プルームテック

JT、プルームテックのたばこカプセル2銘柄を廃盤へ!パイナップル。ピーチとレモンティー

 

おっさんです。

今年も押し迫って参りました!

年内のシフト表を見る限り、間違いなく三が日はご出勤の気配が免れないのですが、まあ特に近年は連休と言う連休は仕事でしたし、そこに正月が加わるに過ぎません。

今まではバイトみたいな感じだったので、一般的な連休が終わってから個人的に休みを取ることは出来ましたが、今の会社はそうはいきません。

なんか次第に休みが減っている様な気がします。

今朝も5時起きにて若干眠気が襲っておりますが、枕もそこそこに本題に入っていきたい。そんな心構えでございます。

新フレーバーも発売されて、勢いに乗るJT、プルームテックとプルームテックプラス、Ploom Sですが、無印プルームテックのたばこカプセル2銘柄が廃盤になります。

 

続々と発売!Ploomデバイスの新フレーバー!

年始に発売が始まって、評判も上々のJTの加熱式タバコPloomシリーズのプルームテックプラスとPloom Sですが、ユーザーの声で一番大きかったのが、新フレーバーはいつなの?って事でした。

特にプルームテックプラスに関しては、初代プルームテックの吸いごたえが軽かった事から、様子見しているユーザーがたくさんいます。

そんな中でもっとフレーバーが増えたら、訴求力がアップするかも。と言う声にお答えして、喫味を高めたゴールドラインと、アップル、パープルが追加、更にPloom Sにはキャメルブランドも発売になります。

 

プルームエスに新フレーバー【キャメル】登場!価格460円とお買い得!プルームエス人気上昇なるか?

おっさんです。 今年最後の連休を使い果たしてしまいました。 しかしなんというか、転職して以降、休日が初の晴れと言う、11月は休日がほとんど雨で何も出来ませんでした。 お陰様で今日、転職に纏わる保険証の ...

続きを見る

 

特にゴールドラインはおっさん的にも推しなフレーバーで、プルームテックプラスの起爆剤になっていると思います。

やっと期待の新フレーバーが出たことと年末の期間限定の値引きで、売上も上がっていることでしょう。

 

 

12/2から全国一斉にプルームテックプラスが期間限定2980円!の値下げセール!同時にアクセサリもセール!

おっさんです。 なにかと忙しくしておる傍ら、中々に肉体労働で今はまだ仕事終わりはヘバッております。 まだ一日の体力の割り振りが、うまく行ってないのが要因ですが。 しかしその間、加熱式タバコ業界も大きな ...

続きを見る

 

 

また無印プルームテックも、季節限定フレーバーが人気です。

今年は、IQOSの最大ニュースがHEETSの発売だったので、専用タバコが各社かなり種類が増えました。

しかしそんな華やかなフレーバーニュースが咲き乱れる中、ひっそりと廃盤になるたばこカプセルがあります。

 

JT、プルームテック、ピアニッシモ銘柄、パイナップル・ピーチとレモンティーが廃盤へ

紙巻きタバコは日々銘柄が廃盤になったり、新商品が発売されています。

加熱式タバコオーナーは紙巻きタバコ利用者に比べて、まだ人口が少ないので、新銘柄もたくさんは発売されません。

結構各社、慎重に新フレーバーを発売しているのは、開発費用より工場での生産や流通、販売コストの維持を考慮した上で、ペイできる商品でないといけません。

メビウスブランドで展開されていたプルームテックのたばこカプセルに、ピアニッシモが加わったのは記憶に新しいところではあります。

ピアニッシモ・フォー・プルームテックのレモンティーは昨年12月の発売。

 

味は美味しい!プルームテックたばこカプセル新フレーバー【ストロベリーとマンゴーMIX】【レモンティー】レビュー!

おっさんです。 千葉で割と大手なタバコ屋さんでプルームテックたばこカプセルの新フレーバーの発売が12/5になっていまいした。IQOS、プルームテック、gloを取り扱うタバコ屋なのですが、どっちかって言 ...

続きを見る

 

ピアニッシモ・フォー・プルームテック、パイナップル・ピーチは今年2月の発売でした。

 

プルームテック、ピアニッシモ新フレーバー【パイナップル・ピーチ】【アリア・メンソール】レビュー

おっさんです。 Ζガンダムの登場で一気に影が薄くなったガンダムマークⅡ的な印象があるのが、無印プルームテックです。プルームテックプラスの登場で、旧機種とはなったもののJTは継続販売と新フレーバーの提供 ...

続きを見る

 

この2フレーバーは現在庫限りで廃盤です。

 

 

 

生誕1年を持ちまして消滅となってしまいました。

JTは、「販売数量の減少にともなって、お客さまへ高品質な商品を確実にお届けするための品質維持、管理が非常に困難となり、廃止することにした」と説明している。

ということです。

どんだけ売れへんかってん。

 

 

販売が終了する加熱式タバコの銘柄について

専用タバコの扱いに関してはgloが最も動きが激しいのは周知の事実でしょう。

売上が悪いとすぐに終売、新フレーバーもじゃんじゃじゃん発売して、売れるものだけを残していく。

gloはフレーバーを楽しむ、と言うスタンスを明確に表していて、一つの銘柄にこだわらずに気分で吸って欲しいと言う印象があります。

その件で言うとプルームテックなんて、まさにコンセプトがそれで、リキッドもレギュラーかメンソール。フレーバーはカプセルの仕事です。

逆にIQOSは紙巻きタバコと同じ様な形で、フレーバーを展開しているので、少ないヒートスティックの種類でも、紙巻きタバコさながらに拘って吸うオーナーが多い印象です。

しかしgloならまだしもJTのプルームテックから廃盤が出るのは悲しくも厳しい現実と言えるでしょう。

 

タバコ会社も利益を出さないと駄目なので維持費が上回ってしまうと、カットせざるを得ません。

今後、廃盤になるフレーバーは増えてくるでしょう。

JTもイベントで見ると新フレーバー開発に余念がありません。

ただ廃盤と言わずに初代Ploomみたいなセットパックがと言う形で、フレーバーを出して欲しい気持ちがあります。

バラエティーパックみたいな奴ね。

ただまあオーナー数と、フレーバー数が常に右肩上がりならまだしも、タバコは違いますからね。

パイナップル・ピーチやレモンティーが記憶に残っているかと言われれば薄いものです。

アリアメンソールとかあのへんも同じ様な感じですが。

パイナップル・ピーチとレモンティーを愛用している方はお早めに買い占めしてくださいね。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-プルームテック
-, , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2020 All Rights Reserved.