっと安め。何本入かは不明ですがおそらく20本でレギュラー、メンソール、強メンソールのラインナップ。

喫煙時間に関してはちょっと残念です。gloを超える責めて4分から5分は欲しかった。たばこスティックの大きさは箱から察するにIQOSヒートスティックと同じかそれより長いレギュラーサイズの太さと思います。

しかしたばこスティックの価格がIQOSヒートスティックより20円やすいのは気になります。3分30秒でIQOS並に満足出来るならPloom Sに移行も十分あり得るポテンシャルです。

 

 

プルームテック+、Ploom S共に1/25予約開始、1/29発売

今回一番意外だったのが発売日が3月予定から1/29になった事で、現行プルームテックの発売に纏わる損失で猛省した結果かも分かりませんがかなり早い発売になりました。

購入方法はオンラインで予約してプルームテックオンラインショップで買うか店頭予約するか選択出来ます。ここでも大量の在庫で品切れでパニックが起きないようにして欲しいですね。

プルームテックでは買えるのが遅くなった方がかなり出ましたから。

まだ両デバイス共に手にとって使った訳ではありませんからああだこうだ言うのは蛇足ですが、寺畠社長の発言から1年、期待しながら待ったのですから一日も早くプルームテック+とPloom S共に喫煙してみたいですね。

今後もっと詳しい情報がJTやメディア関係から出てくる事が予想されるので気になる情報は当ブログでもピックアップしていきます。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-プルームテック
-, , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.