IQOS/禁煙/節煙 プルームテック 加熱式タバコ/禁煙/節煙

純正と遜色なし!最新プルームテック互換バッテリー

おっさんです。今日の千葉は雪予報です。昨日は暑いくらいの中ディズニーランドに行ってきました。空いていたので1日でほぼ主要なアトラクションを体験できました。

 

 

 

仙台限定販売で話題の中心だったgloを追いやる様に限定品販売で主役を奪回したIQOSと言う様相の加熱式タバコですが日本企業JTのプルームテックに関しては今ひとつ沈静化しているようにも見えます。

 

 

近々大きな報せがあるのかもしれませんがプルームテックオーナーはIQOSやgloと違い独自使用の道を歩んでいるためにそちら方面では話題には事欠かない様です。

 

 

今回はそんなプルームテック互換バッテリーの驚く最新事情です。

 

 

 

この記事の目次

 

プルームテックが全国発売に踏み切れないのはたばこカプセルの供給が追いつかないから?

 

 

広告

 

そもそもはプルームテックのたばこカプセルって50回吸ったら交換だけどまだ吸えんじゃね?と言う飽くなき探究心からフロンティアが続々と朝鮮した加熱式タバコのインディージョーンズみたいなとこです。

 

 

最初は吸い終わったシケたばこカプセルの再利用に電子パイポを使うことから始まりました。

 

 

 

 

これはプルームテック純正のバッテリーやカートリッジでのパワー不足を補う方法で強く加熱して最後まで使おうと言う考えです。

 

余ったプルームテック(Ploom TECH)のたばこカプセルを再利用しよう

 

 

 

それがもっと簡単に強いパワーでなってvapeを使って吸う事も出来ることも分かりました。

 

 

プルームテック改造まとめ

 

 

 

まあこれはたばこカプセルの再利用にフォーカスを当てたものやカートリッジの再生を考えたものです。プルームテックのカートリッジには電子タバコのvapeと同じくリキッドが入っていて加熱式タバコされたリキッドが加熱で気化してたばこカプセルのニコチンを撫でて出て来る作りだからです。

 

 

 

プルームテックのploomOnlineshoppingではたばこカプセルはいつでも買えるんですがバッテリーが常に売り切れなんですよ。そこで以前はなんとかカートリッジと互換出来るバッテリーはないかと探し、トップランドのバッテリーで代用したりと言う展開になりました。

 

 

 

基本的にトップランドは充電出来ませんが同じくトップランドの電子タバコtomorrowの充電器を改造して充電する荒業も紹介しました。

 

プルームテックのサポートが神対応で新型を送ってきた

 

 

 

しかしプルームテックは第一世代電子タバコと言うこともあって近い形状のバッテリーは沢山ありますが、オズメスが逆だったり既に生産を終えている物が多いのです。

 

 

しかし最近ではそれを逆手に取ってか堂々とプルームテック互換バッテリーと名乗って販売する商品が増えました。

 

 

プルームテックのカートリッジが使えるバッテリー

 

 

 

上記記事で紹介した互換バッテリーはどれも問題なくプルームテックで使用できますが、出力が高かったり、低かっったり、色が微妙に違ったりします。あれからしばらくして更に凄い互換バッテリーがあったので紹介します。

 

 

 

 

純正とほぼ同じ!初撃のデザインプルームテック互換バッテリー

 

 

プルームテックのカートリッジは黒く長細いのであまり逸脱したバッテリーだと外出で使いにくくなります。

 

 

 

そこで純正バッテリーとほぼ同じデザインの互換バッテリーが発売されました。

 

 

 

 

 

LEDの光り方が若干緑寄り以外は本物としか言えない作りです。これ意匠登録的に大丈夫なのか心配になりますがそれはまあプルームテック自体があれなんで。

 

 

ただ以前の記事や今回の互換バッテリーでも実装されなかったのが50パフでたばこカプセの交換をお知らせする機能です。

 

 

 

ついにプルームテック互換バッテリーに50パフお知らせ機能が

 

 

広告

プルームテックは公式で何度も通達していますがたばこカプセルの交換は50回吸ったら交換です。それ以上吸うとカートリッジの成分がたばこカプセル5カプセル分保たないのでこの設定で50パフになると先端のLEDが点滅して吸っても吸えなくなります。

 

 

現状の互換バッテリーにはこの機能がないので交換時期は自己でカウントするか味がなくなったら交換しかありません。しかしこのvarmと言うプルームテック互換バッテリーはついに50パフお知らせ機能が実装されました。

 

 

 

 

純正のと同じお知らせではありませんが赤く光ったら交換です。

 

 

 

 

この50パフお知らせ機能はJTの特許で互換バッテリーには実装されないと思っていただけに驚きでした。

 

 

実はこれ以外にもカートリッジまで海外から個人輸入出来るので互換カートリッジの飯場も近そうです。プルームテックは枯れた技術なので応用が簡単なんですよね。

 

時間かけても独自開発すれば良かったのですがたばこカプセルの製造ラインが大幅に増えれば利益は出るビジネスモデルなのかもしれません。

 

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

 

 

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-IQOS/禁煙/節煙, プルームテック, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.