プルームテック

近日発売に関する情報がありそうなプルームテック+とPloom S、そしてIQOSはなにで対抗するのか?

投稿日:

おっさんです。

1月も後半に入りました。日本では正月以降の1月と2月は販売不毛の時期なのは有名で、1年で最も予算が削られるシーズンではありますが、こと集客に置いてはここで大々的に広報して、3月の業績を上げるのが将棋で言う棒銀並みの定石ではあります。

3月と言えば我らが日本国唯一のタバコメーカーであるJTの新型加熱式タバコ、プルームテック+とPloom Sが発売される月です。長く加熱式タバコに纏わるブログを書いていると関係者や関係筋の方とパイプが出来てくる物です。

最近ではJTが近日中になにか大きな発表があることとそれに対するフィリップモリスの動きがあるそうです。

 

 

Sponsored Link

1/17のプルームテック公式サイトリニューアルがプルームテック+とPloom Sに関する鍵となるか?

2017年の年始より俺たちは新型の加熱式タバコを発売するんだと言い続けていたJTの新型はプルームテックの強化版であるプルームテック+と高温加熱式タバコのPloom Sです。

当初は2019年の年始となっていた発売日が2019/3と公表されました。

JTの新型加熱式タバコ【プルームテックプラス】と高温加熱式タバコ【プルームエス】は2019/3発売へ!

おっさんです。 IQOSの先行販売に有利なのは平日暇な人の法則は今回も覿面すぎるくらい強かったのですが、いよいよ先行予約が始まり勢いに乗るフィリップモリスのIQOS3とIQOS3マルチですが、ここに来 ...

続きを見る

プルームテック+は現行プルームテックを大幅に強化して吸いごたえを大幅にアップさせた製品でプルームと名はつくもののプルームテックとは全く別のPloom Sの2機種が発売されますが、現在外観と発売時期以外は一切不詳で加熱式タバコファン、JTファンの期待と不安を一身に背負っています。

ptp.jpg

プルームテックが限定されたユーザーに好まれて限定された喫煙タイミングで威力を発揮するデバイスなのは言うまでもありませんが、JTには日本のタバコメーカーとしてIQOSを超える加熱式タバコを発売し、JTの加熱式タバコをメインに吸いたいという声は多いです。

さてそんな不明尽くしのJTのプルームテック+とPloom Sですが1/17のプルームテック公式サイトのリニューアルではっきりとした事が分かるのではないかという話を他方で聞き及ぶことになりました。

どちらにせよそろそろ詳しい内容を知りたいし集客的にもタイミング的にも頃合いと言えるでしょう。

中でも気になるのは発売日と価格、プルームテック+はプルームテック+に最適化されたたばこカプセルの発売があるのか、Ploom Sの専用タバコはどのような形状になるのか辺りですね。

Ploom Sの専用タバコの太さはIQOSヒートスティックと同様のレギュラーサイズだと聞いていますが、長さなどうなっているのか興味は付きません。

 

 

スポンサードリンク

プルームテック+とPloom Sに対抗するフィリップモリスにの施策はあるのか

毎度他社が新製品を発売すると被せる様にキャンペーンを売ってくるのがフィリップモリスです。加熱式タバコナンバーワンシェアの意地にかけて他社を潰すような展開でキャンペーンを売ってきます。

JTもBATもフィリップモリスの動きを見てから製品展開をさせることが多く、フィリップモリスが新デバイスを発売しないといつまで経っても他社も発売しないのではないでしょうか?

gloの新デバイスの話は全く途絶えてしまっていて今後も新フレーバーはたくさん出そうなモニターを募っていますが、最近では加熱式タバコへの移行から一番遠かったメーカーの様に思えます。

フィリップモリスも一番の難敵はJTでしょうしJTにしてもIQOS超えは社内全体の命題ではないでしょうか?

フィリップモリスは1/25にコンビニも含むIQOS3とIQOS3マルチの全国発売、2/25には低価格ヒートスティック、HEETSの発売を予定しています。

2019/1/28、IQOS3とIQOS3マルチが全国発売、2/25、IQOSヒートスティック【HEETS】が全国発売開始!

おっさんです。 千葉という都心アクセスが非常に容易い地域から都内へ仕事に出ているとIQOSストアに寄れたり、喫煙所でたくさんの方がIQOS3やIQOS3マルチを使ってる場面を見るために全国発売前でも全 ...

続きを見る

この時点で3月のプルームテック+とPloom Sの発売を威嚇しているような動きですが、現状IQOSオンラインショップに於けるIQOS3の在庫がカツカツなのが見て取れるのですが、3月にどういったプルームテック+とPloom S発売への対抗策を展開してくるのでしょうか?

IMG_1556.JPG

今のところ考えられるのはIQOS2.4Plusの在庫処分も兼ねた値下げ販売、いわゆる投げ売りで対抗するかもしれません。gloの投げ売り施策であるリサイクルキャンペーンは実質980円でgloスターターキットが買えるので大成功していると言えるでしょう。あれに近い感じでIQOS2.4Plusを販売してくる可能性があります。

特に高額のIQOS3やIQOS3マルチを買わなくてもIQOS2.4Plusでヒートスティックが吸えれば問題ないというオーナーが多数いるのは事実でIQOSオーナー最大のサイレントマジョリティーがこの層です。

またIQOSオンラインショップやIQOSストアではIQOS3マルチの在庫が潤沢なのでIQOS3マルチの一時的な値下げも考えられます。フィリップモリスは加熱式タバコシェアナンバーワン維持のためにはなりふり構わないのが一番怖いところです。

 

 

プルームテック+とPloom Shopの発売で加熱式タバコは更に加速する

1/17になにがあるかはっきり分かりません。IQOS一強の高温加熱式タバコにJTが殴り込むというのはフィリップモリスとしてもうかうかはしていられない事態になっていきます。

gloも2019年中に新デバイスを発売すればもっと盛り上がることでしょうし出してくる可能性は大いにあります。就任1年を超えた寺畠社長にとって最初の正念場とも言えます。

プルームテック+はlogic proというJTが海外で販売しているvapeがベースなので使用感の類推は容易いのですがPloom Shopはオーナーにとっては興味の対象であり、他社にとっては脅威の対象になります。

ptp-logic.png

後はプルームテックが大敗するきっかけとなった在庫がないという局面だけが心配です。ほぼ1年以上販売されてないに等しい状況を作った上に互換機が跋扈する、悪夢はもう繰り返さないと信じています。

まあでもJTはツメの甘いところがありますからね。今度こそ満足行くデバイスだとおっさんとしても嬉しい限りです。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事

同時に読まれているおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-プルームテック
-, , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.